« きのこの山 | トップページ | 今年三度目のリスとの遭遇♪ »

2014年7月29日 (火)

ジャガード織と水引の作品展

5

高校のお友達お二人の作品展を見に行ってきました。

芦屋のフードヴァン というとてもお洒落なワインバーで開催。 水引作品を作られておられる方のお店なんです。

お店の場所は、私の祖母がすぐ近くに住んでいたので懐かしい場所でした。

 
そう言えばお向かいに貸本屋さんが有ったなぁ~、三八通りでは夏休みには10円持って金魚すくいしたり、綿菓子買ったりした懐かしい思い出がよみがえってきました♪

水引での素敵なアクセサリーの数々。 とても素敵な色の水引で編みあげられていています。

私の祖母は和栽をしていて、着物の端切れで小物やつまみ細工、飾り結びなど伝統小物を良く作ってくれてました。 

何も教わっていた無かったのが悔やまれてなりません。

私はといういと、組み紐の携帯のストラップの釈迦玉が色褪せ、分解して自分で作ろうとしたものの難しく断念し、
分解し物も元に戻せなかった経緯のある私にはワクワク、ドキドキします。

15


ジャガード織も素敵。 

光沢のある糸で織られた一枚の布が小物入れ、バッグ、コサージュ、リボンなど色々な形の物へと展開しています。

6

私は冬のコートにとコサージュを探していたので、コサージュを買わせて頂きました。
8
このコサージュは何のお花がモチーフでしょう? 芙蓉の花の様にも思えます♪

水引小物は次回の展示会に早く出掛け、もっとたくさんの作品見てみたいと思います。

翌日の夜、娘の帰宅を待ちながら、お土産のわさび漬けの小箱に掛けてある紐を解いてで飾り結びにチャレンジ。

作品を見た後で頭の中で結び方のイメージが少しついていたのか、なんとか結ぶ事が出来ました。 

今度は釈迦玉を結んでみます。

イヤイヤいけません… ランと山を初めてほったらかしの作りかけの作品が沢山あるではないですか~sweat01

7


古くから伝えられてきた、「結び」にはひとつひとつに意味があるそうです。 

山や里と歩いていると、古から伝わる信仰を感じますが、「結び」や「伝統的な織」もそれらと繋がりがありそう…confident


« きのこの山 | トップページ | 今年三度目のリスとの遭遇♪ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/56930988

この記事へのトラックバック一覧です: ジャガード織と水引の作品展:

« きのこの山 | トップページ | 今年三度目のリスとの遭遇♪ »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ