お家

2014年1月10日 (金)

自家製柚子茶、役立っています(*^_^*)

P1100001_2
昨晩は凄まじい六甲颪が吹く中をお出かけ。

カラフルで美味しいお野菜お料理を頂きながら、楽しくお話しながらの女子会に行ってきました。

残念ながらカメラを持って行かず… スマホに変えたばかりで上手く取れずにもたもたしたので写真あっさりあきらめましたが、
本当に美味しい、盛りつけの美しいお野菜料理を頂きました。

行きの新快速の中で咳をしている人が多かったせいか、カラカラに乾いた足がよろめきそうな六甲颪に行きも帰りも吹かれて
帰った為なのか、朝起きたら喉がイガイガ、頭痛も少し…

首を冷やさない様に今日はシルクのスカーフを首に巻いて、暖かい生姜葛湯に暮れに作った柚子茶トッピングでお腹から身体ぽかぽか。

少し楽になって、頭がすっきりしてきました。

風邪気味には早い目のケアーが肝心ですね。

自家製柚子茶はなます、お魚の幽庵焼き、あえ物、南蛮漬け、お漬物などお料理にも大活躍。

昨晩の美味しいお店は かわずと云うお店で、冬の宴会プランを頂きました。 お勧めですよwink




2014年1月 8日 (水)

お正月支度

明けましておめでとうございます。 

今年の初日の出は薄雲が掛かって見えませんでしたが、夕日が沈むのがとても綺麗でした。

14

今年もお正月支度はお掃除から始まり、お買い物、お料理と張りきりました(o^-^o) いえいえいえやっぱり頑張りました(^-^;)

 

                     玄関のお花は今年は苔玉。

15 

             あでやかさはないけど良い感じ。 大事に育てあげないとね。

17

お手洗いのコーナーには、庭の南天の実とずっとこのコーナーに居ているカエルちゃん

16

テレビボードの上は、沢山並んでいたミッキーのぬいぐるみに退いてもらって、母の手作りの和布細工の鏡餅

嫁いでくる前からずっと有った少し傷みのあったお重箱を使っていたのですが、思い切って本漆塗りのお重箱を新調しました。

10_2
ワセリンで手荒れを予防している私の手で触ると指紋がすぐついてしまいますsweat01

毎年変わり映えしないお節料理ですが、かまぼこ、伊達巻、かずのこ以外は全て手作り。
13

危うく黒豆を圧力鍋で柔らかくする時に、皮が全てはじけてしまいそうになりましたが、被害はほんの少しcoldsweats01 
黒豆の圧力鍋料理は決してその場から離れてはなりません!
ギリギリのところで火から降ろせたので、お陰さまで柔らかい黒豆に炊きあがりました。

12

今年は新作メニューがあります。
朝のドラの「ごちそうさん」で、おせち料理で出てきた、「鯛の子の寒天寄せ」11

美味しくって忘れられない味だったので、前から作ってみたい、出来るかなと思っていたのです。
金剛山の帰りに寄ったお店に、生のたら子が安く売っていたので作ってみました。
ネットでレシピを調べてみつからなかったので、自分で味を思い出しながら調理。

鯛の子をあまり好んで食べなかった子供達も、大人の口になったのか美味しいと食べてくれていました。

おせち料理を買って楽をしてみたいとも思いますが、それを一度するともう私は作らなくなるかもしれません。
末っ子もやっと大人の味がわかるようになってきたので、まだしばらくは作ろうと思っています。 

元旦は、家でお節料理でお正月を祝い、夜は母の家でお墓参りを済ませ、夕食はすき焼き。

翌日二日は、去年から実家の母の親族15名が私の家へ集まります。

朝早くから、晩までずっと台所で立ちっ放し…(これを母は何十年もしてきたのですwobbly
妹が洗い物をしてくれて、子供達もササっと気を利かして手伝ってくれて大助かり。 

暮れからずっと食べ物の事を考え、作って過ごしたお正月なのでした。 

二日のメニュー … 我が家のお節料理 ダッチオーブンの焼き豚 春菊と柿の柚子風味胡麻和え 蟹サラダ 手作り海老カツ
             貝柱・サーモンのカルパッチョ  鳥手羽甘辛揚げ 生春巻き 鰤の照り焼き 金柑のシロップ煮 水炊き
             *祇園泉門天餃子 *海藻と水菜のサラダ *甘エビの中華風揚げ *お赤飯 *五目おこわ 
             *黒豆パウンドケーキ *アップルチーズパイ コーヒー お茶 お酒 ビール
             

             
 

              冷たいメニューが多いので、何か温かい良いメニューがあったら教えて下さい…

2010年1月14日 (木)

一月の連休

元旦にぶり返した足の痛みも、冷やさないように靴下を寝る時も履いたままですごし、少しましになり、ぼちぼちですが走れるようになりました。

左足のくるぶしから小指の付け根の筋を痛めているので、踵から親指に体重を移動するよう意識して走ると、一昨日の雨の中、12キロ走って帰れました。

その2日前には、5キロほど走った後、裏山の保久神社に表参道から登れて、裏山道を降りることが出来きました。

Photo_4

先月は参道の急坂に入ったとたんに、痛くってギブアップでしたから、あの坂をゆっくりでも走れて上がれたのでとっても嬉しい。

さて、我が家は正月休みにスキーに行けなかったなら、一月の三連休はスキーのはず…

ですが、今年はスキーに行くことが出来ませんでした。

それは、最終日に次女の成人式が有るから。

そして今年は、連休が十日えびすとバッチリ重なっています。

我が家は、十日えびすは西宮恵比寿神社に毎年おまいりに行きます。

参拝者にもまれてもまれて、砂ぼこりだらけになってお参りするのですが、これに行かなければ正月が来た様な気がしませんですから…

平日ならば主人が会社から戻るのを待って夜にお参り。

今年は連休の中、本えびすの10日の昼過ぎに、久々にお日様の出ている間の参拝となりました。

予想はしていたけど、人、人、人

途中から入場制限の為、大渋滞。

行列しだしてから、本殿まで1時間半ほど掛かりましたsweat01

Photo

赤門通過してから、本殿まで30分。

境内の中がこれだけ動かないのも久しぶり。 ムギュ~!

ゆっくり進むので、いつもと違うものを見つけました。

Photo_2

逆さになっている松かざり。

これは、昔十日えびすの宵宮の九日に、各家の門松を逆さにして神様をお迎えする風習を、江戸時代の巻き獲物から忠実に60年ぶりに再現しているそうです。

松を逆さにするのは、昔は沢山の松で通りが狭く成るほどで、神馬に乗って市内を宵宮に巡るえびす様の目に当たってはいけないと、逆さに門松を差し替えた氏子達の神様を迎える優しい気持ちの表れですね。

さて、本殿ではできるだけ神様に声が届くようにと前まで何とか進み、お参り。

次は、福笹を、皆で一番福々しいと思う、巫女さんから頂きます。

Photo_3

今年の福笹は、お飾りが変わっていて、見慣れないのでちょっと変な感じがします。

境内から出るのも、随分と時間が掛かり、出てからも誘導され商店街の方まで行くようになっていましたので、露天をほどんど今回は見ていません。

どこも、人気のある露天は行列。

昔ながらのお菓子を売っている露天は僅かですが、何故だかそういうものが好きで、子供達は飴玉や金平糖、私は生姜糖。

生姜糖は、境内で二件ほど見ました、買い物するどころではない人でしたし、二年ほど前に買って、結構高いのに屑ばっかりの事があったので食べたいけど、買わなくなってしまいました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

翌日の11日は、成人の日

我が家の次女が今年は成人式を迎えました。

長女の時は着付け支度の時間をゆっくりに取ったばかりに、後がバタバタで式に出かけることになったので、今年は着付けは一番に、写真も一番にして、なんとか余裕をもって出かけることが出来ました。

振袖は、私が着ていた着物。

母と祖母が選んで、祖母が仕立ててくれた振袖です。

長女の時に、洗い張りに出し、仕立て直してもらい、帯や小物は今風の物を用意。

前日までめんどくさがっていた次女ですが、着付けが終わると着物を楽しんでいるようで、いつもは行儀があまり良くなくゴロゴロ直ぐする子ですが、それなりにお行儀良くしていました。

Kimono

私があれこれ世話をするのを、こんな事初めてと言って、喜んでいましたので、次にしてもらえるのは、結婚式だね~と言っておきましたが、まだまだ、この分だとずっと先ですね…

振袖を着る機会は、私の若い頃は会社の初出に着ていったので一年に一度は袖を通しましたが、これから先はもう無いかもしれませんね…

成人式で、次女が撮ってきた写真。

みんな洋服と同じようなポースで、イェ-イと写っていました。

朝から、あっと言う間に成人の日が終わり、この連休も、正月気分が抜けなく夜にはお酒の飲みっぱなしの三日間。

さて、冬の行事のスキーはいつ行きましょうか…?

 

2009年11月25日 (水)

きのこの山

Dscf7389

先週の火曜日(17日)、ずっと気になっていたこのような物が届きました。

椎茸栽培セットです。

梱包されていた袋から取り出し、湿気を保つ為上からビニール袋をかぶせて栽培します。

四日後の21日…

21inichi

小さいのが、プクプク出てきました。

上の串はビニール袋が椎茸にくっ付かない無いようにしています。

更に三日後…

24

余りの成長の早さに、子供達はちょっと気持ち悪そうな目で見ています。

混雑した部分は、間引いておすましの具。

最初からプックリ出ていた二本が大きくなり、傘がビロビロに広がって来そうなので、収穫時。

ハサミで切り取ると、水分タップリでずっしりと重たい。

塩をパラッと振りかけオーブンで焼き椎茸にすると、水分がジュワ~と出てきて、美味しそう…

これを一番に食べたのは、やっぱり我が家の主の主人。

あんなに気持ち悪いと言っていた子供達は、ずる~いとブーブー。

今朝起きて、椎茸を見ると…

25 一日遅れで、全員試食できそうです。

何個収穫出来るか、楽しみだな~

2009年2月10日 (火)

ちっちゃな、ちっちゃな、畑の収穫

息子が育てていた、ちっちゃな畑の大根を収穫。

最初の頃は、セッセ、セッセと水やりしていましたが、野菜の成長の変化があまり無くなると、水やりも忘れがちな日々…

せっかく大きく育てた大根が、美味しくなくなったらガッカリですもの。そんな事になる前に収穫。

プランターに植えた大根。

プランターからニョキニョキと上に伸びて、土の下にもしっかりと伸びている様に見えます。

さあ、しっかり腰を入れて、一番大きそうな大根を引っぱれ~!

スコーン!!

アレッ?? 直ぐ抜けてしまいました…

Photo  

土の中もしっかりと伸びているのかと思ったら、土の中にには10㌢もあれば、良いほうでした。

可愛い、愛らしい大根。

Photo_2

写真では立派そうな感じ!!

でも、大きいので直径7㌢ぐらい、長さ25㌢ぐらいかな!?

泥を落として、大根たちの整列。

Photo 真ん中なのが一番大きいのですから、後は可愛い可愛い大根。

葉っぱは、細かく刻んでちりめん雑魚と甘辛く炒め煮にして、ご飯に乗っけていただきました。

なかなかと歯ごたえの有るり、ほんのり苦味の有る味で美味しかったです。 

水やりの他は何にもしていないので、有る意味野性的な味といるかな…??

面白い格好した大根が採れるかと期待したのですが、皆おとなしい格好のばかり。

ひとつだけ、虫の触覚のようなのが…

Photo_3さてさて、家族みんなにお披露目した2日後に、大根さん達は、我が家の夕食メニューのメインとなりましたよ!

Photo_4

牛すじ肉の入ったおでんです。

すじ肉も、良い肉の臭みの無いのを置いてあるお店で選んできました。

この可愛い大根、炊いても煮崩れせず、大根の味しっかりして、思っていた以上に美味しかったんです。

今年一番の味のある大根scissors

これは、病み付きになって、来シーズンはプランターの数が屋上に増えているかも知れません。

だた、葉っぱに付く虫の多さには、閉口しちゃいます。

だけど折角だから、農薬は使いたくないし…

ちっちゃな畑には、まだ、水菜(ちょっと硬いかな?)とほうれん草があります。

水菜は、今晩、うすあげと炊いて、食卓にのる予定。

花芽が少し出ていたので、苦いかな… 収穫遅すぎだ。

どんな味か、楽しみです。

さてさて、この春には何を植えましょうか…happy01

2008年12月18日 (木)

ちっちゃな、ちっちゃな、畑

bud息子が、屋上で育てた、ちっちゃな畑の野菜たちbud

プランターの畑なので、栄養をグングン吸う野菜たち、ある大きさからなかなか育ちません…

もっと間引いて、肥料を与えてやると、大きくなるのではという事で、間引いて食卓に上がる事となりました。

Mizuna_6

ほうれん草、虫さんに食べられて穴が沢山開いています。

水菜、あまり日に当てないほうが、柔らかく美味しくなるようで、途中から午前中だけ日があたる場所へ、移動しました。

プランターには、根がビッシリ張り、これでは栄養の取り合いに、酸素も行き渡りませんね…

野菜たちの凄い生命力を感じました。

ほうれん草は、収穫した夕飯に、ピーナッツバターとゴマの和えにdelicious

プランター育ちでしたが、歯ごたえがあり、野性味のあるほうれん草でした!!

水菜は、今日うすあげと炊きましょうか。

我が家は、水菜が大好物なんですよnote

Daikon この大根は、写真では大きそうに見えますが、まだ直径5センチほど、この日に下の階の奥様から、実家の畑で取れた大根を沢山頂いたので、もう少し後で収穫します。

水を与えると、グングン大きくなります。

どんな料理にしようか、思案中ですhappy01

大根は、虫が付かず育てやすい野菜です。

お正月のお雑煮は、自家菜園の水菜でおすましのお雑煮、大根で白みそのお雑煮が楽しめそうです。

Dscf3115_2

xmasおまけxmas

今年の、我が家のクリスマスの飾りつけ

あれこれ描いた、クリスマスに因んだお人形さんたちを、並べてみました。

去年に引き続き、新作のクリスマス作品は無しのようです…sweat02

2008年11月28日 (金)

お洗濯♪

この頃、朝焼け、夕焼けが綺麗ですね。

Photo

我が家の、屋上からは北側に六甲山が直ぐ近くに見えますが、西南東はマンションがぐるりと見えます… 

 

むか~しは、海も見えたんだけどね…

 

神戸は、北側に大きな窓があると、山が見えて、緑が眺められるんですよ… 

 

夏は山から風が下りて、涼しいんです。六甲おろしですね。

 

冬は空っ風ですけど… 

 

うちの家は、残念ながら、北側に窓がありません…

こうやって夕焼けが綺麗だったり、雪が山に積もっているの見たりは、屋上にでて、眺めるのです…

 

先日も、夕焼けが綺麗なので、屋上へ駆け上がりました。

Photo_2

一番星が写っているのですが、判りますか??

 

六甲の山も写真に撮ればよかったです… すっかり、忘れました。

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

ところで、話が全く違うのですが、去年、斑尾高原トレイルラン大会を見に行った時に、lafumaのピンクの防水のラン用ジャケットが安売りしていました。

Photo_2

さすがフランスのメーカー! 色も綺麗だし、形もスリム、そして、とても肌触りがサラサラしていて気持ちいい!!

 

一目惚れして買ったのですが、一年経つと、防水の効果がグンと落ちてきました。

 

去年は防水が抜群に利いていて、風もかなりな威力でシャットダウンしてくれたので、二月の口熊野出場前の冷たい雨や雪の中の練習に大活躍してくれました。

 

前から、防水の利いた山用のコートなどの手入れの仕方がどうしたら良いのか?? 疑問でした。

 

ある方のブログで謎がやっと解けました。

 

専用の洗剤と、防水剤が在るんですね!!

Photo ジャケットのファスナー辺りが、黒ずんできたので、今晩洗濯をし、仕上げに防水湿布をしてみました。

 

洗剤は良く落ちるしで花丸!

 

防水湿布も、簡単でした。

 

明日の朝、乾いて、防水の具合を確かめるのが楽しみです。

 

 

今私は、山道具屋さん巡りが、楽しくってたまりません…

 

山の道具は、雨や風から身を守る為、素晴らしく進歩しています!! もう、ビックリ!

 

来年の夏は、信州の山々を登って、高原を走って、いっぱい、いっぱい山の空気を吸いたいです…

 

その前に、どなたか一緒に行ってくれる方、見つけないとね…happy01

2008年10月29日 (水)

ちっちゃな、ちっちゃな、畑

9月の終わりに、息子が野菜を育てたいと言うので、タネを蒔きました。

水菜、大根、ほうれん草の三種類。

芽は早く出たのですが、ベランダでのプランターで育ているのか、なかなか大きくなりません。

その中でも優等生なのが、水菜。

1

なかなかいい具合に育ってきてます。

一度間引くのに、サラダに混ぜて頂きましたよ~happy01  

まだ、可愛い苗なので柔らかくてほんのり苦味があり、なかなか美味しかったです。

毎日、息子は水やりを忘れずにしてます。

この土曜日、葉っぱが食べられてるのを発見。

よ~く見ると、青虫がいるわ、いるわ…

お箸で三日掛けて探し出し、30匹以上もいました。

三日目なんか、最初の日に見たものの倍の大きさに…

5階に有るルーフガーデン、良くこんな所探し当てて卵産みつけたもんだと、蝶々に感心です。

アッ、青虫退治は息子は気持ち悪がって、途中からほぼ私がしましたがね~punch

株も随分大きくなって、プランター菜園に8株は多いので、また間引いて今日の夕食のサラダにする事にしました。

息子に、引き抜いて来いと言ったところ、都会っ子の息子は「青虫触りそうで嫌だ~!!」なんて…

仕方がないので、私が注意深く引き抜いてきました~happy02

私も、触りたくないですよ!

洗うと、やっぱり青虫まだ付いてましたsweat01

2

プランターでは葉がパ~っと開いているんで、かなり立派だと思ったんですが、引き抜くとお店に売っているサラダ用水菜より、まだひとまわり小さかったです…

虫食いの葉は取り除いて(都会っ子達には、穴あき葉っぱは駄目な様)、サニーレタスと混ぜ…

3

今日の夕食メニューの、自家製焼き豚に無くてはならないサラダとなりました。

4

子供達は、この小さな畑の水菜で、牛肉のハリハリ鍋を食べたい様ですが… 

それはいつの事やら…sign02

大根も、大きくなるは何時の事なのかしらねェ?

水やるだけでは育たない野菜たち、ちっちゃな、ちっちゃな、畑でも、なかなかお世話が大変ですnote

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ