鈴鹿の山

2014年4月15日 (火)

亀山の三椏の森と町観光

(2014/04/06 )

三重県津にお住まいの、たいしょうさん、ナルさんが花好きの私の為に、
ミツマタの森から野登山(ののぼりやま)への山行きを計画して下さりました。

1

不安定な天気予報のこの日、新名神から見えた鎌ヶ岳、御在所には樹氷。 
御在所の東側に出ると強い風と雨…

津でも予報より早く雨が降り出したようで、お山はどうなるか思いましたが、登山口に着いたらお天気が何とか持ちそうです。

2

亀山の北部、安坂山町坂本という標高200㍍の処に登山口があり、棚田の美しい集落です。

坂本の棚田は戦国時代に開墾されたといわれ、法面が石積み。 日本の棚田百選に選ばれているそうです。

駐車場から棚田を抜け、細い林道を3~40分歩くとミツマタの森に到着します。

3

林道からはタムシバの花が咲いているのが見え、遠く仙ヶ岳の中腹には鈴鹿で最大の落差100㍍の仙ヶ滝が見えます。

8

群落地まで小雨模様でしたのに、森に着くと差し込んきた木漏れ日がとっても綺麗。 
光に輝くミツマタの花を夢中で写真を撮りました。

5

74_3

9

50

ミツマタの花群落はちょうど満開の時。 
杉林の奥へ奥へと続き、丸い毬の様な花がポンポン、フワウワと幻想的に浮かんでいて、時が経つのを忘れてしまいました。

ミツマタ群落で沢山の時間を取って頂いた後は、お天気が持ちそうですので山頂へ向けて登ります。

群落を抜けると林道は終わり、細尾根へと変わり急勾配。
息子の引っ越し準備でトレーニング不足で足が重い私に合わせゆっくり登って下さいます。

仙鶏尾根に出ると強い風が吹き付け、雪もうっすら積もっていましが、鞍部の森に入ると風は当らず静か。 

鞍部を超え山の斜面をよじ登り車道へ飛び出たら、再び冷たい風が再びビュンビュン吹き、
雪と樹氷のかけらが顔に当り、あまりの痛さに大笑い。

10

11

場所が少し変わると、あの冷たい風が嘘の様な静けさです。

野登山の山頂付近にはブナの巨木、神社への参道には樹齢数百年の大杉も有る様ですが、
尾根は強風が吹きぬけるので、今回は野登寺の鳥居までとして下山となりました。

12

13

14

石門前の境内から、鈴鹿の山と伊勢湾がのぞめます。

16

下り道は神社への表参道。 小さな沢を渡るとき、小さなシロヤマネコノメソウをひとつだけ見つけました。 

18

降りてくると、どうやら雨の心配はもうなさそう。 風はとっても冷たいけど、日ざしは暖か。

お昼御飯には、亀山B級グルメの味噌焼きうどん「亀八食堂」へ連れて行って下さいました。

52

お二人のお勧め、生ホルモンとミノの味噌焼きうどん。 

キャベツ、もやしの上にお肉と味付きの味噌がド~ンと乗せられたのを、ナルさんはお料理上手でお味噌を焦がすことなく美味しく焼き上てくれました。

新鮮な生ホルモンとミノは美味しさは、超一級です!

食後は東海道47番目の宿場町の関宿めぐり。

19

20

往時の街並みが色濃く残っている宿場町の街並みの風景は主人も私も感動。 

東海道で唯一歴史的な街並みが残っている処で、国の重要伝統建築物群保存地区に選定されているそうです。

東西の追分までの距離は1.8㌔もあり、江戸時代から明治にかけての町屋が200件あまり残っているそうです。

町屋の二階部分の土壁、格子戸、漆喰彫刻、ベンガラ塗りの建物などがそれぞれ個性的で目を引きます。

51

「関の戸」と書かれた看板の和菓子屋さんの店内へ入ってみると、奥に京都の御所へ献上する時に使れた螺鈿で細工されている漆塗りの菓子器が展示されています。
「関の戸」と云うお菓子は、寛永年間より370年作り続けられているそうで、こし餡を求肥餅で包み、和三盆をまぶしたもので、ほんのりとした甘み上品な和菓子。 私はお土産に買う事にしました。

26_2

27

今まで山への通過地点で足早に通り過ぎるだけの亀山でしたが、山、街の満開の桜、美味しい食事、
伝統と現代の人々の暮らしが調和する心地良い関の街並みを楽しめた、贅沢な春の日を過ごすことが出来ました。

三重は高速が出来るまでは、関西からは遠く思えてあまり行った事が有りませんでしたが、
古い街道や良い町並みが沢残っていそうですので、車や電車であちらこちら巡れたらと思います。

2013年3月28日 (木)

藤原岳 孫太尾根

2013.3.24(晴れ)

藤原岳山頂から南東に長く伸びる孫太尾根を歩いてきました。

11

登山口のある麓の集落は伊勢茶の栽培地。 梅の花が満開。

1

2
取り付きからしばらく歩くと、薄暗い林の登山道の真ん中に
コショウの木が、ヒョロリと一本.。
花を咲かせて、優しい上品な香りがします。

もっと沢山の花を見る事が出来るかと思って期待しましたが、
この日に見れたのはこの一本だけ。

植林地を抜け丸山の尾根道に出ると景色が開け、
まずはタチツボスミレがお出迎え。

25

石灰岩のザレた所を登ったり、こんもりとした常緑樹のなだらかなトンネルを抜けたり、変化があります。 

8_3

40

ザレ場には、沢山の春の花が咲き、林床にはフタバアオイやカタクリの葉がたくさんあり、
踏んでしまわない様に気を付けながら歩きました。

9
藤原岳からの縦走路が谷を挟んで望め、展望が素晴らしい!

5_2

昨年の行けなかった竜ヶ岳の遠足尾根も谷を挟んで見えます。 この尾根も長いなぁ。

10

P834の草木辺りは沢山の花が咲き、リーダーさんは花好きの私たちの為に撮影タイム付きの大休止を
往復とも取ってくださりました。

ピークを下りきり鞍部にでると、つい先ほどまで沢山咲いていたお花はもう見当りません。

代わりにシロモジの木のトンネル。

13

見上げると、沢山の花芽が付いていました。 

14


伸びやかに枝を伸ばした、ブナの木も現れてきました。

30
オオイタヤメイゲツも現れ、雪の重みで変形した変わった形の木も見れます。

31_3

35_2
大変急な斜面を木々につかまりながらフーフーと登りきると、孫太郎尾根と縦走路の出会いに到着。 
今日はここまでの予定でピストンします。

32_3
藤原岳の展望所に沢山の人がいるのが見えましたが、ここまで降りてくる人は誰もおらず、私たちの独占状態。 
静かな山歩きを楽しめました。

33_4
ここでも、冬を越したヒオドシチョウが元気に飛び回っては
羽根休め。




16

長い尾根歩きでしたが、途中でゆっくり休息を取りながら歩いたので、早春のお山をのんびり堪能できた贅沢な一日でした。

ご案内して下さった、リーダーさん有難うございました。

2012年4月15日 (日)

御池岳~藤原岳縦走

御池岳から、藤原岳へと縦走してきました。

コースは、鞍掛峠~鈴北岳~日本庭園~池ノ平~御池岳~カタクリ峠~白船峠~頭陀ヶ平~藤原山荘
~大貝戸道下山口

去年、福寿草を求めて国道306号線ゲートが開く前に鈴北岳へ登りましたが、天気はまずまず良かったのしたが、雪が前日に降り樹氷で真っ白でした。

1

この日は、残雪残る早春の山姿。

期待したお花は、鞍掛峠の辺りに、カタバミが僅かに咲く程度。

2


3
霊仙山、伊吹山が見え、その向こうには、真っ白な白山。


4

御嶽山、乗鞍、中央アルプスも見えます。

5

幸運な展望に見とれてしまいますが、 まだまだ先は長い。

神戸、出発が7時でゆっくりでしたので、鈴北岳で10時40分。

この日の山行きは少々急いで歩かなくてはなりませんでした。

 

6
ドリーネと呼ばれる、 カルスト地形で雨なので石灰岩が浸食されて、擂鉢(すりばち)状の窪地の日本庭園など、
小さな起伏が繰り返されるところが延々と続きます。

御池岳からカタクリ峠の下りは、残雪が多い。

8
この日の私は体調が良くないのか、直ぐに息が上がって足が重く皆さんについて歩くのがやっとこさ、
初めての苦しい山歩きでした。

9
藤原岳が見えてきたけど、未だ登りが続くbearing


12
二度、方向を間違え登り返えしたりして、藤原山荘へ到着できました。

今日は、お花は見れないかと思って諦めていたのですが、山荘前は可愛い福寿草とアマナが咲いていました。

14

藤原岳の福寿草は、小さくて可愛らしい。

山荘到着、2時30分。 下山の下り時間が長いので、藤原岳山頂は諦め下山です。

山頂は踏めず残念でしたが、下山道には福寿草が、山頂から8合目まで斜面のいたる所に咲き、最高の見ごろでした。

13

バケイソウの若芽も、沢山。

10

15

          
今年は春の訪れが遅く、お花には沢山出会えなかったのですが、再び去年の思い出の場所に行くことができ、
そして苦しい山行きでしたが、幸せな一日となりました。

ご同行下さった皆さま、有難うございました。

2011年11月13日 (日)

美しい峠道  鈴鹿・千種街道からイブネへ

1

久しぶりに週末はお天気に恵まれ、やっと、秋の山に登りに行けますheart04

この日は鈴鹿の山。 
甲津畑の集落の林道終点から伊勢と近江を結ぶ千種街道の杉峠を経てイブネ~クラシへ登る、たいしょうさん、ナルさん企画の山登りの予定です。

まずは、林道をしばらく歩きます。 
植林地や自然林が交互に続きますが川のほうはカエデの大木。

2

少し色づいています。 徐々に高度があがると紅葉が美しそう。 

ゆっくりのんびり歩きたいところですが、この日は山を走れるラントレ関西の若い子達と登るので、みんな足が早い上、往復が20㌔ほどあるので、私もあまり皆さんを待たさないようセッセと登らなければならないのです。 ファイト!

3_2

4

落ち葉に埋もれた明るい林道

桜地蔵を過ぎ、流れを渡ると山道に変わります。

5
と思ったら、石灰岩にびっしり苔が張った神秘的な場所。

6

7_2

8_5

大戦後まで鉱山が有ったそうで、石積みがあり平に成らされた場があり、沢山の住まいがあった様子がわかります。

9

深いしわを刻む、大きなイヌシデの老木。

11_3

19_3

10_4

約350目㍍にわたって続く、素晴らしい古木並木。 

見とれて足が進まなくって、皆さんを待たせてしまいましたsweat01

この木からひと頑張り登ると、杉峠。

12


御在所岳が見えてきました。

イブネまであとすこし、頑張って登りましょう!

13

山上は優しくなだらかで、植生が変わり、足元はフカフカ。 

16


ブナ、オオイタヤメイゲツは葉を全て落として、冬支度。 

日が陰ってきました。

14


御在所と、早春に登った鎌ヶ岳の山頂を見ながらお昼ご飯を頂きます。

食後は、山頂でのんびりする人やクラシ方面走って行く人。

私は向こうに広がる景色を見たくて、クラシ方面へ走ったり歩いたり。

15
ぼんやり霞んでいましたが、伊勢湾が望め、また御在所を望む景色も一味違います。

17_3

冬型に天気が変わるという事で、だんだん雲が厚くなってきました。

18_2_2


紅葉を名残惜しく思いながら、山を下ります。

20
日が陰り、朝と違いしっとりと深い森の様子。

21

クヌギの枯れ木に、キノコ発見。 
クリタケらしく、最近キノコや菌類に興味を持っているナルちゃんがお持ち帰りして、調べて、尋ねてから、食したそうです。

皆さんと林道でお別れを私たちは、四日市から高速へ向かいます。

お土産に、いつものように酒蔵はないかしらと車から見ていると、杉玉を飾ったお店を発見。

Uターンをして、お店に入ると、そこはワイナリー。

気前のよいワイナリーで、ワインの試飲を進められ、そして美味しいイタリアンのおつまみのサービスあり。

22

運転手さんには、リンゴジュースcoldsweats01

そして、ブドウ酵母で作った沢山のパンも試食のし放題。

空いていたお腹も落ち着き、ワインがちょうどよい感じで、家までウトウトとしながら帰ってしまいました。

今回はワインとワインビネガーがお土産です。

たしょうさん♡ナルさん 極上のトレイルを案内して下さってありがとうございましたheart04

2011年4月27日 (水)

鈴鹿の山 鎌ヶ岳へお花探し

4月24日(日)

鈴鹿の山の鎌ヶ岳へお花を探しながら登ってきました。

1

谷を登り、尾根道を下るコースです。

20

まだ鈴鹿の谷はやっと芽吹きだしたばかり。 早春の姿。

前日の雨で谷の水の水量が心配されましたが、水の量はあまり多く無く一安心。

大きな岩がゴロゴロする谷を花を探しながらの登山です。

3_2

ショウジョウバカマがあちらこちらに沢山咲き、澄んだ美しい水が流れる川を何度も渡り返してゆきます。

9 

  そして、沢山の花が出迎えてくれました。

2

4

先頭から「あった~~!」と嬉しそうな声。

今日の大本命のイワザクラとも、無事御対面!! 
 
今年は寒いので出会えないかと心配しましたが、なんと一番美しい姿に出会えたようでした。

8_2

頭上の岩の割れ目に可憐に咲いたので、私も岩をよじ登って大接近しましたよ!

30

7

11

Imgp53321

岩が多く、四つん這いになって体を引き上げるように登ったりして山頂につきました。

18

13

14

鎌ヶ岳は人気の山の様で、山頂には人でいっぱい。 あまりゆっくりできません。

下りは、尾根道コース。 

細尾根ですが、御在所岳を望みながら、足元には沢山のバイカオウレン、
頭上にはアカヤオシロやタムシバ。

15      

      バイカオウレン

16      

  アカヤオシロと御在所岳  連休は赤く彩られた尾根道でしょう…

22

お天気が急変して、雨が降るかと思っていたらなんと雹が降り、そして最後は雨の中を下る事になりましたが、
怪我も無く賑やかに楽しい大満足の一日でした。

ご同行下さった皆さん、本当にありがとうございました。

25

2011年3月29日 (火)

樹氷の花咲く、 憧れの御池岳

2011年3月27日

残雪の間から可憐に咲く福寿草を見ましょうと、鈴鹿の御池岳へこはるさんに誘っていただき,
maririnさんと三人で登ってきました。

ところが寒波の来襲で、素敵な樹氷の花咲く冬山景色。

今年は山の春はまだしばらく先のことのようです。

冬季は滋賀から三重へ山間を抜ける国道306号線の鞍掛トンネル前のゲートが閉ざされており、
関西で人気の御池岳は登山者が少ない静かな時だそうです。

ゲートの手前で車を止め、高圧線巡視道から取り付き尾根道を伝い、まず鈴北岳を目指します。

登山口から雪が積もり、踏んだ雪がギュキュッと鳴るsnow

植林地帯の急こう配を登って行くと、やがて自然林帯へ出ました。

1

木の間を縫うように登っていきます。

だんだん高度が上がっていくと、左手に白く輝いた向こうの山が樹木の間から視界に入って来ました。

2 

樹氷だ!! 早く見晴らしの良い所に出たい~! 

3

樹林帯を抜け登山道に合流

4

藤原岳、三重県側の平野が見える。

5  

右手に見えるピークが鈴北岳 

6

御池岳が見えてきました。 

麓は晴れているようですが、山の稜線から見える風景は無彩色の世界。
気温は低く、樹氷の花が一面に咲いています。

この辺りはイタヤメイゲツの純林地帯が広がり、黒っぽい木肌と霧氷の白のコントラストがすばらしい。

気温が低く今まで積もった雪は固く閉まり、その上にフカフカの雪が積もっているので
足が沈み込むことなくサクサク歩けます。

7

鈴北岳の山頂まであと少し。

8

青空も時々覗き出します。  雲の流れが速い。

山頂近くから少し下った場所に、福寿草の群生があるというので行ってみましたが、
雪が50センチほど積もっているので掘って探すわけにもいかず諦めて、再び鈴北岳に
登り返して御池岳へ向かいます。

福寿草の開花には、あと二週間ぐらい掛りそう。 
去年は三月半ばに見れたそうで、今年は雪が多いので2週間遅らせて訪れたのですが、
まだまだ山の春はやって来ない。

9

お昼過ぎなのに、樹氷はしっかり付いています。
それだけ気温が低いのですが、日差しが良くなり風が吹くと、パラパラと落ちてきて頬に当たります。

御池岳までは穏やかな谷が続き、道を良く知った人との同行でなかったら迷ってしまうそうで、
ガスが掛ると方向を見失ってしまいます。

11

10

1_2

青い空と無彩色の景色。 日差しにが当たって樹氷が白く輝く。

素晴らしい美しい景色が続き、沢山写真を撮りました。

12

鈴鹿山脈最高峰、御池岳山頂

13

展望の良いと云うボタンブチへ。 

鈴鹿の主の様なおじさんが先におられ、山座を教えてもらいました。 

14
              御在所方面の山並み

           秋に登った綿向山も見えます。 

  ボタンブチの足元は谷へドンと落ちておそるおそる覗く私…

17      

     16

再び鈴北岳に戻ると、さっきの鈴鹿の主の様なおじさんがもう戻っていて、もう一人の方とお茶をしていました。

いつまでもこの景色にどっぷりと浸っていたいのですが下山。

15_2

霊仙山と朝は雲をかぶっていた伊吹山を見ながら下ります。

実は朝登った雪の急勾配を下るかと思ったら少し不安だったのですが、スキーの急斜面を滑り下りる要領で
ストックワークをしてみたら、不安なく下りる事が出来ました。

 

福寿草を訪ねて登ったはずの鈴北岳から御池岳でしたが、寒波の来襲で思わぬ美しい景色に出会え、
感動の一日となりました。

福寿草はまたいつかリベンジ。 
そして、春の花の種類が多く咲くこの山にまた訪れたいと思います。

こはるさん、maririnさん楽しい山歩きご案内下さり有難うございました。 

2010年11月18日 (木)

初めての鈴鹿の山 綿向山へ

山の紅葉の美しい10月、11月ですが、日曜日は家庭の用事が次から次とありなかなか遠方の山へ行くことができません。

14日の日曜日にやっと出かけることができ、今年は紅葉の始まりが遅かったので、なんとかブナの紅葉に間に合いました~!!

Imgp2937_b

     左から、竜王山、綿向山、水無山

標高1,110mの綿向山(わたむきやま)から、竜王山を縦走してきました。

鈴鹿山系の山で最も滋賀県側の峰々です。

登山口の駐車場あたりも木々の色づきが美しく、ブナの木に葉がまだ残っているか、ちょっと心配…

沢沿いの林道をしばらく歩き、ヒミズ谷出合小屋から表参道コースを登ります。

ジグザグの植林帯を何度も何度も折り返して登ると、三合目で林道に出ました。

Imgp2774_b

ここから少し登るとアザミ小屋。

Imgp

この登山道には三つの小屋があり、この小屋は以前植林作業小屋だったのを改修して登山の休息小屋としてあるそうです。

再び、ジグザグの植林地帯を登ります。

Imgp2778_b

単調な植林地帯が長く続いて少々うんざり。 水無山北尾根コースを登ればと後悔…

早くこの地帯を抜けたくて歩くスピードも上がり、汗びっしょりですsweat01

五合目の小屋でやっと明るい明るい斜面が見え、まだしばらく植林地は続きましたが、自然林も混じるようになり
やっと紅葉を楽しみながら登ることができました。

6合目半ごろからやっとお目当てのブナの木が~heart04

Imgp2791_b

高い木の葉はほとんど落ちてしまっていましたが、地面に沢山積もった落ち葉や黄色い葉がとても美しく、
優しい景色がひろがっていました。

Imgp2794_b

Imgp2796_b

優しい色合いが広がり、とても美しい登山道です。

Imgp2819_b

展望が開け、黄砂で霞んだ水無山が見えます。

綿向山山頂からの展望はとても素晴らしく、鈴鹿山脈の山々の大パノラマ。

この日は黄砂で霞んで見えますが、晴れていると伊勢湾、北アルプス穂高岳、木曽御嶽山、恵那山も見えるそうです。

Imgp2829_b

     山頂から東方向に見える、左・雨乞山、右奥・鎌ケ岳

Imgp2832_b

      伊勢湾方面  黄砂が残念だな~。

山頂で昼食後、竜王山へ向かいます。

Imgp2840_b

Imgp2843_b

走りたくなる見渡しの良い笹道。 展望も最高~note

 

Imgp2850_b

Imgp_2

笹道をずっと行きたい気分でしたが、雨乞山と竜王山への分岐です。

竜王山へは急な下り坂で、トラロープを頼りながら滑らないように注意しながら降りて行きます。

Imgp2851_b 途中真っ赤なトウダンツツジの葉、足元にはピカピカと輝くイワカガミの葉。
そして、シャクナゲのトンネルも… 蕾が沢山付いていて、春は花がとても美しい道の様子。

とても奇麗な樹林帯にまた入り、あたり一面黄色い世界です。

踏み跡を逸れると、落ち葉でフカフカ。

Imgp_b

カエデ科の木でしょうか? 

Imgp2872_b   

黄色ばかりだと、赤く色づいた葉が恋しく探してしまいます。

鉄塔のあるピークから綿向山が見えました。

Imgp2890_b

再び黄色い樹林帯の中を通り、竜王山(826m)のピークへ。 

Imgp2895_b

ピークでは、コーヒーブレイク。 山で沸かすコーヒーはとてもおいしい~cafe

竜王山からの下りは、激下りbearing

Imgp2901_b

 
階段があるものの、小石がゴロゴロしていてストック無しだと、油断をすると滑って転んでしまいそうです。

Imgp2906_b

Imgp2887_b

落ちたばかりの葉が積もって、トレイルが分からなくなり、テープが頼り。

Imgp2912_b

Imgp2931_b

下りきり林道を行くと今は使われていないのでしょうか、棚田がありました。

お天気も次第に良くなり、青空が見えてきて薄く日がさしてきて振り返ると竜王山が青空に映えて美しい。

Imgp2934_b

 美しい、美しい紅葉を堪能した一日でした。

Imgp2935_b

     駐車場から見る、綿向山への植林帯の山。

黄砂がちょっと残念でしたが、機会があれば樹氷やシャクヤクの花を見に訪れたい魅力いっぱいの山です。

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ