« 昼下がりの裏山を散歩♪ | トップページ | 奥明日香の古道 »

2014年5月17日 (土)

植物観察会

山の花に興味が向いてから、野花の植物観察会に時々参加しています。

先月は神鉄木津でj開催。 今回は、神鉄六甲から逢山峡まで歩きながらの観察です。 

地下鉄の谷上の駅で乗り換えの電車を待っていると、直ぐ近くで美しい小鳥の鳴き声。

ホームから上を仰ぎ見ると、電線に青い鳥が留まっていました。

1_2

ルリビタキ? 山の中で姿を一生懸命さがしていたのに、こんな所で見れたヮ。

神鉄六甲から歩いてすぐの公園で、シロイヌナズナを教えて頂きました。 
写真は写さなかったのですが、この花は植物の研究材料によく用いられ、全ゲノム解読が終了した世界初の植物。

3

田畑の周辺でも観察。

先生があらかじめ下見をして下さった場所や、道路わきに生える草花を私達の質問に答えて下さったりして時間を掛けて歩きます。 

21_2

ウマノアシガタの艶のある花弁に陽が当り、風に吹かれて眩しく光ってます。

2

二年前の春にキンランが在った藪に入ってみると、キンランがなくて代わりにギンラン。

4

             ナンキンナナカマド

5

              ナナカマドのの横に咲くツクバネソウ

16チゴユリは春から夏に掛け地下茎でふえ、冬になると地下茎の接続が切れてしまい、
翌年はそれぞれ孤立して新しい個体が地上に出現する「疑似一年草」

6

藪から差し込んだ日が当り、鮮やかに愛らしいカンサイスノキの花 

春先に見たセリバオウレンは矢車状の袋果になって、随分伸びていました。

23_3
この根が生薬の黄連(おうれん)となります。

10沢沿いのスノキは、花が白っぽい。

9

いつもの処に今年もアリマウマノスズクサの小さい蕾。 

ウマノスズクサは昔は生薬とし重宝されていましたが、成分が解明されると有害成分を含んでいる事が解り、
最近はあまり使用されなくなっているそうです。

この有害成分の為、ほんとんど昆虫の食害は免れていますが、ジャコウアゲハの幼虫はこの葉を食用とし、されに毒成分を体内に蓄え自ら毒虫とし、赤黒の派手な色で鳥に警告を出し生き延びているそうです。

アリマウマノスズクサは、ツリバナの木に絡んでいました。

11

去年ツリバナの花が上手く撮れてなかったので、今年こそはリベンジ。 可愛く撮れた(^.^)

昼食後、2時ごろの電車に乗る予定で有馬口駅まで戻るとのことでしたが、とっても歩きやすい良いお天気なので
私はここで別行動をさせて頂き、逢山と猪鼻ヶ滝まで散策して自宅に帰りました。

13

15

             ツクバキンモンソウ        

14

17

18

              モチツツジ

22_3

19

40_2

« 昼下がりの裏山を散歩♪ | トップページ | 奥明日香の古道 »

六甲山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/56224343

この記事へのトラックバック一覧です: 植物観察会:

« 昼下がりの裏山を散歩♪ | トップページ | 奥明日香の古道 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ