« 日本の道百選 | トップページ | 六甲高山植物園 »

2013年9月14日 (土)

残暑厳しい六甲登山

18

夏の暑さのぶり返しの日、大汗をかいて登り着き一軒茶屋で食べたかき氷は、今まで最高に美味しかったnote


この夏の街の暑さと白く濁った空気の淀み、毎週末のお天気の悪さ… すっかり裏山でさえご無沙汰になってしまっていました。

9月に入り爽やかな日も沢山あったのに、上手い事bearing用事が重なって山には行けずにいてやっと登りに行く事が出来たのですが、この日は湿度が思っていた以上に高くて暑かった…

自宅から登山口は15分ぐらですが、海抜20メートルも満たないところから背中にお日様を浴びながら歩くのは暑く、
金鳥山へ日ざしのきつい階段道を上がるのがやっとこさsad

1_2
金鳥山からはなだらかな木漏れ日の道が続くので、あの道まであと一息、あと一息と思いながら登ります。 

上を見上げると冷たい風が当る葉は黄色くなっているところもあり、森の中では麓ではめったに聞けなくなったツクツクボウシが大合唱。

7_2
 

ガマズミの赤い実が目に飛び込んできて、秋の気配に身も心も軽くなるnote

蝶の渡りの道らしいところで休息がてら蝶が通るのを待ってみると、カラスアゲハ、モンキクロアゲハ、アオスジアゲハなどが
ヒラヒラ飛んできて、カメラ片手に追いかけたくなります。

この日はしっかりトレーニングのつもりで、花の少ない魚屋道を選んで登ったのですが早くもバテバテsweat01 

いつもは小走りで通過している、水平道や下り道は脱水や痙攣を用心して歩く事に切り替えました。

歩くと、茂みの中のものが目に入り、香りも感じてしまい、山のお宝探しモードになりますconfident

2
                  ヤブランが笹原の中に咲いて…

4_2              
                    ツルアリドオシの赤い実が可愛くって…                

葛の花の甘い香りが漂い、そしてなんと山の中なのに、カレーの匂いも時々してくるのです。 
カレーの香りの元はキノコのようですが、見つけることはできませんでした。

夏の後半は雨も沢山振ったので、細い尾根道以外は山道はしっとりしていて、巨大キノコがニョッキリ。

5
31
30
そしてゴルフ場手前の岩場の道では、イノシシがドーンといるのが見えます!! 
ええ~~dash どうしようsweat01と、思いましたが、夜行性のイノシシはお昼寝中の様子。 

8
ウリ坊達は回りの茂みでガサガサと遊んでいますが、お母さんの目は眠たくってトロトロsleepy 
難なく脇を通過wink

雨ヶ峠で昼食休憩を取り、花の多いおたふく山へ向かおうとしたのですが、日がまた強く差してきたので、
引き返すことにしました。

9
            おたふく山のマルバハギ

太陽の暑さ負けそうで、遠回りをして一軒茶屋まで登る事をめずらしく躊躇ってしまったのです。

11

本庄橋跡近くにくると、標高が上がった為に暑さは和らぎ、初秋の花が咲いています。

12

最後の登りは、辛いのではと思っていたけども、案外楽に登れ一安心。  

そして嬉しい事に、この日一番見たかった花が見ごろでした。

13
15
14
      ヤマジノホトトギスの一番咲きの花と、膨らんできたピンクの可愛い蕾


17                       
                    

            夏の名残りの、シコクママコナ

さて、一軒茶屋まであと2~30メートル!! 最後の階段登って、かき氷を食べよう!と、登りだしたら、なんと太ももがヒクヒクと痙攣annoy 

一軒茶屋で少しゆっくり休憩を取った後は、高山植物園へ行くのは諦め、予定変更をして有馬へ下ることにしました。

この夏の暑さでトレーニングを怠けていて、筋力、持久力がやっぱり落ちたようで、後悔と反省の山行きとなってしまいましたcoldsweats01

***** ***** *****

午後の有馬の下り道は薄暗いのですが、可愛い花達が茂みの中にひっそりと咲いていました。

41
           アキチョウジは美味しいのか、虫に食われて穴だらけ

42
            六甲のゲンノショウコウは、白が多くて赤は珍しいのです。

20

21
         ラッキー!夏の名残花 クサアジサイが綺麗に咲いていました。 

19 

           薄暗いと場所に小さい花で見逃してしまいそうだった、キガンピ


25

                 ユニークなミヤマウズラ

40
               とても小さくて可愛い花のヌスビトハギですが、種は服に着いたら取るのが大変なひっつき虫sweat01

24

             マキエハギ(蒔絵萩) はとてもお洒落で可憐 六甲では少ない花だそう。

 

« 日本の道百選 | トップページ | 六甲高山植物園 »

六甲山」カテゴリの記事

コメント

バテバテでも無事に行って来れてよかったです(^O^)
六甲も秋のお花が咲き始めて・・・いいね!

ぼくがこの前行った京都のお山のゲンノショウコは白もあったけど、ほとんどが赤でした。ぼくは青いのが好きなんだけど・・・

それにしても・・・まだまだ暑いよね!疲れ残ってないかな?

お花、いっぱいじゃないですか(^^)v
ママさんの目だから、たくさん見つけられたのでしょうね。
すっかりカメラを使いこなして、写真がどれも絶品です。
ヌスビトハギなんて難し過ぎるのに・・・。
ホトトギスもクサアジサイも生き生きしている!
いかにも、お花好きのママさんの目がとらえた写真!と言うのが、良く判ります。
イノシシ君のお昼寝も、可愛い(^^ゞ

beer マリンさんへ

風吹岩から山頂へ上がるコースなら、
その日の調子でエスケープが出来る箇所がたくさんあるので
今回は随所で自分の体と対話しながら上がりました。

最後の登りはかき氷、かき氷と唱えがら、なんとかたどり着けました…

心配していた筋肉痛もさほど酷くなくって、日常には支障なしで
山の空気が吸えて、元気に過ごしていますhappy01

beer SACHIさんへ

雨ヶ峠辺りから、お花が現れてきて体が重かったけど楽しく登れました。

いつも帰ってから写真を見ると、ボケ写真が多いので、
痙攣した足がヒ~~っと、悲鳴をあげましたsweat01が、
出来るだけ花芯にピントを合わせるように頑張ったんです。
すると、今度は花のアップ写真ばかり。 花の写真は難しいですね。

色々な山に可愛い花に会いに行く為には、裏山歩きでトレーニング!!

カレーの匂いのきのこがあるんですか?
加齢臭ではないですよね(^^)

お天気、へんなのが続きますよね。
コンスタントに歩いてないとやはり、
しんどいですね。

チョウチョの通り道ってあるんですか。
なんか楽しいなぁ。

beer たらちゃんへ

ひぇ~、加齢臭なら逃げてますよdash
カレーの美味しそうな香りに、葛のデザートの香りですよhappy01

蝶の渡り道が有るのは子供と蝶採りをしに行った街中で気がついたんです。
そこで待っていると、いろんな蝶やトンボも飛んできました。
森のちょっとした空き空間があるんでしょう。  

年を重ねると、筋力、体力、持久力あっという間に落ちやいますsweat02
コンスタントに運動して維持しなくてはなりません…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/53244945

この記事へのトラックバック一覧です: 残暑厳しい六甲登山:

« 日本の道百選 | トップページ | 六甲高山植物園 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ