« 残雪の北アルプス展望の山 焼岳 | トップページ | シイノトモシビタケ »

2014年7月11日 (金)

梅雨空の六甲山

9
カラスウリの花の穴から、小さい虫が覗いていました♪ 花弁が随分かじらていたけどこの子が全部食べたのかな?

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

7月5日(土曜日) 神戸の街sun 六甲山上rain

山の花が少なくなる時期。 久々に六甲山をまじめに歩くつもりでいてましたが、
奈良のお友達も六甲山を歩くつもりと聞き、ご一緒に楽しくお話をしながら歩いてきました。

お友達は穂高湖へ行きたい希望。 色々コースを考えてみたのでしたが、表六甲では花が一番楽しめ、明い沢沿いの住吉道を歩いて山上へ行きたかったのでいつものコース。 山上の道を一生懸命歩いて穂高湖を目指すことにしました。

家から見える六甲は摩耶山に大阪湾の湿気で、雲が山頂に掛かり、予報では夕方頃から雨。 お天気もってくれるかなぁ?

このコースは、すこし距離が有るのでどこのお山でも見れる花は横目で眺めるだけにし、八幡谷から住吉道へと向かうと、
オカトラノオが日当たりの良い草地に咲いていた♪

50小さい星型の花が咲いている様子を、虎の尾に見立てたて名が付いたこの花が咲きだすと初夏からいよいよ夏本番。

春にはミツバツツジが沢山咲く斜面に、小さなアクシバが咲いていました。

7_2

地面に這うような低い木で、花弁のくるくるカールがとっても愛らしい。

5
この花を初めて見ることができました。 思っていたよりとても小さい花です。

6_12_2             谷沿いの少し薄暗い処に涼やかで美しく咲くヤマアジサイ

魚屋道との出会い頃から雨。 住吉道では人に逢う事が無かったのですが、メイン道は怪しい天気でも人が多くて賑やか。 

標高が上がり雲の中に入るとさらに雨が降り出し、合羽は暑いだろうからと傘をさして歩きました。

1七曲で見つけたスノキの赤い実。 食べてみたら葉と同じく酸っぱくて、果実酒にしたら美味しそうでした。

雨も降りだしたし、お腹も空いた! 私は一軒茶屋でうどんを注文。 
ビールを二人で分けて飲み、ここでのんびりモードへ切り替わってしまいました。 

一軒茶屋で有馬や宝塚へ下る人がほとんど。 

予定の通り穂高湖を目指して出発しましたが、山上の縦走路を行くのは私達だけで、とても静かな六甲山歩きです。

25
コアジサイの群生地では花は終わりですが、雨に濡れ、薄日で透けた茎の紫色や葉が一段と色鮮やか。

2

ガーデンテラスでピーターラビット発見~♪(*^_^*) 

21

雨脚がさらに少し強くなったことですし、いつもは素通りのガーデンテラスでピーターラビットを探しに行く事にコース変更しました。

24

絵本で見たこと有る情景。 薔薇や他の花も咲いて、霧が掛かりイギリスの田舎に来たかのようです。

22

23

ショップにはピーターラビットの可愛いグッズ、思わず買いたくなる素敵な小物が一杯。 

あれも可愛い、これも素敵と楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、時計を見ると、なんともう3時前。

穂高湖は次のお楽しみにして、高山植物園を散策して、ケーブルで下山する事にしました。

ひと月前に咲いていたクリンソウ、ヒマラヤの青いケシも終わりで見る花は有るのだろうかとちょっと心配…(>_<) 

27
霧が掛かっている植物園も良い感じで、ちょうど紫陽花が見頃を迎えています。

36                シチダンカ

31                   アマチャ

32                白い紫陽花のアマギアマチャ
33                   ササユリ

35              ヒツジグサ  

28_2               タケシマランの実

29_2                 ツバメオモトの実

51             チングルマは、今年は山で見る事出来るかなぁ…
55               クガイソウ
57                  ニッコウキスゲ

六甲山上は観光地。 すっかり安心して時間を気にすることなく歩き、ケーブル乗る頃はもう5時ごろsweat01

6時に摂津本山到着。 下界では雨が降った様子は無い様ですsun 主人も合流し、冷たいビールで乾杯beer 

あっという間に時間が過ぎた楽しい梅雨の合間の一日でした~♪

お口の運動量の方が多いのんびり山歩きでしたが、距離を見ると15キロほど。 ちゃんと歩いていました~wink

« 残雪の北アルプス展望の山 焼岳 | トップページ | シイノトモシビタケ »

六甲山」カテゴリの記事

コメント

この八重に咲くアジサイ シチダンカっていうんですね! 実は今知ってかなりびっくり。

六甲の植物園のサイト見に行って焦ってます。 

うちの庭に 3株あります。 友人に一株頂いたのです。 ちょっと珍しい花がつくと言われて 挿し木から増やしました。
葉の勢いに対して花がかわいいけど 地味なので(小さくて背もまだ低く 他のアジサイの咲いてる時期なのでって言い訳) 花壇ではすっかり緑色の添え物扱い。。。 今日からは大事にします。

snail naruさんへ

シチダンカがお庭にあるのですね(*^_^*)
艶やかさがなく、他のアジサイに負けてしまいますよね。
他の紫陽花より少し早く咲き、装飾花もまばらに付くので地味かな?
幻の紫陽花と云われていたので、可愛がってね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/56735241

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨空の六甲山:

« 残雪の北アルプス展望の山 焼岳 | トップページ | シイノトモシビタケ »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ