« いろとりどりのストール展 | トップページ | きんかんのジャム »

2014年1月21日 (火)

早朝の裏山歩き

「沖の舟人 たよりに思う 灘の一つ火 ありがたや」の古謡があり、昔大阪の港に入港の目印となった、保久良神社の灘の一つ火

1

1月三連休最終日、風吹岩で日の出が見たいと云う主人と早朝登山を予定。

ところが、前夜の天気予報を見ると曇りで日の出は期待できませんでしたので、早起きの心つもりが萎えて、
予定より30分遅く出発になった為、保久良山で日の出を迎えました。

曇り空で控えめなモルゲンロート。

裏山の木々、神戸や大阪の都会、大阪湾がコーラルピンク色に染まります。

2

5
3

6

この日はやや暖かめな朝。 街がお日様で温められ、靄が出て生駒山、大阪のビル街が幻想的。

そして街が温まると今度は、北から冷たい風が一気に吹き込んで来て風が強まってきました。 ワ~、寒い。

東灘は雪が六甲山の北斜面に降り積もってしまい寒い空っ風が吹く事が多く、めったに雪が降る事がないのですが、
強い風に乗って、お日様の光が反射して輝く雪がチラチラ降ってきました。

めったに降らないので、雪が舞うと嬉しくなります。 その上、足元を見ると雪が結晶のまま降ってきていました~♪

50

風吹岩では、真上に通る高圧線と鉄塔に強い風が吹き抜け、唸るような恐ろしい音。 寒いし音が怖いので長居はせず、
とっても冷たい風に吹かれながら六甲山頂へ。  

8
荒地山、なかみ山の岩場が正面に見える見晴らしの良い岩場から山頂方面は寒そうで、今度は樹氷に期待happy01

黒五谷分岐で朝食休憩中に風が止み日ざしが暖かく、山頂への七曲は汗吹き吹き登山でしたが、山頂では樹氷が見れました。
9

10


11


12_2
良く知った裏山も、時間帯が変わるとまた楽し♪ 

« いろとりどりのストール展 | トップページ | きんかんのジャム »

六甲山」カテゴリの記事

コメント

これぞ「早起きは三文の徳」ですね。
霧の中に浮かび上がる生駒山系と大阪のビル群、この写真素敵です!
雪の結晶が見られるなんて、かなり気温も低かったのでしょう。
綺麗です、本当に「雪印」(*^_^*)

snow SACHIさんへ

大都会を朝日が照らしていくのも、綺麗でした。
残念ながら霞みで金剛山系は見れなかったけど、
また早起きして三文の徳を貰いに、登って見ようと思います♪

六甲山の南斜面を歩くので暖かく、
霜柱は見つけることは出来ませんでしたが、
雪印マークが見れるなんて、ラッキーな朝でしたhappy01

ジャンママさんも雪印ですねo(*^▽^*)o~♪
大きさがいろいろなのが、面白いな。

大坂のビルがまるで蜃気楼みたい。
きれいですね。

寒い日が続きます。
日曜は気温があがるというが、きれいな雪のままで
あってほしいです。

snow たらちゃんへ

たらちゃんの雪印の写真綺麗だったね♪
近場で雪印を見れるとは思っていなかったので、
登山道に這いつくばって写真を写しましたが、
もう少し綺麗に写しておけば良かったわ~sweat01

日曜日の堂満楽しみですね。 頑張ろうねpunch
雪がベタベタして重たくない様にとお空に祈っておきますconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/54689036

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝の裏山歩き:

« いろとりどりのストール展 | トップページ | きんかんのジャム »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ