おでかけ

2014年8月27日 (水)

今年の夏は…

2

11日台風が去った後の住吉川。 
六甲山は夏に入って殆んど雲を被っていて山は乾く事が無く飽和状態。

そして、その夜は月が地球に今年一番近づくスーパームーン

21
22
息子と2時間ぐらい眺めていたかなぁ…

嵐の後空気が澄んで月は眩しいくらい明るく、流れる雲に月明かりが透け通り美しかった。

3



台風の二日後の住吉川は水の濁りが無くなっていたけど、山には海からの湿気がどんどん流れて来て山の姿がこの日も見えない。

仕方なくランニングでトレーニング…think  御影の深田池は満水でした。

4

海へ向かって走った時は楽々でルンルン気分でしたが、やっぱり山麓コース走るとしんど~wobbly

この夏の我が家の最大のお楽しみイベントは、2年振りにお気に入りのカクレハ高原キャンプ場の予定です。

何年振りかに家族全員休暇を合わせる事が出来たのですが、天気予報は悪い方へはずれて大雨。 

一日延期してみたものの、翌日もその翌日も郡上や高山は大雨予報。 

キャンプ場の電話をしてみると降ったり止んだりですと管理人さんの返事…!?

雨の日のキャンプも楽しいが、乗鞍山の長い裾野からキャンプ場内の沢に大雨が流れてくると思うと沢音は轟轟と鳴り恐怖を感じるはず、とてもじゃないけど行く気が起こりません。

長女は仕事に出ないといけない為、一足早く特急列車で高山から帰る予定にしていましたが、大雨で山間を通る高山本線は不通になるかもしれないからとキャンプは中止。 その後やはり土砂崩れで高山本線は不通となってしまいました。

六甲山は、相変わらず瀬戸内海や四国方面からの湿気のある風に乗って毎日重たい雲を被ってます。

蒸し暑い神戸で、冷房の利いた部屋でゴロゴロ過ごすのもなぁ…と、
 

5

大淡路に来たけどここも湿度は高い。 でも大阪方面は夏空。

8
花さじきに来てみましたが、湿気のある風が強くて、心地良くなく長く居れなかった 

キャンプ道具を積むのを見て、行きたくってソワソワしていたジッポは大好きな草地に来れてコロコロ。

20
9
翌日は三田のアウトレット。 平日は人が少なくての~んびりショッピング。

15
その翌日、山の空気が吸いたくなって蒜山高原へ行ってみた。

ここも湿気で暑くって、爽やかな高原の風に巡り合えない。

11
冷たい湧水の塩釜。 涼しい♪ 冷たく美味しい湧水は体にスッと入り込みます。

子供達が大人になると、仕事の都合で全員が揃う事が難しくなり、久々の全員集合の賑やかな夏キャンプを楽しみにしていたのですが、不完全燃焼の夏となってしまいました。

12 

             この夏出会えた高原の花は、ビッチュウフウロ(備中風露)

 

2014年8月 3日 (日)

今年三度目のリスとの遭遇♪

伊豆半島の旅行中に、車道で木の実を食べるリスに遭遇しました。 今年三度目のリスとの遭遇。

このリスは、タイワンリスといって、動物園などから逃げたリスから繁殖して増えたそうです。

山で見るニホンリスより体が倍ほど大きく思えました。

1_2


7月の三連休は、まだ息子のマンションを見た事の無い主人と長女とで東京までドライブ。

大きな渋滞はなんとか出くわさなかったけど、やはり車で東京はちょっと遠いですね。

息子のマンションで一泊した翌日は熱海まで新幹線で来た次女を拾い、家族全員集合し伊豆の会社の保養所へ。

熱海でお昼と思いましたがどこも行列。 関東の人の多さにやや疲れて、夕方保養所へとたどり着きました。 

移動だけで、あっという間に連休二日が過ぎてしまいました。

翌日は関西へ帰る者、東京へ行く者と三島で解散予定ですので、少しだけ伊豆観光。

 

1_2

保養所は伊豆高原の別荘地にあり、人は普段あまり居ない静かなところ。

2

リスは道路で何か食べていて車をあまり気にしていませんでした。 しばらくの間、車の中からリスを皆で観察♪

10
城ヶ崎海岸駅はログハウスの駅舎。 カナダ・バンクーバー産の木だそうです。

城ヶ崎海岸を観光。 

海岸線は大室山が4000年前に噴火し、海へ流れ込んだ溶岩が海で急速に冷えて出来た断崖絶壁。

4
6_2

5_2

9

自然の営みにより作られた壮大な地形美に圧倒されてしまいましたconfident  

2014年3月 1日 (土)

日帰り東京(^.^)

1

2月1日 朝 新幹線から富士山は雪をあまり被っていなかった。

 

2

息子が住む事になる学生マンションを日帰りで見に行ってきました。 野方ていうところ。

駅から近いところで見つかりました。 商店街と反対側の住宅街。 学校最寄りの駅から10分電車に乗ります。

マンションを案内してもらった後、少し遅い目のお昼ご飯を食べに築地で江戸前のお寿司を食べてきました。

45

息子はにぎりで、私は、初海鮮丼

トロ鉄火ののりが良い香り 

握りにすればよかったヮ

寿司めしも美味しく、ねたも美味し~い!

追加のイワシの握りも美味しいかった!

潮汁がとっても美味しくって、息子が一口飲むたびに美味しい美味しい~と云っておりました。

6

家のお土産にと、丸武の大きな桜エビ入りの卵焼き。

7

ディズニーランドホテルの売店に丁度この日に売り出しだと云う、ミニーちゃんのお人形を買ってきてという次女の頼みで、
またやってきました。

買った卵焼きが重い… 

ホテルでお茶って思ったけど2時間待ちだそうで、再び電車を乗りついで、東京タワー見学。

今まで東京には縁が無くって、何処へ行ったら良いのか判らない、おのぼりさんの二人。

上にはあがらなかったけど、日が暮れて来てライトがつくところが見れました。

910

 

11

何度も振り返り、優しい明りの東京タワーを見ながら坂を下り、神戸への家路に着きました。

2014年2月28日 (金)

ポニョにあえるかなぁ?

鞆の浦は、潮風の待ちの港と栄え、坂本竜馬とも縁が有るところですが、崖の上のポニョの構想が練られた場所としても人気。

どこかで、ジブリ映画のかかわるものが見つけれるかなぁと思いながらも湊町散策していたら、可愛いポニョたちに会えました♪

80

スタジオジブリの社員旅行で訪れた鞆の浦を監督がとても気に入られたそうで、一軒屋を借り、しばらく滞在されていたそうです。

細い坂道を上がると、ジブリ映画に出てきそうな風景に出会えました。

13

14

81_2

鞆の浦の猫ちゃんはニャーと寄ってきて、とても人懐こい。 
漁師さんが小魚をあげるからだそうです。 岩合光昭さんの様には上手く撮れないね…

10

御船宿いろはは、坂本龍馬が"いろは丸事件"の賠償保証の談判が行われた場所で、長らく空き家だったのですが、
鞆の浦のNPO法人が昔の街並みを残して町おこしにつなげようと、再生させできあがったのがこのカフェだそうです。

宮崎駿監督のデザインで、到着した日は是非ともお茶を飲みに行こうと思っていたのですが、
店前には本日貸切の看板(>_<) 翌日は定休日でした。

店内には監督のスケッチが多数展示されているんだそうです。 見たかった…

石畳の町並みをよ~く見ると、ポニョがあちらこちらに居てて、にっこり♪

40

44

42

41

ハヤシライスの田淵屋さんの店前には、手作りのポニョ噴水。 お店の中にはイラスト入りのお礼状。

31_2

33

まっくろくろすけが古い時計の中に、ジジもお台所に居てましたよ♪

もう一度訪れる事があれば、崖の上から鞆の浦を眺めてみたいと思います。

2014年2月27日 (木)

まった~~り、鞆の浦へ小旅行

母と叔母に誘われて、鞆の浦へ小旅行に行ってきました。 旅館でゆっくり過ごす、私にいまだ経験の無いまった~り旅行。

お昼過ぎに自宅を出て、新幹線で福山へ。 駅から旅館のお迎えの車に乗って三時半には旅館に到着。 

12

お部屋には露天風呂がついていて、24時間いつもお湯が沸いています。

2

部屋の真正面には弁天島。 その向こうには仙酔島

6_2

曇り空で、瀬戸内の島々が霞んで見えます。

16

お風呂に入って、美味しいお料理を頂いて、のんびり、まった~り。 

翌日11時にチェックアウト後は、旅館に荷物を預けて鞆の浦をブラブラ散歩。

鞆の浦は、潮待ちの港として江戸時代に栄え、 その町並みが今も残っていて、坂本龍馬ゆかりの地

港を見に来た時は引き潮。 高知の小さな古い魚港でも見たことのある、雁木(石階段)が美しく残っています。

11

47

昔からの街並みが残り、石畳の美しい網目の様な路地を散策。

7_4 8_2

2120

22

27

とてもにこやかな笑顔と保命酒の香りに誘われて、お店にはいります。

26

保命酒とは鞆町名産の薬用酒で16種類の薬味をみりんに漬けこんが薬味酒だそうで、福山藩の幕府への献上品となり、
黒船来航の折にはペリーらに幕府の接待酒に用いられたそうで、お屠蘇の様な感じ。

23

24

二日目のお昼にと入ったお店は、田淵屋さん。
江戸時代から油問屋を営んでいた商家を、そのまま店舗スペースとして活用しているレトロな雰囲気の茶房。

2階は、「男たちの大和」のロケに使われたそうです。

28

30_2

50

34

江戸時代のお台所の大きなテーブルに座って頂きます。

ハヤシライスセットの最初に、四種の保命酒の利き酒と自家製スモークチーズが運ばれてきました。

鞆の浦に四件ある蔵元の保命酒はそれぞれ味が違い、ここで四種全部を味見出来るなんてとっても嬉し♪

36

スモークチーズも美味しくって、保命酒とまたとっても良く合うのです。 
ハヤシライスは少し甘い目ですが、とってもまろやか。

37

古いお台所で、美味しいお昼ごはん。 お店の方の上品でゆるやかなしぐさがまたゆっくりできて、とっても暖かな時。 

コーヒーを注文していなかったのですが、サービスにと立てて下さりました。 

もっともっと鞆の浦の街を散策したい処でしたが、母や叔母のお伴ではそうもいきません…

またいつの日か訪れる事が出来たら良いなぁと思いながら、翌日の夕方には神戸へ帰ってきました。

2013年12月19日 (木)

お得な日帰り旅行 

今年の主人の会社のお得な日帰り旅行は今年は蟹ツアーでした。 

今まで誘ってもお父さんの会社の旅行なんてと見向きもしなかった子供達も、蟹ツアーだと聞いて飛び付いてきました。

蟹を食すまえに、ハクレイ酒造で酒蔵見学bottle 

お酒のお話を聞き、搾りたて生原酒の利き酒、お土産にも購入♪

1_2

2_2_2
3_2
酒粕をつかった洋菓子もお菓子の工房で作られていました。

5
蟹を食べる時は無言でひたすら食べ、食べても食べても蟹は無くならず~sweat01 

6
食後は、旅館前の浜辺を散策。 酒蔵からの海岸沿いは白波が経っていましたが、天の橋立の内海で穏やか。

時々時雨れて山に雲が掛かったりしていましたが、丁度春にキャンプした大江山も見えています。

7
9

火力発電所の煙突が物々しい。

10
         屋根の上から何見てるんだろconfident

8

朝からビールが配られ、まったりバス旅行。 たまにはこんな美味しいバス旅行も良いもんですなぁ。

2013年11月 8日 (金)

東京に出たついでに…

今年は三度目の東京出没です。 一度目は家族旅行でしたが…

実は息子が東京の学校へ進学することになりました。

今回は、私どもは行く必要ないんだけと、連休中のこともあり、車でついてきちゃいました^_^;

で、空いた時間をつぶすのに私達は新宿御苑を散歩。

1

とっても広い新宿御苑をゆっくり歩いていたらアッと間に三時間過ぎてしまいました。

11
武蔵野の元風景に近い場所でしょうか? 大木が沢山あります。

2

イチョウの赤ちゃんが沢山。 今年のギンナンも沢山落ちていました。

3                        ヤブミョウガの実

4



丁度「菊花壇展」が開催されていました。

12                       御紋菊ともよばれている菊

15                 一株のから何百もの花を付けた「大作り花壇」 

同じ時期に花を咲かせ、葉も花も均一の大きさでなくてはならない栽培方法は、高度な技術がいるそうです。

7
6

10               染井吉野も伸びやかに枝がのびて、大木揃い。 今年の春には花が見れるかも。

9
8
2年前には、長女がひとり暮らしを始め、 今度は関西の大学に進学するかと思っていた息子が東京の学校へ。

ちょっと寂しいですが、東京へ出たついでにいろいろな処を尋ねれそうです。 

まずはトレランで走り抜けた懐かしい奥多摩を、ゆっくり歩きに行きたいなぁ。

2013年10月 2日 (水)

東京に出たついで (^_-)-☆

所用で息子と土日に掛けて東京に行ってましたが、用事の合間に一日めの夕方は浅草あたり、二日目の空いた時間は、
ディズニーランド大好き息子の頼みでちゃかりディズニーランドも楽しんできちゃいました…wink

東京おのぼりさんの私達は、スカイツリー見学 (展望台は2000円だし予約して登れるのは二時間後でしたので登っていません)

2

その後は、浅草見物をしましたが、人の多さに疲れて早々にホテル直行ですsweat01

1 

            スカイツリー大きすぎ、浅草寺は人の頭が沢山写っているので、東京ソラマチのディーズ二ーストアの壁の絵で…

屋形船が沢山浮かぶお台場、レインボーブリッジ、東京の夜景を見ながら有明のホテルに向かいましたが、
スマホで検索したその通りに移動したので、どこをどのように行ったのか良く解らんcoldsweats01のです…が、
ホテルを有明にしたのは、ディズニーランドに近く、移動時間の無駄を最小限にできること。

翌日は、オープン直ぐに入場できるようにディズニーランドに早起きして向かいました。

11_2
最初に夕食の予約を取り、 アトラクションふたつとショーを見た後、戻ってきてからのアトラクションの予約を取り、
所用を済ましに出掛けました。 

戻ってきて乗る為に取ったファストパスの時間は午前中の時間だったのですが、アトラクションに再びやってきたのは4時ごろ。 
「こんなに時間に遅れて大丈夫?入れる??」と思ったのですが、笑顔でスムーズに通してくれましたよ。

13
15
8

50

18
14
 ハロウィン時期なのか、お城の前で逢えたキャラクターは悪者ばかり17
16_2_2

12
51

19


欲張りな休日はかなり体に堪えましたが、やっぱりランドで過ごした時間は楽しいね!!

2013年7月31日 (水)

諏訪の温泉

南アルプスのお土産に、諏訪の酒蔵に寄りました。

1

そして皆さんとここでお別れしてから、私達ふたりは家に帰ってから直ぐに寝れる様にと、
諏訪の温泉でさっぱり汗を流して帰る事に。

酒蔵から一番近い温泉施設を宿で貰ってきておいた観光ガイドで探して行ってみると、
なんだかり立派な建物。 

入浴料は?? 600円。

30
美術館のようなんですが…?  これは、カメラを持って行かねばねッ!!

7
立派な建物ですが、ホントにお風呂なん?? と、入り口前に付くと、中から温泉セットを持った人が出てくるで、
やはり温泉の様です。

2

40_2

42

重要文化財指定の片倉館で、上諏訪温泉の温泉施設で昭和初期に建てられた、
日本初のクアハウスかな? 

当時は千人風呂とスチームサウナが設置されたそうでが、今はス今はチームサウナは無く、ジャクジ-風呂でした。

昭和初期の諏訪湖辺りと言えば、生糸産業が盛んで、当時の片倉財閥の当主が海外視察のおり、ヨーロッパの農村には充実した厚生施設が整っているのに感銘をして、地域住民の為に温泉、社交、娯楽、文化向上を目的に昭和三年に竣工されたそうです。

5

3
休日は大変混んでいるそうですが、この日は連休後の平日で浴場にはほんの数人。

10
ローマ風呂みたい… 映画の、テルマエ・ロマエのシーンを思い出してしまいました。

8
お湯はぬるめ。 浴槽には玉砂利が敷いてあり、歩くと足に良い刺激。 

9
壁にはめ込まれたステンドクラスは当時の物、タイル、彫刻もすばらしく、色々な国の要素が入っている建物でした。

諏訪の生糸工場の工女さんも岡谷から船で渡って来たそう。

二階のレトロな休息室(ここのお食事めーニューも充実)で、一休みしてから神戸に戻りました。

2013年1月31日 (木)

大雪の三鷹の森

東京、三日目は『三鷹の森 ジブリ美術館』と、帰りの飛行機の時刻までは
親と子は別れて行動する予定でした。

しかし、冬の嵐の予報。 しかも風が強く雪が降ると言う事なので、空港が閉鎖になるかも知れないと予測し、
飛行機で神戸へ帰る事早々に諦め、帰りの新幹線の予約を朝一番に取ってから美術館へ向かいました。

ホテルを出た時は風雨でしたが、中央線に乗っているとみぞれ交じり。

美術館前に着くと、少し雪が積もり始めていたのですが、まさか大雪になるとはおもっていなかったので、
いろいろ写したいと思っていた写真は帰りにと思っていたのですが、入場の列に並んでいる頃から
雪がどんどん激しくなってきました。 湿気のある雪で、手にべったりと着きとても冷たい雪です。

実は、我が家は全員ジブリ映画の大ファン、次女はもうこちらへ、5回目ぐらい訪れています。

5

昨日は夢の世界でしたが、今日は想像の世界。 ゆっくり4時間近く見学をしました。 

美術館の中は撮影は禁止ですので、写真はありませんが、屋上は良いのかな?
ラピュタのロボット兵も寒そう…

4

美術館職員さんが、『いったいここは何処って思うぐらい積もっています』と言いながら、
お客様が滑らない様に雪かきをしていました。

2

井の頭公園もこのとおり…

帰りは公園の中を歩いて、駅に向かいたかったのですが、こんな湿り気のある雪の中は歩きたくありませんので、
バスを待つことにしましたが、バスもなかなか来ず随分待つことになってしまいました。

待っている間に、湿り気のある雪がドサッと落ちてくるは、雪の重たさで枝が折れてしまう音も聞こえてきてます。

3

1


この大雪には、トトロもびっくりでしょうね。 今度来る時があれば、雪の無い時に会いに来ますね。

帰りの中央線は、まばら運転で超満員。
満員電車に慣れていない息子は押されるまま動いて行ってしまい、私達とは反対の方向へ、
その上、雪の影響でポイント故障で電車が止まってしまったり、はぐれないか、
新幹線に間に合うかとヒヤヒヤしましたが、直ぐに復旧してくれてやれやれ一安心。

東京駅は、空港が閉鎖になったので新幹線に人が流れて来てごった返していましたが、
朝一番の切符購入が功を奏して、帰りの新幹線は指定席でゆったり座れ、
新幹線は逞しく、風雨の中を突っ切って走ってくれてさほど遅れも無く大阪へ帰ってくることが出来でき、
あっと云う間に三日間が過ぎてしまいました。

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ