« 裏山、梅雨時期のお花探し | トップページ | てくてく、てくてく、 両俣小屋へ »

2013年7月13日 (土)

高松にて

トールペイントの教室で知り合ったお友達と久しぶりに会ってきました。

神戸から高速バスに乗り、高松にお住まいのお友達のお宅へ、関西に住む三人での日帰り旅行です。

今回は観光は無しでゆっくりお話だけの予定。

お宅に伺う前に、讃岐かがりてまりを見たい私のお願いを聞いて頂き、栗林公園の物産館へ寄ってもらいました。

2

3

讃岐三白(塩、砂糖、木綿)という香川の産物の木綿糸を草木染めで染め、作られた手毬。

前から一度は手毬を作ってみたいと思ってはいたのですが、本で讃岐のてまりを見て、
やさしい色合いのてまりに引き込まれてしまいました。

念願かなって見る事ができ、お土産に小さな手毬とストラップ購入し、家へのお土産には
三白のもうひとつ、砂糖の和三盆のお菓子。

お友達のお宅では、お手製のフランス料理のお食事を頂き、作品を見せていたたき、
私達がお稽古に通っていた頃の思い出話、お互いの近況をお話したりして、
夕方のバスの時間までゆったりと過ごさせて頂いた贅沢な一日でした。

15

白磁に書かれた花の絵は、彼女の作品shine  盛り付けは美しく、とっても美味しいheart04

« 裏山、梅雨時期のお花探し | トップページ | てくてく、てくてく、 両俣小屋へ »

ほっこり」カテゴリの記事

コメント

讃岐かがりてまり・・・ぼくは讃岐人ですが・・・初めて知りました(^_^;)

「讃岐かがりてまり」
素敵なてまりですね。
木綿糸を草木染めで染めてあるのですか?
お写真のものも、本当に優しい色合いです。
こういう伝統工芸品は、受け継いで長く残していきたいですね。

その美しい器にのせられたフランス料理は、お友達のお手製ですか!
凄いです!!!

basketball マリン♂さんへ

讃岐かがりてまりは、善通寺(今は宝くじ高額当選で賑わっていますね)で
伝わっていたそうです。
鮮やかな光沢の有る糸や金銀の糸で作られた手毬が多い中、優しい色合いです。

手毬は昔はどこでも作られていたものだそうですが、美し糸を使い、
贅沢なものだったんでしょうね。

basketball 

書き込みありがとうございます。

心のこもった、素敵な手毬でしょうnote
廃れそうになっていた手毬を、おばあさまから受け継がれ広め、
今は保存会のみなさんで守れているそうです。

近ければすぐにでも習いに行きたいのですが、ちょっと遠いな…

でも、高松の友人は大阪までお稽古に月に何度か来られているんですよ。
絵付けもひと筆ひと筆とても丁寧に書かれて透き通るような美しさ。
そんな自作の食器に、素敵な手料理、素敵なお宅での贅沢な時でした。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/52426608

この記事へのトラックバック一覧です: 高松にて:

« 裏山、梅雨時期のお花探し | トップページ | てくてく、てくてく、 両俣小屋へ »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ