スキー

2009年1月18日 (日)

白馬八方、五竜、47雪質上々

1月10日~12日の連休、白馬へスキーへ行って参りました。

急に寒くなり、高架の道路が殆どの名古屋あたりの雪が心配でしたが、私達の行く先だけはポッカリとドカ雪雲の切れ目だったようで、高速の閉鎖は免れ、朝早く出発したお陰で、お昼前に到着。やれやれ…

恵那山トンネルを出たら、スキー場まで一面真っ白な景色。

Photo

毎年のように、信州へ出かけますが、ずっと雪景色は、なかなかありません。

この景色は、安曇野のあたり。 山の向こうは去年の春と夏に訪れた乗鞍。

夜中の間に雪が沢山降ったようです。

初日は、八方。

久し振りなので、ゲレンデの様子も忘れていました。

確か上の方に、足慣らしに良いゲレンデがあったかな~??

とりあえず、ゴンドラに乗ると…

山頂駅は雲の中で周りが良く見えない!!

お腹が空いていては、滑れないのでお昼ご飯を食べよう!!

天気がモヤモヤで雪が降っているので、山頂のレストランは人でごった返している。

何とか場所を確保して、お昼ご飯。 なんか気がめげるな…

以前来た時は、春スキー。 人もまばらだったから、山頂レストランもっと広く居心地良い様に、思い込んでた…

さて、ご飯を食べ、いざゲレンデへ。

やっぱり、コースの記憶が蘇らない… コースの案内看板を探すけど、山頂にゲレンデ案内看板が無いwobbly 不親切なスキー場だ~angry

その上、車の中にゲレンデ地図置いて来てしまったbearing

白くモヤモヤした中を、家族五人はぐれない様にゆっくり滑ります…

Photo_4

慎重派の一番下の息子は、まずはじっくり滑って、去年の足の感覚を思い出したい子なので、ブーブー言って滑ってました。

思わず旦那が、「お父さんもお母さんも一見上手そうに滑っているけど、必死で目を凝らせて、こけない様に踏ん張って滑ってるんだぞ~」っと、言っておりましたよ~sweat01

私も、あんまりガスっていると、予期しない所にコブがあったりで、体が突然振られて乗り物酔いみたいになるので、こんな天気は大嫌い。

案の定、夕方近く、頭がボヤーっとしてきて、気分悪くなってしまいました。

でも、なんやかんやとほぼゴンドラ運行時間終了まで遊びました。

ゆっくり、のんびりとピクニック気分で滑るのが好きな子供達は、八方は気に入らないよう… 

去年は志賀高原だったからね… 

ピクニックするには最高のゲレンデの印象が、強く残っているんでしょうかね。

志賀高原みたいなビックゲレンデは、あんまり無いんだよ!

次の日は、隣の五竜とおみ・白馬47へとゲレンデ変更。

このスキー場は、色々な遊びが出来て、施設も綺麗で居心地がなかなか!

以前春に来たときは、山の残雪の武田菱がはっきりと見えたな。

でも、この日は曇り、白馬の山々は此処も見えませんsweat02

Photo_2

結局今回のスキーは、三日とも低く垂れ込めた雲の中で滑る事となり、あの心の洗われる様な雪山の雄大な景色は眺める事が出来ませんでした。

ちょっとガッカリ…

子供二人は、もやっとしたゲレンデが飽き飽きなようで、三日目は観光しながら帰るのを希望しましたが、長女が「スキーに来て、スキーせずに帰るとは何事??」の言葉で、却下。

三泊の予定ならば、観光しながら帰るけどね。

久し振りにわさび田や、松本城見たかったな~snow

今回は、雪質に恵まれたけど、青空には恵まれず。

でも、帰りに安曇野で買ったわさび漬けがとっても美味しかったんですheart01

国道沿いの小さなお店だったんですが、わさびがぎっしり詰まったわさび漬け。

お取り寄せしたくなる美味しいもん見つけたので、今回のスキー旅行は、バッチグーですgood

2008年1月 9日 (水)

☆大好きな志賀高原へ☆

あけまして、おめでとうございます。

Photo2

今年の我が家の鏡餅! 手作り好きの母がちりめんで作ってくれた鏡餅です。
隣のねずみの爪楊枝たては、今回旅行で宿泊した旅館の粗品。 人数分貰ったので、五つもあります!!

我が家は正月休みを利用して、ほぼ毎年スキーに行きます。

今年は私の大好きな、思い出が一杯の志賀高原に行ってきました。

一昨年、志賀高原を企画しましたが、大雪で高速が近畿県内から閉鎖になり行くことを断念したので嬉しくって!!

前日まで再び大雪でしたが、私達が出発した日は天気が良く、大津過ぎた辺りからもう雪景色で、 ワクワク。

Photo_41_2
伊那市辺りで高速で車の中から見えた木曾駒ケ岳。 冬に綺麗に見えるのはなかなかめぐり合えません。

このお山は、OL時代会社の旅行でロープウェイで登り山頂まで行こうという企画で、濃霧に迷いそうになった山です… 

Photo_71
そして松本辺りからは白馬の山。 空が真っ青。 空気が澄み渡り景色がきれい、そして空がひろいひろい。

車の流れもスムーズでお昼前には長野市に入り、こんないい天気は冬ではなかなかないとので志賀高原で午後からスキーをする事にしましたが、なかなかエンジンのかからない末っ子はブツブツ。

我が家は親の方が遊び人ですから、仕方がないよ~ あきらめよ~!

末っ子が大分滑れるようになったとは言え、去年はスキーに連れて行ってないので、初日はゴンドラに乗るのはやめ、一の瀬から寺子屋のなだらかなコースを滑ります。

ところが途中の陸橋を渡るのが板着けたまま移動できなくて、もう大変! でも、最終日にはサッサと行けるようになりました! 
そろそろ来年は、私が置いてきぼりになるかもしれませんup

久々の標高2000メータは寒いし、空気が薄い! ちょっと歩きとハアハアと言い出す私、高地トレーニング!

二日目は雪ですがサラサラ雪で、顔に当たっても痛くなく、気持ちよく滑れた。 

子供達もこのサラサラ雪だと、雪に板を取られる事もなく、転ぶ事無く滑って降りてくる。 

子供達の小さな時は転んで泣いて、すっ飛んだ板と帽子を拾いに行くことが多かったのにそれもする事は無くなりました。

先に滑って待っているつもりが後ろ振り返ると、すぐ滑り降りてきて、みんな大きくなったんだな~と、改めて思う。

三日目 またまた、晴天。 

それに、日ざしが暖かい。 でも、気温は氷点下。

今日は、志賀高原スキーツアー!

子供達も巧くなり、やっとピクニックツアー出来るようになった。

高天原下に車を置き、東館山林間、ブナ平ゲレンデ、ゴンドラをのり東館山山頂から林間を滑り一の瀬、焼額山、奥志賀高原、焼額山、一の瀬、高天原ゲレンデ 

何キロ滑ったんだろう??

それでも、志賀高原の半分も滑っていませんよ~!

Photo_81

東館山山頂からは秋に訪れた、妙高、斑尾、黒姫の山々がみえ、今回は山々がとても綺麗に見る事が出来ました。

焼額山山頂より 岩菅山(2295) 裏岩菅山(2337)

Photo_101

一の瀬ダイヤモンドより  左、横手山(2305) 渋峠、遠くに白根山 右、熊の湯

Photo_111

秋に訪れた妙高、黒姫山

Photo_121


Photo_131

シラカバ林の中に一本だけミズナラの木、 森のダムでしたね。

Photo_14

シラカバ林に野うさぎの足跡発見!

青空、雲、白樺

Photo_151_2

関西では、見ること出来ないこの景色。 
初めて中学校の修学旅行で早春に行って以来、ずーと虜にになっています。

自分の子供の頃から、独身時代、結婚してこども達の成長を感じながら訪れてきた、思いで一杯な、大好きな志賀高原です。

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ