« 野山の草花観察会 | トップページ | 大峰 弥山、八経ヶ岳 狼平でテント泊 »

2012年11月 6日 (火)

紅葉の高島トレイル  武奈ヶ嶽~三重ヶ嶽

秋色に染まったブナの木々を見たくて、高島トレイルを歩いてきました。

30_2

出発地点は、石田川ダム。 ロックフィールドダムでした。 

ダムの広い駐車場に車を止め、赤岩山を経て高島トレイルに入ります。

下山口の落合へもう1台の車を回しておくつもりでいましたが、ダムからの先は落石が多く
事前に高島市へ問い合わせをしていなかったので、置く事は止め下山後林道を歩く事にします。

1

赤岩山までは、ほとんどが杉の植林地の急斜面の細道。

2_3
今回の同行の方は、主人の会社の方お二人と私たちの4人。 

高島トレイルは緩やかなトレイルが続きますが、アクセス道はどこも長い。
この日の登りは少し急ですが、一時間で高島トレイルにはいれます。

同行者のお二人はお山は初心者。
下山に時間が掛かって薄暗くなってきでも降りやすいであろう、緩やかですが距離のある方を選びました。

4_2
植林地帯の赤谷山を抜け、高島トレイルへ入ってきました。

山上の紅葉をうんと期待してきましたが、残念ながら冬型の気圧配置が残り、北寄りの風が吹き曇天…

黄葉も、何日か前に吹いた木枯らし一号でほとんど散ってしまっています。 

その代わり、落ち葉でフカフカした足に優しいトレイルになっていました。

5
高島トレイルは整備されるまでは、かすかな踏み跡程度しかなかったそうですが、今は黄色いテープを追うとスムーズに進めます。

冬の北寄りの冷たい強い風、湿気のあるを耐えた木々たちは複雑な枝の形をしていたり、地面を這うように伸びています。

6_2

山の斜面、尾根ごとに木々の植生、姿形が変わり、草地の見渡しの良い斜面に出たので振り返ると、
歩いてきた尾根が見渡ました。

8_2

9_2
自然林の紅葉の中に、常緑の杉がなんとも良い感じ!

琵琶湖の竹生島も見え、

10

若狭湾や青葉山もぼんやりですが見えます。

11

オオイタヤメイゲツもすっかり葉を落としていしまっていて、ちょっと残念。
私はこの葉の綺麗な紅葉をまだ見た事がありません…

12

13_2
すくっと真っすぐ伸びたブナは数がすくないく、面白い枝振りの木が沢山。

14

15

16

17
北風の当りにくい琵琶湖側の斜面はまだ葉が残り、黄葉がこんもり。

19

18

三重ヶ嶽が見えてきた!

32

33

風の当らない水谷への分岐あたりで昼食をとります。

この辺りも、不思議な形の木が沢山。

50
トリカブトの花がまだ少し咲残っていて、コケの緑色がよりいっそう鮮やかに見えます。35

31


36

水谷分岐地点から三重ヶ嶽まで風が特に強く吹き、頭上を風が吹き抜ける音がまるで海の波打ち際を歩いているかのよう。

37
38

風の音にうんざりしてきた頃、大御影山への分岐地点。 あと少しで山頂です。

39_2

51_5


三重ヶ嶽の頂上付近は風が強く、雨がしぐれてきたので早々に下山。

52_3
下山道は、谷間の紅葉がとても美しく、植生も山上とだんだん変って行き、沢山降り積もった落ち葉の上を
楽しく歩いて行きます。

53


やがて、杉の植林地とかわり、最後の急斜面を少し疲れてきたので転ばぬように注意して林道へたどり着きました。

車の駐車地まで林道をまだ一時間ほど歩かないといけませんが、石田川渓谷の紅葉が見頃で美しい。

24_2

a23


21
22

半分ほど下ったところで、デポしていた車を取りに来られた滋賀県庁の山岳部の方が私達を乗せてくださり、
駐車場まで車中楽しくお話をさせていただきながら駐車場まで戻ってきました。

(2012.11.3)

« 野山の草花観察会 | トップページ | 大峰 弥山、八経ヶ岳 狼平でテント泊 »

滋賀の山」カテゴリの記事

高島トレイル」カテゴリの記事

コメント

秋の良いルートを歩いてこられましたね。
おっしゃるように以前は黄色い幅広のテープも無かったし、ルート作りのためとはいえ張り出したブナの枝を切ってしまったりしていなかった自然の姿のルートだったのに、高島トレイルと滋賀県側の施策でスーパーの大売り出しのように不要と思えるほどのテープと枝切りがされてしまいました。必要最小限にしてくれなかったのは山を愛する人の手ではないような気がして残念です。
あのぐねぐねと風圧と雪圧に耐え抜いたブナの姿は、スーッと伸びたブナとはまた違った感動がありますね。
芦生研究林の先生方にここのブナの曲がりくねった枝振りを紹介したことがあります。新緑、黄葉、どちらも本当に良い所だと思います。

maple やとうさんへ

高島のあの山々がヤブヤブでしたら、私は行く事が出来なかったかも知れません…

信越トレイルが開発され始めた頃、斑尾高原を訪れました。
信越ではスキーブームが終わり、冬にお金が落ちなくなって、家主がいないペンションは
朽ち果てようとしているところもあり、生活の大変さを感じました。
ペンションのオーナーさん達は森の事も勉強したりして信越トレイルにとても期待されて
いるように思いました。

高島トレイルもそういうこともあり開発されたのかなぁ… 
雪が積もらなくなって、スキー場は×印ばかりですもの。

マキノ高原からの赤坂山はいつも沢山の登山者で大賑わいですが、 
それとちがって他のトレイルは静かですね。
高島トレイルは、山歩きと云うより森歩きのようで、優しい山波が素敵なトレイルです。
 
沢山の人が入ってこれ以上トレイルが広がり、木が傷まないようにと願っています。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/47721339

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の高島トレイル  武奈ヶ嶽~三重ヶ嶽:

« 野山の草花観察会 | トップページ | 大峰 弥山、八経ヶ岳 狼平でテント泊 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ