« 春爛漫 ヤマザクラ満開の裏山歩き | トップページ | 春の六甲高山植物園 »

2014年4月15日 (火)

亀山の三椏の森と町観光

(2014/04/06 )

三重県津にお住まいの、たいしょうさん、ナルさんが花好きの私の為に、
ミツマタの森から野登山(ののぼりやま)への山行きを計画して下さりました。

1

不安定な天気予報のこの日、新名神から見えた鎌ヶ岳、御在所には樹氷。 
御在所の東側に出ると強い風と雨…

津でも予報より早く雨が降り出したようで、お山はどうなるか思いましたが、登山口に着いたらお天気が何とか持ちそうです。

2

亀山の北部、安坂山町坂本という標高200㍍の処に登山口があり、棚田の美しい集落です。

坂本の棚田は戦国時代に開墾されたといわれ、法面が石積み。 日本の棚田百選に選ばれているそうです。

駐車場から棚田を抜け、細い林道を3~40分歩くとミツマタの森に到着します。

3

林道からはタムシバの花が咲いているのが見え、遠く仙ヶ岳の中腹には鈴鹿で最大の落差100㍍の仙ヶ滝が見えます。

8

群落地まで小雨模様でしたのに、森に着くと差し込んきた木漏れ日がとっても綺麗。 
光に輝くミツマタの花を夢中で写真を撮りました。

5

74_3

9

50

ミツマタの花群落はちょうど満開の時。 
杉林の奥へ奥へと続き、丸い毬の様な花がポンポン、フワウワと幻想的に浮かんでいて、時が経つのを忘れてしまいました。

ミツマタ群落で沢山の時間を取って頂いた後は、お天気が持ちそうですので山頂へ向けて登ります。

群落を抜けると林道は終わり、細尾根へと変わり急勾配。
息子の引っ越し準備でトレーニング不足で足が重い私に合わせゆっくり登って下さいます。

仙鶏尾根に出ると強い風が吹き付け、雪もうっすら積もっていましが、鞍部の森に入ると風は当らず静か。 

鞍部を超え山の斜面をよじ登り車道へ飛び出たら、再び冷たい風が再びビュンビュン吹き、
雪と樹氷のかけらが顔に当り、あまりの痛さに大笑い。

10

11

場所が少し変わると、あの冷たい風が嘘の様な静けさです。

野登山の山頂付近にはブナの巨木、神社への参道には樹齢数百年の大杉も有る様ですが、
尾根は強風が吹きぬけるので、今回は野登寺の鳥居までとして下山となりました。

12

13

14

石門前の境内から、鈴鹿の山と伊勢湾がのぞめます。

16

下り道は神社への表参道。 小さな沢を渡るとき、小さなシロヤマネコノメソウをひとつだけ見つけました。 

18

降りてくると、どうやら雨の心配はもうなさそう。 風はとっても冷たいけど、日ざしは暖か。

お昼御飯には、亀山B級グルメの味噌焼きうどん「亀八食堂」へ連れて行って下さいました。

52

お二人のお勧め、生ホルモンとミノの味噌焼きうどん。 

キャベツ、もやしの上にお肉と味付きの味噌がド~ンと乗せられたのを、ナルさんはお料理上手でお味噌を焦がすことなく美味しく焼き上てくれました。

新鮮な生ホルモンとミノは美味しさは、超一級です!

食後は東海道47番目の宿場町の関宿めぐり。

19

20

往時の街並みが色濃く残っている宿場町の街並みの風景は主人も私も感動。 

東海道で唯一歴史的な街並みが残っている処で、国の重要伝統建築物群保存地区に選定されているそうです。

東西の追分までの距離は1.8㌔もあり、江戸時代から明治にかけての町屋が200件あまり残っているそうです。

町屋の二階部分の土壁、格子戸、漆喰彫刻、ベンガラ塗りの建物などがそれぞれ個性的で目を引きます。

51

「関の戸」と書かれた看板の和菓子屋さんの店内へ入ってみると、奥に京都の御所へ献上する時に使れた螺鈿で細工されている漆塗りの菓子器が展示されています。
「関の戸」と云うお菓子は、寛永年間より370年作り続けられているそうで、こし餡を求肥餅で包み、和三盆をまぶしたもので、ほんのりとした甘み上品な和菓子。 私はお土産に買う事にしました。

26_2

27

今まで山への通過地点で足早に通り過ぎるだけの亀山でしたが、山、街の満開の桜、美味しい食事、
伝統と現代の人々の暮らしが調和する心地良い関の街並みを楽しめた、贅沢な春の日を過ごすことが出来ました。

三重は高速が出来るまでは、関西からは遠く思えてあまり行った事が有りませんでしたが、
古い街道や良い町並みが沢残っていそうですので、車や電車であちらこちら巡れたらと思います。

« 春爛漫 ヤマザクラ満開の裏山歩き | トップページ | 春の六甲高山植物園 »

鈴鹿の山」カテゴリの記事

コメント

花を愛する方が撮るとやっぱり違いますね。花が喜んでます。シロヤマネコノメソウにいたってはピンボケでちゃんと写ってませんでした。きちんと名前を知って、その花の人格ならぬ花格を認めてやらねばなりませんね。coldsweats01

来年もいらっしゃいますか?来年いらっしゃるなら今度は仙ヶ峰かな?fuji

cherryblossom たいしょうさんへ

花を写すのはとても難しくてなかなかうまく撮れません。
花や風景は私が見て、美しいと思ったものをそのまま写真に収めたいのですが…
沢山撮って、2,3枚あれば大成功かなcoldsweats01

来年も是非是非宜しく。 大きなブナの木に会いたいしなぁheart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/55793107

この記事へのトラックバック一覧です: 亀山の三椏の森と町観光:

« 春爛漫 ヤマザクラ満開の裏山歩き | トップページ | 春の六甲高山植物園 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ