ロゲイニング

2014年5月15日 (木)

KTB杯 菟原(うはら)フォトロゲCAP

2014年5月11日(日)晴れ

4            今回はゼッケンもオーダー、岡本、芦屋近辺で見かけて方もおられるかもね?

神戸の街大好き、六甲山大好き、ランニング大好き、アウトドアで遊ぶの大好き、楽しいお酒大好きの三人男が企画しました。

三人は神戸三兄弟と言われて(言っている?)いて、KTBとはKobe Three Brothers。 
もっくんさん、ボガさん、そして主人のジャンの事です。

ロゲ当日は素晴らしいお天気。 89名の競技参加者。 スタッフが7名の大勢の方が参加して下さりました。

1

前回の大会はおもに中央区、兵庫区、灘の一部に街中にポイントを設定しましたが、2年振りの大会は、
神戸三兄弟の住まいがある東灘と灘、そして芦屋の一部の街と六甲山の山の中にもポイントを置き、
公共の交通機関利用OK、ケーブルを使えば山上へもあっという間に上がれるようにしました。

JR六甲道南側広場を10時にスタートし、5時間、街、山を駆け巡り午後三時に同じ場所にゴール。

2

3

               地図とポイント説明を見合わせ何処を走るかチームで相談中

5_2

優勝狙って参戦してきたたいしょうさんは、相方の体調が悪くなりひとりでオープン参加です。 リベンジ企画で今度は山だけのポイント企画しないとなりませんね…

私のお勧めコースは、住吉川から東界隈、そして私の裏山コース。 
どれだけの人が行ってくれたのか? そして地図に騙され、しんどい坂や階段を右往左往したのかな(^.^)

この地域を上手く攻略すると上位に入れるのではと思っています。

色々想像しながら、皆が走っている間に商品のお菓子を喜んでもらえそうなものを一位から五位まで、
子供さんへの完走賞、ブービー賞をチョイスしました。

ロゲは迷って、見つけにくいポイントを探しだす時が一番楽しいので、ゴールしてからの写真とポイントを合わせ見る時に、
ポイント探しに苦労した話を聞くのが設定したほうとしてはとても楽しみなんです。

怪我や事故無くロゲイニング終了。 

はじける笑顔をたくさん見れて私も楽しく一日があっという間に過ぎました。

6          KTB杯ですから、優勝カップ(コップ)あり!

あっ、スイーツポイントは私が設定したって思っている方が多いようでしたが違います。

ほのぼのポイント、探すのちょっと大変な意地悪ポイント、それと私の裏山散策コースのポイントでした(^_-)-☆

2014年2月20日 (木)

醍醐でロゲイニング大会

トレランで知り合いになった方々が開催される、ロゲイニングに参加してきました♪

ロゲイニングでポイントを稼ぐには、走った方が断然有利なので、俄かランナーのトレーニングをするつもりでいたのですが、、
膝の靭帯を一月末に痛めてしまい、なんとか間際で痛みがとれたばかり。

競技前に走らない、山にも入らないで街中でポイントを探して回る宣言をして参加しました。

競技開始15分前に地図が配られ、何処のポイントを回るか作戦会議。

醍醐、宇治、伏見は私達は土地勘がまったく無し。電車利用をしても良いので、マーカーで線路をなぞって、駅にマル印。

山の中は当然高いポイントが沢山ありますが、地下鉄の六地蔵駅周辺にも高いポイント地点が集まっていたので、
石田駅あたりからポイントを探して回る事にしました。

ロゲイニングのポイントが高い処は、大抵は見つけにくいポイントですので、その辺りに来た時は見落とさない様に歩きます。

 1

一つ目のポイント、天穂日命神社の灯篭と道標は家の角に… 10点! 

見知らぬ土地の住宅街を地図を持った二人がウロウロ。 怪しいぞ…

2

公園のポイントでは、私達の前にも地図を持った大人が何人か来たのか、子供たちが何探しているのと興味深々。

いくつかあるベンチから指定のベンチを探し出し、43点ゲット!

4

時には、指定のポーズで写真を写さなくてはならないんです(^.^) 58点!!

5

宇治には、沢山の稜があるんですねぇ。 47点ゲット~!

そう思って辺りを見ながら歩くと、こんもりとした稜のお山があちらこちらに有りました。

8_2

お腹がすいてきたな~と、思っていたら丁度「たま木亭」と云うパン屋さんの看板がポイント。 
他のポイントから離れているので、53点♪

とっても人気のパン屋さんで、神戸のパンとはまた違う美味しそうなパンが沢山。 小雨の中食べながら歩きます。

6

競技時間は5時間。 2時間半の早歩きは疲れてきだして、伏見桃山稜の階段を見てヒエ~(*_*;

10

伏見桃山城から後は歩く事に疲れてしまい、とうとう走ってしまいました。

競技終了時間に間にわないと、せっかく取ったポイントから1分に付き20点の減点。

最後のポイントを見落としたようで、稜の小山の周りを一周半走り回ってもう足は売り切れ状態。

それでもなんとか制限時間1分前に、会場に戻ってこれました。

結果は、なっなんとバリバリに走るチームばかりの中で驚きの4位でした。

11

競技前は、伏見の酒蔵辺りで観光気分だ~、翌日は山に行くから走らないぞ~と言っていたんですけどね…

5月11日には、今度は主人の仲間達が神戸の灘、東灘、芦屋界隈でロゲイニングを企画します。

私も街中や山の茂みの中を目を皿のようにして歩いて意地悪ポイント探し。

2年前の様に、皆さんが笑顔でゴールしてくれる時が今から待ち遠しいです。

2012年5月30日 (水)

初企画、神戸ロゲイニング無事終了~♪

主人のラン仲間・三人が企画した「KTB杯 神戸フォトロゲ」が
5月27日に無事開催、終了しました。

KTBとは、神戸三兄弟と呼ばれている、ラン&飲み仲間のことです。(Kobe Three Brothers)

2

なんと嬉しい事に、80名越えの参加をして頂けました。

ありがとうございます。

準備の方のポイント探しは早くから始めていたのに、最後の詰めがギリギリで、少々焦りました…coldsweats01

地図が出来あがり、ポイントを見なおすと、来て欲しいと思っている岡本周辺が魅力のないポイント設定になっていますwobbly

そして、ご家族や走らない人でも点が取れるようにと、電卓片手にシュミレーションをして見直しをしたため、地図、写真見本に大幅な手直しをしとなり、印刷の出来あがりが間際になりました。

最後の週は三兄弟は仕事ですので、私の内職状態となったファイル造り。

そして皆さんに配る、地図やポイント写真を袋やファイルに入れる作業で肩がパンパンになってしまいましたが、なんとか、二日前に準備完了scissors

レースの途中に「ロゲってめちゃ楽しい~」とスタッフの携帯にメールがはいってきたり、ゴールした後の皆さんの笑顔が沢山見れ、とてもとっても嬉しかったです。

自分の好きな街を、ロゲイニングという形で紹介でき、事故や怪我も無く楽しんでくださって頂け、幸せな一日でしたheart04

9212367_1656262848_111large1
地図を配布され、どこを回るか作戦会議中

9212367_1656262868_2large1_2

二歳児とパパさんペアの参加が二組happy01

1_2
商品は、賞状と優勝カップ(コップ)、神戸の美味しいお菓子

優勝コップ(カップ)にはちゃんと大会名、日付が彫り込まれていますwink

2012年5月16日 (水)

ロゲイニング企画

5月27日、主人たち神戸三兄弟(KTB)が開催する、神戸フォトロゲイニングの準備がやっとできあがってきました。

神戸の街を歩きまわて、遺跡、遺構、モニュメント、美味しいお店、楽しい物と探して、わが街神戸を、まあまあ良く知っている方だとは思っているのですが、まだまだ知らない事が多く、再発見をたくさんでき、楽しい取材でした。

準備の方はおしりに火がつかないと動かないタイプなので、先週から家の事はほったらかしでの準備でしたが…

皆さんに楽しんで頂けたら何よりうれしいです。

68694935_1251

713_f6cda66dd81

5月27日、予定が合えば参加してくださいね。

まだしばらくの間、参加受け付けてます。

走れる人も、走らない人も、神戸の観光をしながら、美味しい物を食べながら、一日遊んでみませんか?

2011年7月 6日 (水)

霧ヶ峰ロゲイニング2011大会

会社の保養所を利用し、前日の土曜日から信州入り。

日曜日は曇り予報なので、もしかしたら展望は望めないかもと夕方の景色をカメラに収めて、保養所入り。

1_2_2

  白樺湖   明日の大会はあの湖の周辺もコースになります。

 2_2


緩やかなスロープの草原。 

「多分あそこを辿って白樺湖へ行くんだな~」と予測を立てました。

会社の保養所は会員制のリゾートホテル。

綺麗なホテルで、今の時期は宿泊者も少なくお風呂は貸し切り状態で、ゆったり。

25_2

夕食も和食のコースを選び、地酒も美味しいのが品揃いしていて、ちょっと飲み過ぎてしまいましたが…sweat01

お酒抜きで、一泊二食 一人7000円の宿泊費。 
今まで会社の保養所はあまり使っていなかったのですが、
これはやっぱり使わな損です。

部屋に戻ると、雨が降り窓のからの景色を見るとすぐ目の前が
霧でモヤモヤ。

いえいえ、雲の中にすっぽり入って視界が有りません。

雨脚も強くなったり、夜中には雷が鳴っていて、大粒の雨の音で
目が時々覚めました。

大会は雨の中かしら?

ずぶ濡れ、ドロドロも雷さえ鳴らなければ楽しいと開き直って
眠ります。

朝4時起床。 まだ雨が降っています。

大会の受付時間開始が6時とが早く、ホテルの朝食はパス。
パックのご飯を持ってきたIHの卓上コンロと鍋で湯煎で温め、
買ってきたおかずと共に朝食を済ませて、いざ会場へ。

雨は4時過ぎに止みましたが、車山から霧ヶ峰までは霧が深く、
センターラインを頼りに会場まで車で向かいました。

これは、霧の中をコンパスを便りに彷徨わない様にむことになるのかしら? 展望無い??

ところが、会場の霧ヶ峰の辺りに着くと霧は晴れてきて、天気予報も曇りだったのが、晴れへと変わった情報で素敵な景色が望めそうですhappy01

E1ロゲイニングという競技は、徒歩、ランニングで廻り、設置された目標場所(コントロール)をチェックして得点を決められた時間内に稼ぐという競技です。

コントロールはそれぞれポイントが違い、遠くしんどい所ほど高得点。

競技直前にコントロールを示した地図が配布され、各自どのように回るか地図を見ながら、作戦を考え、自分の力で巡ります。

今回は、高山植物の保護地域での開催なので、侵入できない
所ばかりで、展望よく見渡せは自分の行く方向が解りますが、
箕面での開催は藪漕きだらけで、読図の力がかなりいるそうです。

この日のコースは、霧ヶ峰南西地域~霧ヶ峰~車山~白樺湖とかなり広範囲。

五時間の部へエントリーをしています。

ポイントの高い白樺湖まで行くと、ランの練習不足の私がへたって時間内に戻れなくなる可能性が大きいので、私たちは霧ヶ峰高原~車山~開場周辺でポイントを稼ぐことにしました。

競技開始頃には、雲が切れて青空sun

カウントダウンでスタート!! 

ちょと走ると、もはや標高が高い為もありゼーハーdash 

高原に入る前に、34、35、80ポイントをゲットし森の中を抜け、
霧ヶ峰高原へと向かいます。

7

視界が広がり、霧ヶ峰高原が見えてきました。

草原の山肌にコバケイソウが咲いています。

最初のピークを登りきると…

10_3

わ~~!! これからゆくコースが見えてるnote

下りきって、ピークを振り返ると、たいしょうさん、ナルさんが
下りてくるのが見えます~!

11_2

「なんとか、追いつかれる場所を先まで延ばさなくては~~」と、
あんまり早く走れないけどトコトコ走りますが、お花が咲いている
沢ポイントで追いつかれてしまいましたhappy02 

12_3

この辺りは八島湿原の直ぐ近く。

夜の雨が溜まって、今までなんとかトレランシューズを水たまりで靴を濡らさないように走ってきましたが、避けようが無く冷たい水が入ってとうとう中まで濡れてしまいました。

この後、ゼブラ山から山彦谷北の耳、南の耳と霧ヶ峰のど真ん中の素晴らしい展望の中を登ったり下ったり、走ったり歩いたり。

21
       走ってきた、山彦谷北の耳、南の耳

       登ったと思ったら、今度は下る~~fuji

1

日差しも柔らかく、爽やかなレンゲツツジの咲く緑の草原の中で
とっても幸せです。

14

18_4

22_2

そして、ワ~~綺麗、ワ~~素晴らしいの連呼。

途中で出会った参加者の方も、「綺麗ですね!」、「ガンバ」っと声を掛け合ったり、この素敵な景色の中を動き回れる喜びをお互いに伝えあいます。

13     

     そして、今年はコバケイソウの当たり年。 
 レンゲツツジの開花が遅れ、同時に咲くというラッキー年だそう。

19_3

花の種類は少ない時期でしたが、車山の北東側には
スズランの花。

20

30

車山へは唯一許可された乗り物、リフトを使って登ります。

ここでやっと売店が有るので、昼食を兼ねてソフトクリームを食べながらリフトへ乗り、地図を開いたら、ソフトクリームに気を取られ、乗り場に有るコントロールのチェックを忘れた事に気が付きsweat01 
あらら~~happy02

同じように忘れたご夫婦が照れ笑いしながら、下りのリフトに乗っていました~。

車山からは私の今の走力を考えるとゴール近くに戻って、ゴール近くのポイントを稼いだ方が良さそうという作戦へ。

車山の下りは、石がゴロゴロ。
だんだん膝が上がらなくなってきた私は、蹴躓いて転ばないようにしているのでスピードがでません。 

車山湿原のコントロール手前で、たいしょうさん、ナルさんに再び出会いました。
ナルさんはもう足にきたと言っていましたが、走り去る後ろ姿は
しっかりしてい元気そう!!

最後のビーナスロード沿いのトレイルは、走ったり、大股歩き。 

ヨレヨレって言う訳ではないのですが、歩けますが、走る力がでません。

23

ゴール周辺でポイントをあと二つ獲得。

制限時間には少し余裕があるので歩いてゴールへ向かうと、すでに会場にゴールしている方々から、あと少し、頑張ってっと声援を頂き、照れくさくって嬉しかったです。

ロゲイニングの大会は私は初めての参加ですが、皆さん笑顔で野山を駈けまわって、自分の力量を考慮して楽しめるので、とっても好きな競技になりました。

久々に、山を25㌔ほど走ったので、次に日から筋肉痛で歩けないかと覚悟していましたが、なんと筋肉痛は無し。 
山を沢山歩いていたからでしょうか??

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ