« 乗鞍高原 | トップページ | 梅雨空の六甲山 »

2014年6月23日 (月)

残雪の北アルプス展望の山 焼岳

1

焼岳に登ってきました。  

写真は4年前、まだ登山を本格的に始める前に、「そうだ、上高地に行こう!」と、思いついて出掛けた時に上高地 大正池から見た焼岳です。

2_3
今回の登山道は新中の湯コース。 

例年なら残雪も殆んど無いので、雪が残る穂高の山々の展望を楽しめたらと企画しました。

2週間前にネットで検索して得た情報では登山口から10分も歩くと雪が現れ、樹林帯では行く先を見失いやすいと描かれていたので、今年は雪が沢山降ったのでまだまだ雪が残っているぞ~と、気合が入っておりましたが、登れど登れど雪は現れませんでした。

たった二週間の間に暑さや雨で雪はあっけなく溶けてしまうのです。

登山道に入るとすぐ、サンカヨウの花。 昨年に引き続き、今年も見る事が出来ました♪

5

急な登り道ですが、次々現れてくるブナの巨木に癒されて力を貰います。 

7
39_2              ユキザサ


なだらかになり、明るいブナやシラビソの森。 私はシラビソの香りが大好き♪

Tmp_imgresize1_2                                 (同行者の方が撮影して下さりました)

8_2                                          コイワカガミ

残雪が出てきました。

9

焼岳山上が見えてきたよ!

11
白い幹のダケカンバが出てきたら、そろそろ森林限界。 広がる青い空。

12

穂高が見えてきました。 穂高の向こうは表銀座かな?

13

14

15              雪解け直ぐに咲く、淡い桃色のイワナシの花。

16
高度が上がると遠望が素晴らしくなり、何度も何度も振り返りながら登ります。

あと少し、もう少しザクザクと雪渓の上歩きたかったかった…

17

18
乗鞍が現れてきました。

あとちょっと~! 登ればご褒美が待っているよ~!! 

19                                         (同行者の方が撮影)
南峰と北峰の鞍部へあと少し。

登った者へのご褒美の最初の風景は、荒々しい火口壁の向こうにアルプス。 

そして火口の中を覗くと、

21
青空が写り込んだ火口湖。 神秘的で疲れが吹っ飛びます。

22

Tmp_imgresize7_2                                (パノラマ写真は、同行者の方が撮影)

23
硫黄の香りの水蒸気がモクモク。 山肌を触ると温かい。

山頂へはあの水蒸気の上がる岩場の下をトラバースして行きます。

24

岩場を巻くと、上高地と残雪のアルプス、穂高の山々。

26

27         晴々、穏やかな良い天気。 左は霞沢岳

28           槍ヶ岳の穂先も穂高の向こうにくっきり 

29               左に笠ヶ岳、双六岳、雲の平方面♪ 

30                  水蒸気の向こうに乗鞍岳

Tmp_imgresize5_6

31                  三角点のある南峰は立ち入り禁止区域

Tmp_imgresize7_3北峰は人が多かったので、少し場所を変え南東の稜での貸切昼食タイムです。(同行者の方の撮影)

Tmp_imgresize8

名残惜しいけど、帰らねば…(>_<)

下りは皆歩くのが早いのですが、日ざしの方向が変わり、森の花にはライトが当り、
朝寝坊のミヤマカタバミ咲いていたので、花を楽しみながら下山しました。

32_2

33

36_2                 コミヤマカタバミ

10             タケシマラン



50            ゴゼンタチバナ    マイズルソウ
43                 ユキグニミツバツツジ



Desktop1             ニリンソウ  ラショウモンカズラ

100_2                                        イチヨウラン






41                ブナ 

« 乗鞍高原 | トップページ | 梅雨空の六甲山 »

北アルプス」カテゴリの記事

コメント

上高地にすっかり取りつかれていて また八月末にバスツアー申し込んじゃいました。
今度は早朝着で6時間半あるのでどこに行こうか悩んでるところに 

こんな素敵な写真! いいお天気に恵まれたんですな。 山がくっきりきれい。 やっぱりこんな光景観たいなぁ。


焼岳登るのは少し欲張りすぎかと悩んでます。 ジャンママさんの以前の徳澤の日記も読み直させていただいて 徳本峠まで行って穂高の姿 眺めて帰ってくるのもいいかな。 そうすれば河童橋付近でケーキも食べられるかも。うーん うーん と悩んでます。今のところ女子三人旅ですが あんまりがつがつじゃなくて ひとつひとつに心動かす余裕もほしいなと思うとどこがいいか当分ワクワク悩むところです。

でもやっぱりもくもくしてるの見に行きたいかなぁ。うーん なやむ。

はじめましてnOnと申します。上高地の麓、松本市波田在住です。
今週末友達と焼岳に登る計画をしており、残雪の状況を調べているうちに、こちらに辿り着きました。
2014/6/24に登られたとのことですが、残雪の状況は如何でしょうか?アイゼン等冬の装備は持ってないのですが、普通の登山靴で大丈夫でしょうか?情報を頂ければ助かります。宜しくお願い致します。

shoe naruさんへ

バスが順調に到着して、たくさん歩く時間が取れればいいですね。
地図上の時間で北峰まで4時間弱ですので、やはり大急ぎでになりますよね(*^_^*)
土日でなければ焼岳への登山道も混んでないと思いますが、山上はシングルトラックの岩場だしこの登山ブームでどうかな?

私はいつか徳本峠は秋に島々から歩いてみたいと思っています。
良いお天気に恵まれますようにsun

shoe n○nさんへ

初めまして。 書き込み有難うございます。
新中の湯ルートの雪はブログの写真の通りの状況で、アイゼン必要ありませんでした。
夏山の靴で大丈夫ですし、更に雪解けがすすみもうほとんど無いかもしれません。

それより登山口への駐車場が朝6時半でほぼ満車でしたdash

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/56563859

この記事へのトラックバック一覧です: 残雪の北アルプス展望の山 焼岳:

« 乗鞍高原 | トップページ | 梅雨空の六甲山 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ