« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月28日 (木)

沢歩き

逢山峡を歩いてきました。

台風11号の豪雨で荒れているのではないかと心配しましたが、倒木が重なり合っている処や激しい流れに傷んだ木はありましたが、この沢は大きく変わっている様子はありませんでした。

2

4

天気がすぐれない今年の山はたっぷり水を含んで湧水が多く、水は澄んで滑りも無く、八月の終わりとしては気持ちよく歩く事が出来ました。

            激流に耐えて残ってるダイモンジソウ 3
水量が多いので、場所により気を緩めると足を取られそう。 

5_2                  流れの弱い処を見極めて歩きます。

6
いつもはドボンと水遊びにもってこいの釜も沢山水が流れ込んでいました。

8
9           少しの間だけ陽が少し差して、木漏れ日が綺麗。

10    水のしぶきが上がるこの小滝を登るがとても面白かった。 

水の流れをみていると目が回る様な感覚になり、流されそうになりました。

               鍋谷ノ滝11

         美しいゴルジュの前で、昼食タイム12

13

14
15

最終地点、猪鼻ヶ滝が見えてきました。 辺りは台風の時の大水の後が痛々しかった。

本日はこの滝を登りきるとゴール。 

私にとって前回つるりとコケで横滑りをしたので最大の難所です。

17

滝の落ち口近くの岩場の底は今回は水が澄んでいて見えましたが、胸まで深さがあり水の勢いが強くて流されそう。
何とか踏ん張って岩に取り付き、確保をして頂き、大水でコケが張ってないことが幸いして今回は滑る事無く登れました。

登っている時より、順番を待っている時の方が胸が高鳴ります。

18
橋に上がると、三田方面で雷鳴。その後雨がポツポツ降り出して、全てが良いタイミングで沢を歩く事が出来ました。

久しぶりの参加でしたのに、お世話になりました山の会の皆さま本当にありがとうございました。

翌日から二日間は、最後の岩登りで腕の筋肉痛。 

事務仕事のハンコ押し、包丁使うのが辛かったのでした~sweat01 

2014年8月27日 (水)

今年の夏は…

2

11日台風が去った後の住吉川。 
六甲山は夏に入って殆んど雲を被っていて山は乾く事が無く飽和状態。

そして、その夜は月が地球に今年一番近づくスーパームーン

21
22
息子と2時間ぐらい眺めていたかなぁ…

嵐の後空気が澄んで月は眩しいくらい明るく、流れる雲に月明かりが透け通り美しかった。

3



台風の二日後の住吉川は水の濁りが無くなっていたけど、山には海からの湿気がどんどん流れて来て山の姿がこの日も見えない。

仕方なくランニングでトレーニング…think  御影の深田池は満水でした。

4

海へ向かって走った時は楽々でルンルン気分でしたが、やっぱり山麓コース走るとしんど~wobbly

この夏の我が家の最大のお楽しみイベントは、2年振りにお気に入りのカクレハ高原キャンプ場の予定です。

何年振りかに家族全員休暇を合わせる事が出来たのですが、天気予報は悪い方へはずれて大雨。 

一日延期してみたものの、翌日もその翌日も郡上や高山は大雨予報。 

キャンプ場の電話をしてみると降ったり止んだりですと管理人さんの返事…!?

雨の日のキャンプも楽しいが、乗鞍山の長い裾野からキャンプ場内の沢に大雨が流れてくると思うと沢音は轟轟と鳴り恐怖を感じるはず、とてもじゃないけど行く気が起こりません。

長女は仕事に出ないといけない為、一足早く特急列車で高山から帰る予定にしていましたが、大雨で山間を通る高山本線は不通になるかもしれないからとキャンプは中止。 その後やはり土砂崩れで高山本線は不通となってしまいました。

六甲山は、相変わらず瀬戸内海や四国方面からの湿気のある風に乗って毎日重たい雲を被ってます。

蒸し暑い神戸で、冷房の利いた部屋でゴロゴロ過ごすのもなぁ…と、
 

5

大淡路に来たけどここも湿度は高い。 でも大阪方面は夏空。

8
花さじきに来てみましたが、湿気のある風が強くて、心地良くなく長く居れなかった 

キャンプ道具を積むのを見て、行きたくってソワソワしていたジッポは大好きな草地に来れてコロコロ。

20
9
翌日は三田のアウトレット。 平日は人が少なくての~んびりショッピング。

15
その翌日、山の空気が吸いたくなって蒜山高原へ行ってみた。

ここも湿気で暑くって、爽やかな高原の風に巡り合えない。

11
冷たい湧水の塩釜。 涼しい♪ 冷たく美味しい湧水は体にスッと入り込みます。

子供達が大人になると、仕事の都合で全員が揃う事が難しくなり、久々の全員集合の賑やかな夏キャンプを楽しみにしていたのですが、不完全燃焼の夏となってしまいました。

12 

             この夏出会えた高原の花は、ビッチュウフウロ(備中風露)

 

2014年8月 6日 (水)

スカッと夏の青空!!




2014年8月6日(水)

今日は昼から久々に青空が昼過ぎから見れました。 先週の水曜日以来でしょうか? 

夏はやっぱり青い空でなくてはねsun

7月30日、この日を逃すと当分の間は青空が見れない予報。 

昼からは息子が帰省してきますが、彼が自宅到着まで三時間ほど時間が空きました。

歩いていては時間が足らないwobblysweat01 

アルプス遠征もあるし、トレーニングもしなくてはならないので、久々に裏山の中をトレランシューズを履いて走ってきました。

が、走る足は何年か前に何処かに売り払ってしまった状態。 いつも歩くトレイルがどこもとっても急坂に思えましたsweat01

 10
「ここを登り切れば、なだらかになる!」と思って見上げたヤマザクラの葉の緑の濃さに嬉しくなりました。 綺麗♪

11
午後から雷雨予報でしたので風吹き岩も人が少なくしずか。

12_2               赤い実。 山では早くも秋の気配。

13
       リョウブノ花が真っ盛り。 良い香りが尾根道に漂っていました。


横池へ寄り道♪ ルンルンと走って池へ。 

17

16

横池では水連の花を夏の間、楽しむことが出来ます。 でもそろそろ花数が少なくなるかな? 

15
イヌタヌキモの花が咲いているのは初めて見ました。 

18

この日は、去年見つけたホソツツジの開花の様子が気になって見に来ましたが、まだ蕾状態。

20              六甲山で最後に咲くツツジ科の花です。


21街はとても蒸し暑いのですが、山の木陰の道はとても涼しく心地良い。 

山を走ると早く進めるので脇道に出ると、あちらこちらに行ってみたくなります。 

いかんいかん、息子が帰省してくるだっけ!と帰路へdash

24


23_2

26

帰路でも小さい花やキノコも見つけれて、久々のちょこっとトレランでしたが、行動範囲が増えてなかなか面白いひと時でした(^.^)

2014年8月 3日 (日)

今年三度目のリスとの遭遇♪

伊豆半島の旅行中に、車道で木の実を食べるリスに遭遇しました。 今年三度目のリスとの遭遇。

このリスは、タイワンリスといって、動物園などから逃げたリスから繁殖して増えたそうです。

山で見るニホンリスより体が倍ほど大きく思えました。

1_2


7月の三連休は、まだ息子のマンションを見た事の無い主人と長女とで東京までドライブ。

大きな渋滞はなんとか出くわさなかったけど、やはり車で東京はちょっと遠いですね。

息子のマンションで一泊した翌日は熱海まで新幹線で来た次女を拾い、家族全員集合し伊豆の会社の保養所へ。

熱海でお昼と思いましたがどこも行列。 関東の人の多さにやや疲れて、夕方保養所へとたどり着きました。 

移動だけで、あっという間に連休二日が過ぎてしまいました。

翌日は関西へ帰る者、東京へ行く者と三島で解散予定ですので、少しだけ伊豆観光。

 

1_2

保養所は伊豆高原の別荘地にあり、人は普段あまり居ない静かなところ。

2

リスは道路で何か食べていて車をあまり気にしていませんでした。 しばらくの間、車の中からリスを皆で観察♪

10
城ヶ崎海岸駅はログハウスの駅舎。 カナダ・バンクーバー産の木だそうです。

城ヶ崎海岸を観光。 

海岸線は大室山が4000年前に噴火し、海へ流れ込んだ溶岩が海で急速に冷えて出来た断崖絶壁。

4
6_2

5_2

9

自然の営みにより作られた壮大な地形美に圧倒されてしまいましたconfident  

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ