« 東京に出たついで (^_-)-☆ | トップページ | 芦屋川の畔で、ゆったりとフレンチを頂いてきました!♪ »

2013年10月11日 (金)

紅葉の美しい山へ 

1
今年も、アルプスの美しい紅葉を見に行くことが出来ました。

三日間の日程を組んでいましたが、台風の影響で初日が雨の予報。 二日間の予定に変更とし、場所も立山の予定でいたのですが、室堂辺りの草紅葉は終盤を迎えているようなので、栂池自然園が見頃を迎えたばかりという情報で白馬方面へ変更しました。

予報ははずれ神戸は土曜日雨がぱらついただけ…

神戸を朝三時出発。 良い天気。 丁度恵那山の手前で朝日が昇ってきました。
2

高速からすぐそばに見える駒ケ岳の紅葉はとても美しく、 常念岳始め北アルプスの山並みもオレンジ色に染まっています。

3
  

朝早くの澄んだ空気の美しい山々の風景を見ながら、栂池の駐車場へ到着したのは8時半。 
自宅出発がちょっと、遅かったかなぁ…sweat01

普段支度にもたもたしてしまう私達ですが、出来るだけ早く支度を済ませゴンドラリフト、ロープウエィを乗り継いで
登山口までやってきたのは、10時半。
4_2

紅葉はばっちり! でも、雲が…

5_2

高度があがると、益々色鮮やかmaple  

私は関西では見れない、ダケカンバの白い枝と紅葉のコントラストが見たかったんですshine

6_2

雲の流れは速いようで、時折青空も覗いてくれます。

7

8
登り始めた時間がやや遅かったので、ゴンドラを降りて登るのは私達だけでしたが、登るに従い
天狗が原の紅葉を目当ての大きなカメラと三脚を持っている人が結構いらしていました。

9
天狗原のハイマツ帯にボンヤリと祠が見えます。 

湿原の向こうにはどんな景色が見えるのかなぁ… 帰りは見えますようにと願っていると…10

雲が切れ、色鮮やかな山が姿を現しました!

12
60                 さあ、あの錦色のトンネルの中を歩いて登ろう!



17
木道が終わると岩がゴロゴロの登山道が続きましたが、色鮮やかな紅葉に引き込まれ、トレーニング不足の私でも
不思議と足取り軽やかに登って行けたんです。

下山してくる人々は、「ついさっきまでバテバテだったのに、この美しさで吹っ飛んでしまいました。」 「上はもっと綺麗ですよ~」と
あいさつ代わりに言葉を掛けて下さり、先を行く小学生の男の子の兄弟がナナカマドの登山道の中から、
「めっちゃ、綺麗すぎる~!!」と歓声。

私達も、「子供が歓声を上げるって、どんだけ綺麗やねん」と、また足がホイホイ進みあっという間に雪渓のところまで
登ってこれてしまいました。

16_2
雪渓の上からは、岩場を渡りながら登るのですが、安全な所にマークが付いているので、
バランスを崩して転ばない様に集中して慎重に進み、すっぽり雲に覆われた乗鞍岳の山頂に到着。

18

地図ではあとは緩やかに下るだけと判っていても、ガスでモヤモヤしたのハイマツの間を岩場を渡りながら下り続けていると、
私はふたりだけで先頭を歩いているのが不安な気持ちになってきて立ち止まったその時、
雲が少し切れ、目の前に突然白馬大池が現れました。

20


23
青空が出るとグレーの湖面は碧い色へ変わり、 また次の雲の塊が風に乗って襲ってくるかのよう。

24


26

2時半過ぎに、小屋へ到着。

夕食時間までに天気が良ければ散策をしたいところですが、生憎ガスが掛かって展望は望めませんので、
ビールを飲みながら小屋の本を読んだりのんびりと過ごしました。

夜には雲がすっかりなくなり風も止み、満点の星空。 

山の上で見る星座は下界で見るより大きく見え、天の川も良く見え、大池の湖面に星がキラキラ写つるのがとても美しく、
私の忘れられない景色のひとつとなりました。

朝は雲ひとつない空 

29

30_2

この時期としては気温の高い夜でしたが、それでも霜が降りていました。

まだ辺りが薄暗いハイマツの中から鳥の鳴き声聞こえてきたのですが、雷鳥かなぁ…

31_2               朝日で、黄金色に輝いくチングルマ

33     雪倉岳、朝日岳方面への山波  山での朝の日蔭は、足が長くなるのが面白い

34               火打山・妙高山、 高妻山

36          湖面に朝日がキラキラ  ほんの数分偶然見れた

下山の岩場がちょっと憂鬱ですが、雲が湧きあがってくる前に、前日見る事が出来たかった遠望を楽しみながら
ゆっくり下りる事にします。

40

41蓮華岳、白馬岳が見えてきました。 今度は花の頃、雪渓からチャレンジかなぁ…

43雲海に浮かぶ、高妻山、戸隠山、 向こうの山波は志賀高原??

44


そして、鹿島槍 

45


天狗原もガスが掛かる前に望めました。 …あの岩場は頑張って降りなくちゃ~!

46憂鬱だった岩場の下りは、体を引き上げ登りより、案外楽に渡り降りれました。
48
錦色のトンネル道は、曇りの初日の方が赤が色濃く思え、黄色い葉はほとんど落ちていて足元が黄色い絨毯。 
風の仕業で、ひと晩で様子が随分変わっていました。 

49

天狗原の美しい景色を見ながらの、朝のコーヒータイムはとっても贅沢気分。

50
足が何度も何度も止まってしまいまい、登りよりもゆっくり下りてきました。

51再び鹿島槍が見え、「さようなら、また見に来るね。」

54                     白馬岳

55         雲の上から唐松岳

下山後、栂池自然園を散策。 

この夏の暑さで葉が随分傷んでしましたが、自然園から白馬岳を望む雄大な景色をゆっくり楽しみ、満喫。

56

58

59
この二日間、「凄いねぇ、綺麗ねぇ」って、何度言ったのかなぁ…heart04

47_2
 
            愛らしいタテヤマリンドウが雪渓そばの日当たりの良い岩陰で咲いていました。




(2013/10/6-7)

栂池自然園~天狗原~乗鞍岳~白馬大池ピストン

« 東京に出たついで (^_-)-☆ | トップページ | 芦屋川の畔で、ゆったりとフレンチを頂いてきました!♪ »

北アルプス」カテゴリの記事

コメント

「めっちゃ、綺麗すぎる~!!」って子供の言葉がそのまんまですね。
すばらしい色づきですね。こんな鮮やかな紅葉を青空バックに見られるなんてよかったですね。
黄金のチングルマの写真も素敵。
足の長〜い、ジャンパパさんのお姿もかっこいいな。

お天気によって、ささっと計画を変更できるたくさんの引き出しをお持ちのちょこたんぺったんさん、尊敬です(^^)ニコ

凄い!
冒頭の写真をつぶやきで見た時から、ブログのアップを今か今かと楽しみにしていました(^o^)
な~んて綺麗なんでしょう。
子供でさえ感嘆の声を上げる・・・それ判ります。

乗鞍岳まで行けば、こんな景色に出会えるのですね。
白馬の山々はただでさえ美しいのに、さらにこの色付き。
自分の目でも、見てみたいですね~。
来年は、我が家も真似してみようかな・・・。

ママさんならではの感性豊かな素晴らしい写真の数々、ありがとうございました!!!

maple たらちゃんへ

栂池自然園の紅葉情報で、急に色づきが良くなったと書いてあったので
観光客も登山者も多い立山から急遽変更で大正解でしたが、
立山は天気予報が外れて、日曜日もお天気良かったようですsweat01

スキーで何度も栂池の冬は来ているのですが、秋の白馬は初めて。
やっぱり高山の紅葉は素晴らしいですね。

パパの写真は、振り向いたら絶好のポジションに立っていたので思わずパチリ。 
本人もこのブログを見るまではこんな素晴らしい場所に立っていたなんて、
写真が撮れていたなんて知らないでいてますよwink

小屋仕舞い一週間前になる日曜日の夜の小屋は、静かでゆったり過ごせました。

maple SACHIさんへ

来年は是非是非お二人で、いえ娘さんご夫婦もご一緒に行ってきて下さい。
白馬大池泊なら、休憩たっぷりとっても行けるコースですからsign01

私は来年の秋は、立山を再計画して、乗り物で楽チンに登ってテント泊をしよかな?
なんて、再び軟弱紅葉見物企画を建てようとしていますcoldsweats01

写真ですが、カメラが夏の南アルプスでの湿気と零磁場の影響か、
あれからご機嫌が悪いのを騙し騙し使ってきたのですが、
ピントが上手くあっていない上に家に帰ったから絞りが動かなくなり、がっがりなんです。

でも、なんとか鮮やかさが伝わって良かった♪

溜息がでるくらい綺麗ですね~!一度、白馬大池でゆっくり泊まってみたいと思っていたのですが、今年も無理でした(-_-;) 来年は実家に帰るまでに秋山に行かないと駄目だなぁと疲れ果てた体で嘆いています。

ダケカンバの黄紅葉がバッチリだったんですね。素敵な写真で目の保養をさせていただきました(^^)

すご~~~~い!
ため息の出るような素敵な景色です。 今年はアルプスの紅葉は見損ねてしまいました。残念。(u_u。)

maple 裏人さんへ

作物は待ったなしなので、的確な時期に収穫の
お手伝いに行かないとなりませんよね。 ご苦労様です。

今回の連休は用が有ったので、信州へ向かうのが一週間早まってり、
葉の色づき時期がバッチリ合い、幸運だと思います。
 
家に戻ってもまだ尚、夢ごごちな日を送っています…sweat01

maple maririnさんへ

今回、やっと狙い目どおりに素晴らしい紅葉の中を歩く事が出来て、
まだ「は~、綺麗だった~~」と溜息が出てくるんです。

お天気の良い夏の花の山を登るのもとっても嬉しい事ですが、
短い秋の黄紅葉をばっちり見れた時は「運が良かった」と思えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/53549297

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の美しい山へ :

« 東京に出たついで (^_-)-☆ | トップページ | 芦屋川の畔で、ゆったりとフレンチを頂いてきました!♪ »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ