« またまた、お友達とランチ♪ | トップページ | 摂津本山駅の踊り場 »

2014年1月29日 (水)

雪の比良堂満岳 バリエーションルート

2014/1/26  rainsnow

イン谷口トイレ前出発(8:40)~正面谷~青ガレ~第三ルンゼ~第二支稜~第一支稜~東レ新道~堂満岳(12:45)~
東レ新道~金糞峠~大山口~トイレ前(15:40)

31
比良の堂満岳 第三ルンゼを登る企画です。 堂満のルンゼと聞いてドキドキsweat01

ルンゼは、岩壁などにできた急な岩溝で落石やなだれが発生しやすく、危険度が高いのですが、
冬の雪が沢山降り積もった時に比較的安全に登る事が出来て、第三ルンゼはピッケル、12本アイゼンが必要なく
登れると聞きドキドキが治まりました。

駐車場に着いた時は小雨模様… 予報では天気が少し回復した後、午後から雪ということです。

小雨の中出発。 歩きだすと雨もさほど気になりません。 

少し陽が射し、虹が~ 綺麗!!

沢沿いの林道を歩き、青ガレを登った途中の第三ルンゼへの取り付きへ。

以前下るのにうんざりするぐらい沢山のゴツゴツした岩が重なり合う青ガレは、雪が降り積もり登りやすいです。 

33
            ルンゼ取り付きでまだ余裕の私。 

ここでワカンを装着して登りますが、私は今までスノーシューばかりでしたので、この日がワカンデビュー。

34_2            え~~、ここをワカンをしたまま登るのですか~sweat01

再出発してすぐ谷を曲がりこんだ処の二段の小滝が現れました。 
雪が多い時はこの滝は見えないそうですが、今年は暖かい日も続くので雪が積もっておらず左側の斜面を登らなくてはなりません。

35やっぱりの登るのですね…sweat01 

リーダーさんから、ワカンで登ると思わず自分の靴をしっかり岩場に掛けて登れば大丈夫だからとアドバイス。

ホントだ、ワカンで岩場に登れるんだ!

男性陣が、ロープで確保してくれ女性陣が皆登ります。

最初の難関をクリアーすると後は登るのみ。 私は三番手。

36

38
39
登って登って… ルンゼらしき所がありません… どうも途中でルートを誤って支稜にでていました。

41

稜線に出てきたと思ったら…

風がいつも吹き抜けるところには雪は殆んど張っていなく、ザレている細い尾根が3か所。
山から麓に吹き下ろす風が時折強くて、足を取られると滑落してしまうので、慎重に慌てず進みます…coldsweats02

43

42 

とにかく上へ上へと登るのみ。 

斜面が緩やかになって雪が深くなると、ずっと前を歩いていたので太ももがバテテきて上がらなくなってきました。
少し休憩をとれた場所で後ろへ交代してもらえ皆が踏んだ後は歩きやす~い♪

40

だいぶん登ってきた。 多分あと一息!46 

48

一般道と合流だよと聞いて、やれやれ。 なんだか嬉しい充実感。

堂満山頂は寒く、皆で写真を写して山頂から退散。 

少し下ったところでの昼食も雪がどんどん降ってくるので、食事とワカンからアイゼンに変える支度を合わせての
15分休憩でしたので、座らず食事を取りました。

15分の間にも湿気の有る雪がどんどん降り積もり、周りの木々の枝がどんどん白くなります。

53
ここが第三ルンゼと一般道の合流点。 谷間… またいつの日か、第三ルンゼ登れるかなぁ…

下山は降りしきる雪の中、アイゼンに着いた雪で時折滑ってよろめいたついでに尻セードしながら、ワイワイと楽しく降りてきました。 

54

第一ルンゼの基部でリーダーさん雪山講習もありました。 ピッケルも使って登ってみたいなぁ…

82
朝、小雨の中を歩いた林道は美しい雪景色。 

85 

84

楽しく逞しい皆様、山歩きをご一緒有難うございました。 

無事に登り切れて降りる事ができて良かったhappy01

(今回は、写真を前半殆んど写していないので、皆様のお写真をお借りしています。)

49_2
       登りきって御満悦の私confident

« またまた、お友達とランチ♪ | トップページ | 摂津本山駅の踊り場 »

滋賀の山」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でしたconfident

とっても大変なルートやったけど後になれば面白かったね♪
何か少し自信にもなったような気もする今回の山行。

第三ルンゼ行ける日を楽しみにnote


snow のん♪ちゃん

お疲れ様でしたhappy01 

さすが、なかなか行けない様な所を連れて行ってくれるTさんの企画でしたねwink

実は私は、多分ルンゼをあそこで外している? もう戻る方が大変!
この先は行ける?? 行くしかない! 落ちたら大変、慎重に…と
思いながら登っていました。 皆何事もなく登れて良かったですね。 
やぶ漕き好き皆さん流石ですscissors
 
あの登っている時の気持ちや、登りきった時の嬉しさは
もしかしたらクライマーズハイって云うものかなぁ…confident

私も少し自信がついたような気がしています。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/54789344

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の比良堂満岳 バリエーションルート:

« またまた、お友達とランチ♪ | トップページ | 摂津本山駅の踊り場 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ