奈良県の山

2014年6月 6日 (金)

春日山原始林

≪6月1日 晴れ≫

22
ずっと前から歩いてみたいと思い続けていた春日山原始林。 念願かなって歩く事が出来ました。

と、言っても原始林の中へは入れませんので、滝坂の道と奈良奥山ドライブウェイを歩きます。

近鉄奈良駅~春日大社二の鳥居~滝坂の道~石切峠~鶯滝~若草山~春日山遊歩道~
奈良公園~興福寺~猿沢池~餅飯殿センター街~近鉄奈良

とても暑くなったこの日ですが、19㌔弱を緑のシャワーを浴びながら歩いてきました。

2
春日大社二の鳥居手前から滝坂の道へ向かい、住宅地を抜け、能登川を渡った頃から次第に奥深い森の様子。

        苔むした古い石灯篭3

    大日如来が横に刻まれた寝仏です。  室町前期の作5

      夕日観音は、 山の斜面にあります6 
午前中でしたので陽が当らず暗くて石仏が良くみえませんが、夕日が当ると金色に神秘に輝く。

石仏かなぁと思ったら、木の根元に石が積んでありました。7

      川向うに見える朝日観音9朝の日が当って輝いていました。 鎌倉中期の銘が刻まれているそう。

     三叉路の大木の脇に首切り地蔵10名の通り、首のところで割れています。
荒木又衛門が試し切りをしたという伝説があり、古くからの街道の目しるし。

11江戸中期に奈良奉行によって敷かれた石畳の道は、昭和の初めまで柳生方面から
奈良へ米や日用品を運ぶのに使われていた道。



14

首切り地蔵の三叉路でお地蔵さん側の道に行かなかったので地獄谷石窟仏を見る事が出来ずロストコース…。
晩秋に柳生方面から歩こくことにしました。

15     春日山石窟群は平安時代のもので、全部で18体の石仏。
16
東大寺大仏殿を建てるために石材を掘り取った後に彫刻され、山伏が彫ったともいわれています。


写真で良く見る峠の茶屋で昼食休憩。 ここのわらび餅は美味しかった(^.^)

18


21
奥山ドライブウェイを歩きます。 車両は有料ですが未舗装ののガタガタ道。
24
原始林は大木が沢山ありますが、陽がさしていると明るい。 中を歩きたくなります。

26_2鶯の滝。 滝の水しぶきで涼しくホッと一息。

29花山・地蔵の背  近くの大きなヤマザクラは春日山最大。

奈良市街に近づいてくると気温が上がってきて暑い暑い…、この辺りから喉も乾いて手持ちの飲み物がどんどん減りました。

30若草山の鶯塚古墳の石碑と三角点(342㍍)

生駒の山波がぼんやり。

31 
昔トレランで走ったコースが見えて良く走れたなぁと我ながら感心…(^.^)

33

暑い暑いと言いながら下り、奈良公園で小鹿を見ながら休憩。 鹿も暑さ慣れしてないのかなんだか息苦しそうでした。

34解散後、三人で奈良町を小一時間散策。 手ぬぐいみたり、野山の花の刺繍を見たり…

アレッ?帰って地図見ると奈良町はもっと先でした。 奈良町散策も晩秋に来た時の宿題です(^.^)

***** この日で会った花は少ないけど小さくて可愛らしかったです♪ *****

25_2                    ミズタラビコ

27                  シライトソウ



 

2014年5月28日 (水)

花の里山 鹿華苑

奥明日香古道を歩いた後、鹿路(ロクロ)の集落にある鹿華苑へ案内して頂きました。

51

50

一度行ってみたいと思っていたんです。 嬉しい(^.^) 

個人のお宅の庭園を開放されておられていて、写真の道の奥の方まで素敵な花園が広がっていいました。

52花一杯咲いているオオデマリの木。 凄い数の花がついています。

クリンソウがどこまでも咲いている。 

53
59



54

55


                バイカイカリソウ61

62
クマガイソウは一つだけ咲残ってくれてました。
63

カザグルマはクレマチスの母種で、シーボルトによってヨーロッパに伝えられました。

自生種が少なくなり、国の天然記念物に指定されています。

57

咲きたての初々しい花が一杯。

64

72





66

67


68


夕刻だったので、どの花の色も柔らかく涼しげに見えました。


2014年5月22日 (木)

奥明日香の古道

≪2014年5月18日 晴れ≫

明日香村の南東にある、稲渕・栢森・入谷の三つの大字を「奥明日香」と呼ぶそうです。

山の会の例会で、飛鳥川源流域の「上市古道」と呼ばれる、天武天皇、持統天皇も通られたと云われる、
明日香から吉野へ抜ける街道の一部を歩いてきました。

50

石舞台から少し車を走らせると、稲渕の棚田の風景。

51

大きな案山子が奥にありました。 秋には案山子コンクールがある事でも有名です。

今日は田植えの準備でしょうかたくさんの人が集まっていました。

飛鳥川には綱が掛けられて、例会企画のたらちゃんが、この地域の事や今なお残る古代信仰について説明してくれます。
車でサッと通り過ぎていたら何も気がつかなかったところ。 

5

これは源流に住む男性竜神のシンボルをかたどっていて、栢森の女綱と一対で五穀豊穣・子孫繁栄を祈願しているそうです。 
昔、新しい綱を掛け替えるのが面倒で掛け替えをしなかった事があり、その年に悪病や農作物が不作となり、
それ以後毎年綱掛けが行われて、今も古代信仰が続いているそうです。

もう少し車を走らすと、栢森(かやのもり)の集落。 この集落の奥から山へ入ります。

6

とてもひっそり静かな集落ですが、昔は大きな宿場町として栄えていたそう。

コースは
栢森集落~古道入り口~小峠~三軒茶屋跡~芋峠~668m三角点~竜在峠~城ヶ峰752.5m三角点~
むかしの茶屋跡~冬野~畑~林道~栢森集落

集落には三本の飛鳥川の支流が合流していて、穏やかに澄んだ水が流れています。

1_2

加夜奈留美命神社は、祭神の加夜奈留美命は大穴持命(オオクニノミコトの別名)の娘 下照比売と言われ日本最古の女性神。

52

この神社の狛犬は他と違う狛犬だったらしいがそれを知ったのは帰宅してから… 

棚田の畔が固めらて、水田の準備中。

2_2

集落の奥にもずっと棚田が続きます。

3

古道は昭和20年頃までは明日香から吉野への生活道として人の往来が盛んだったそうで、
今は植林地地帯ですが、当時は広葉樹の自然林で。
明日香の人々が薪を集めにはいり、日々の生活に欠かせない場所だったよう

7

8

ゆっくり登って小峠へ。

小峠辺りも植林地。 昔は向かいの高取山が良く見え、お城の石垣も見えていてそうですが
今は木の間からなんとなく見えるぐらい。

9

一旦林道に降りると、役行者さんの像がありました。 吉野へ山行へ行かれる前に通ったのかな?10

三軒茶屋跡には飛鳥時代に持統天皇が幸された様子を再現した時の写真。
天皇は31回吉野へ行幸されたそうです。

11

この辺りの茶屋は吉野と明日香の柏森をつなぐ道はこの道しかなかったので繁盛していようでした。

12

たくさんの木の宿った杉の木には古の人々も大きな森の力を感じて石仏か祀られている。

芋ヶ峠宮地。 麒麟獅子が木の根元にあり、獣が居ると思ってどっきり。

20

芋峠から吉野へと続きますが、私達は竜在峠から冬野、栢森へと周回コースです。

竜在峠。 

13

すぐ側の三角点ピークハントはなかなか見つからず(^.^)

峠の茶屋跡で昼食休憩。 

14

ここまでゆっくり歩いて結構時間が掛かりました。
山を降りてから、もうひとつのお楽しみが予定に組まれているので、冬野まではちょっと急ぎ足で歩きます。

山深い道から飛び出でてきた私には、冬野の集落は明るく桃源郷の様。

畑集落まで来ると、吉野方面の山波や金剛山も見え、当時は山深い集落だったはずなのに親王墓があります。 

15

16

畑の集落から地図にはトレイルが書き込まれていたのですが、移動に便利な道路や車ができて人が通らなくなり
草木に覆われて消えているようで見つかりません。

Tmp_imgresize1                 やっぱり最後はヤブコキ有りの例会ね

GPSを頼りにしばらく笹藪をかき分けて探すと、良く踏まれている道が現れ、柏森への林道へと出る事が出来、
無事駐屯地へもどることが出来ました。

飛鳥時代の持統天皇がどの様な想いで何度もこの道を通ったのか、いにしえの人々の様子に思いを馳せなから
明日香の奥深い山道を歩いてきました。

****奥明日香で出会った花達****

30                 マルバウツギ

31_2                 ガクウツギ

32                  クサノオウ

33                    フタリシズカ

34           ホウチャクソウ

35            ヤブデマリ

36

                 ホウの花近くで見れました~♪

2013年6月20日 (木)

初夏の大台ヶ原

51
           東大台の木道を見上げると、花や葉が眩しく輝シロヤシオのトンネル

50

               赤い色がほんのり入った花が咲く木もあるんです。

55                 涼しいシロヤシオの木陰で、コーヒータイム

53                   アケボノツツジとシロヤシオ

65_2                    コアブラツツジ

          見過ごしてしまいそうな花達が、ひっそり愛らしくさいていました。

66  
                    ヒメヤマスミレ

54                 ツクシシャクナゲはこの花だけが咲残っていました

69                     クルマバソウ 
67                         イワセントウソウ

27  
                     セイタカスギゴケ

71
64                     オオミネテンナンショウ(?)

60_2                     ホロテンナンショウ(?)

84                     ムロウテンナンショウ(?)

テンナンショウは種類が多くて、同定に自信がありません。


58                         ツクバネソウ

70_2                    ギンリョウソウ

56
           バケイソウは沢沿いや開拓後などいたるところでの大群生

82            こな花は何?



52_3                大蛇嵓の展望台周辺は、カマツカが辺り一面に満開


24
フーフーと岩がゴロゴロした急な登りを登りきると、ヤマツツジの大きな木が目に鮮やかに飛び込んできました。

周辺は下草が無く日があまり当らない様子でしたが、この辺りだけ日が差す場所なのでしょう。。

70                西大台の入り口に咲いていたサラサドウダンツツジ

68
大台の駐車場には、麓ではもう終わりのスミレが沢山咲いていました。 ほんの少しだけ時期がはやかったらい、ワチガイソウが咲いていたそうです。

80                    ヤマキマダラヒカゲ

61              オオセンチコガネという、美しいコガネムシ。  
        森の糞を食べる森の掃除屋さん。 フンコロガシノの仲間だそうです。 

83               珍しい鳥を見れたと思いましたが、帰って調べたらトンビみたい

81
         そして、鹿たち。 細い首に付けている発信機が重そうでした。



                

2013年6月17日 (月)

大台ケ原 西大台

2013/6/9 cloud      

大台ヶ原2日目は西大台です。

山荘の朝食前に、苔探勝路を散策しました。

ミソザサイ、コマドリ、ウグイスなどの小鳥の朝のさえずりが美しく、一周15分程度だというコースを
耳を澄ましながらゆっくり歩いてきました。

雨が降っていないので、苔が乾燥気味で痛々しく思えてしまいます。

35

33

朝食後直ぐに出発。

朝8時前に反時計回りに歩くのは、私達だけ。 静かな西大台を独占して歩いてきました。

34


ブナやオオイタヤメイゲツの実生(種から出た芽) 

沢山の実を落とすのに、無事芽吹く事が出来るのはほんの僅か…

12
15

14

エゾハルゼミの抜け殻がひとつの木に沢山くっついていました。

13_2

17

16
雨が少なく乾燥気味の苔が痛々しいのですが、監視員の方に尋ねると、雨が降ると直ぐにコケはみずみずしく回復するそうです。

18
コースの中間辺りになる、開拓後。

明治時代に何度か開拓を試みられたそうですが、作物を何種類か育てたものの、わずかな大根しか実らなかったそうです。

19

当時木々を伐採し、開墾されて広々としていたでしょうが、100年近くの歳月が経ち、今は再び森林に戻ってきています。

20
大蛇嵓が正面に見える展望台へ向かう途中には、面白い形のミズナラの木。

22

24_2_2

23

トウヒ シロヤシオ群落の明るい東大台と違い、、西大台はウラジロモミやブナ、ミズナラの巨木が多く、
静寂で原生的な雰囲気の深い森でした。

西大台は雨や霧が似合う森かもしれません。 

雨の時や紅葉の時も歩いてみたいと思いました。

2013年6月14日 (金)

大台ヶ原  東大台

  2013/6/8 sun   大台ヶ原を歩いてきました

二十歳前から行きたい行きたいと思いつつ、やっといく事が出来たんです~wink

東大台への森では、蛙とエゾハルゼミがうるさいぐらい鳴き、鳥も沢山鳴いているようですがほとんど聞き取れないぐらい。

5_2       

森を抜けると、 真夏の様な青空。

今年は例年より早く梅雨入り宣言が出たものの、空梅雨で心配なぐらい良い天気が続いています。

3

1

2

南方面は気圧の谷が近い為、近くに見えるはずの熊野灘は見る事が出来ませんでした。

4

シロヤシオが沢山咲いていますが、それでも今年は花のつきは少ないそうで、雨が少ないので花や葉が縮んでしまっているのもありました。

11
                 トウヒの群落の中に大きく成長したオオイタヤメイゲツの木

ミヤコザサが勢力を広げていて、昔写真で見たトウヒの木と苔の森の姿はありません。 

何処の山もササの分布が広がるのはあまり良くない事のようです…

トウヒの幼木も見れなかったので、これからもどんどん様子が変わって行くのかもしれません。

31

9

6_2

大蛇嵓は高い所が怖い私は、人も多かったので先端まで行けず… 帰ってから後悔、次回は必ず!!

7
32
森の中を鳥のさえずりを楽しみながら戻り、翌日は西大台に入るので夕方のレクチャーを受け、宿泊の山荘へ。

8

この時期は宿泊者も少なく、相部屋は私たち三人以外におひとりだけ。 

食事は美味しいし、ビールも美味しい! おふろもゆったり、テレビも貸切、ゆっくり過ごせました。

2013年2月15日 (金)

リハビリ登山は三峰山へ

2013年2月10日 晴れ時々曇り

今シーズン、やっとこさと雪山へ行くことが出来ましたsweat01

宍粟の山へ行けばフカフカ雪遊びが出来るのは判っていましたが、
私は秋から叔母に掛かりっきりでしたので、近場でハイキング程度しかしてませんし、
主人もやっと膝の痛みが治まってきたところ…

トレーニング不足の二人が行くのは、お手軽な三峰山が良いだろうと、
樹氷と昨年見る事が出来なかった山頂からの展望を楽しみに登ってきました。

3

コースは、
みつえ青少年旅行村から不動滝ルートから山頂に登り、八丁平~新道ルート~みつえ青少年旅行村へ。 

九十九折れの植林地地帯を汗をかきかき登ると山小屋へ到着。 
昨年はもうこの小屋辺りから樹氷が素晴らしかったのですが、今年はなかなか現れてくれません。

4

やっと大日如来碑のあたりでうっすら樹氷現れてきましよ! 良かったhappy01

6_4

積雪は少なめ、雪は踏み固まっていますが、滑る事も無く、アイゼン装着しなくて大丈夫。

5
わ~~、陽が差してきた!!

御岳ビューポイントからは残念ながら見ることは出来ませんでしたが、倶留尊山など室生火山群の山々がはっきり見えました。
7
平倉峰方面は雪がたっぷり積もりフカフカ。 風が当らない場所で早い昼食タイムにします。

8

9_2
穏やかそうに見える写真ですが、上空は結構風が強く、手袋を脱ぐとあっという間に指がかじかんで痛くなります。

昨年の素晴らしい樹氷を思い出しながら八丁平へ向かうと、雪は風で飛ばされ笹原がむき出しでした。

台高山脈に光りのベールが神秘的

10

山頂下のコース分岐点に来ると、樹氷バスで山に入ってきた人が沢山登ってきましたので、
当初は予定していなかった新道ルートを使って下山。(早く降りて、寺観光するつもりでした)

なだらかな尾根道で距離は長いですが、とても自然林が美しいルート。

時折小走りしたりしながら楽しく降りてきましたよ。(一度滑って転んだけど…)

11

1

最後の林道はちょっと退屈だったけど、ポカポカ小春日和  

2_7

樹氷祭りのおでんを食べて、安くて美味しいお漬物や地元の産物を沢山買って家路につきました。

運動不足でしたので、翌日からは久々の筋肉痛で足がロボット状態になりました…happy02

2012年11月14日 (水)

大峰 弥山、八経ヶ岳 狼平でテント泊

時々、ミクシィで見かけるちょっと気に方が山行き企画を出しているのを知り、
厚かましくお願いして山行きに参加させていただきました。

メンバーは、ラントレ関西に所属する、トレイルランナーが集まった健脚の方々…

皆さんのスピードをダウンさせてしまいましたが、なんとか踏ん張って、
登りをヒーヒー、ハーハー云いながら登ってきました。

朝6時、夜明け前の道の駅 黒滝で集合。

車をミタライ渓谷へ走らせ、熊渡へ。
駐車スペースが狭いので、ここに車を止めれるかが本日一番気がかりなところでしたが、
なんとかギリギリセーフで駐車出来る事が出来ました。

紅葉が最盛期。

1
一度は見たかったミタライ渓谷の紅葉を垣間見る事が出来ましたconfident

2_4

熊度からしばし林道歩き。 朝日が斜面にあたり、紅葉が鮮やか。

3_4

長い植林地道を抜けると、ブナやシャラの木の森へ飛び出しました。

4_2

5_3

落ち葉が積もってフカフカ

7_2
ナメリ坂辺りのブナは葉がすでに落ちていましたが、広く緩やかで美しいところです。

やがて、苔むした針葉樹の森へと変わり、木の香りが辺り一面漂っています。
登りは緩やかになり、深呼吸しながら歩きました。

9_2
高崎横手を緩やかに下ると、弥山川源流の狼平へ到着です。

8_3
まずは夜の宴会用に避難小屋の場所を確保。 

40

そして就寝用にテントを張った後、弥山・八経ヶ岳へ。

10
八経の北斜面には樹氷らしきもの!!


35_2
弥山山頂の天川弁財天奥社へ参拝。 奥社の裏手には樹氷です。

30

12

16

15_2
コケが紅葉していて、目に鮮やか。

樹氷、トウヒ・シラベの森の向こうに行者還岳や大峰奥駆道の山波

13

14

木が沢山枯れていて驚きますがこれは、山の一部分だけまとまって樹木が枯れている現象で、
その一帯が縞模様のように見えることから縞枯れと呼ばれています。
枯れる原因は、吹き上げる風が風衝面を枯らすからだともいわれていますが、はっきりとはわかっていません。
縞枯れ部分の林床にはシラベの稚樹が大量に発生するため、縞枯れはシラベ林の更新に大きく影響していると考えられているそうです。

八経ヶ岳へ登る途中に見えた素晴らし山波。 

17

31


弥山小屋があんなに小さいよ。

18

テントに戻り、夜はのりねぇさんが用意して下さった、キムチ鍋と各自担ぎあげたお酒で宴会で大盛り上がり。

テントでもどりしばらくすると、風が吹いて木がざわざわとなっていましたが、私は耳栓をして快適にお休みsleepy

下山は、強い風と雨の中でしがた、雨量があまり多くなかったので助かりました。

20
最後の辛いはずの林道歩きも、目に鮮やかな紅葉のおかげで楽しい!

34

予定指定時間よりもかなり早く下山でき、本当に素晴らしい秋の大峰のテント泊でした。

33

2012年8月28日 (火)

大峰 神童子谷

8月最後の日曜日は大峰山系 神童子谷の沢歩きです。

23

林道から谷へ降下する時に見えた大峰ブルーの沢。

心がワクワク踊ります!!

51

が、川に降りたら流石は雨の多い大峰山系の川。 

岩は年数を掛けて濁流に削られてツルツル。 そして苔も張り付いた所もあり油断するとツルリンと滑ります。

滑って転ばない様に慎重に足を置く場所を定めて歩かなくてはなりません。

歩き始めて直ぐに水深があり、滑りやすい岩肌の場所。 ザイルで確保してもらいます。

22

45
カエルが岩で日向ぼっこ。

 
35

浅瀬にはオタマジャクシがたくさんいて、踏まない様に気をつなくては!

水の中を写してみましたよ。

47

大きな倒木を潜り抜けて進んだり…

24

21_2

やがて、この谷の名所のひとつ、「へっついさん」と言われる所へ。

25

冷たい水の中を、胸の辺りまで浸かって進みました。 キャ~~冷たいhappy02

滑り台の様なツルツル岩を登ります。  帰りはここは滑って通過note

6603672_1753384243_220large1

ここでもロープを出してもらい、足の裏全体を使って登る様に教えてもらい、後ろから支えてもらいながらもクリアーしました。 

そして赤鍋滝 

釜のブルーの水の色がとっても綺麗!

27

しかし、とても滑りやすい右側を登らなくてはなりません。

再びザイルをだしてもらい、緊張しながら私もなんとか登りましたsweat01 

46

6603672_1753363551_103large1_3

帰りは同じところを降渓するので、ここを降りなくてはならないのですwobbly

37

リーダさんは下りはポチャンと、はまって泳げばよいと笑っていうのですが…

ま、今は帰りの事は思う事は止めましょう!

難所を越えたらすぐ上にまた難所!!

P8260085a
水深があり足が届きません。

冷た~~いと叫びながらザイルを頼りに渡り、なんとかここも滑らず登れ、大きな難所はこれで終わりということでほっと一安心。

43
しばらく、穏やかな淵が続くきます。  でも滑らない様に用心用心。

30

32
そして、とても美しい釜滝が姿を現しました。

48
上流からの二つの川がここで合流しているとのことです。

34
数名が泳ぎましたが、あまりの水の冷たさで長くは入れなかったよう。

ここで沢登りは時間切れ。 

お昼は釜滝から少し戻り、明るい河原で冷そうめんの予定を変更して、かま揚げそうめん。
皆の持ち寄った具材と共に美味しく頂き、冷えた体が温まりました。

さて、ご飯を食べた後は初めての沢下り…  登りに苦労したところは大丈夫だろうか…

ザイルをだしてもらい、確保してもらい、色々アドバイスをもらいながら降渓。

滑ったりもしましたが、大きな難所ふたつはなんとか下り終える事が出来たのです。

38

39

無事「へっついさん」まで到着して、冷たい水につかりながら皆笑顔でポーズ。
50

初級の沢と聞いていましたが、私には随分ランクが上の沢でしたが、リーダーさんは今日は「のんびりまったりの沢歩き」と
ずっと言っておられましたwink

私は自信をもって広い視野で登ったり下ったり出来るように、岩のトレーニングしなければならないなぁと、密かに思ったのでした。

難所で確保して下さり、指導して下さった皆様、本当に有難うございました。 

そして、美味しいおそうめんご馳走様でしたnote

(2012/08/26)

2012年3月13日 (火)

西吉野、山歩き

たらちゃんの案内で、西吉野の里山を歩いてきました。

2

コースは黒木集落から、栃ヶ山~櫃ヶ岳~やすらぎ村キャンプ場です。

3

眺望の良い場所では、大峰山系がとてもよく見えました。

4
        栃ヶ山山頂より

5

6_3
      櫃ヶ岳山頂手前より

7
      あの山に登りたいコール…happy01

8_2
みかんさん特製、具沢山のワンタンスープでゆっくりランチ

下りは、林道は歩かず尾根道でショートカットです。

一応、道はありましたが、あまり歩く人も無いようで荒れて来ている様でした。
私は滑ってお尻が黒くなりましたが、林道を下るよりも楽しく、時間も短縮出来たようです。

9_2

     静かな里の風景  春爛漫の風景はどんなのかしら?

10_2
 

      春の恵みを探しながら、車まで。

1_2

                  可愛いふきのとうがお土産

午前中良いお天気でしたが、ちょうど下山した頃からお天気が急に変わり雨がポツポツふりだしましたが、
今日のもう一つのお楽しみの津越の集落の福寿草を見に行きます

津越着くと、運よく雨がやんでいました。 

12_2

津越の福寿草は元気いっぱいに、お日様に向かって伸びています。

14

13_3

2_4


のんびりとした楽しいお山歩きの一日でした。

これから、春のお花探しの山歩きも楽しみになります。 ご同行下さった皆様ありがとうございました。

より以前の記事一覧

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ