« 紅葉の高島トレイル  武奈ヶ嶽~三重ヶ嶽 | トップページ | 京都北山 片波川源流 巨木の森 »

2012年11月14日 (水)

大峰 弥山、八経ヶ岳 狼平でテント泊

時々、ミクシィで見かけるちょっと気に方が山行き企画を出しているのを知り、
厚かましくお願いして山行きに参加させていただきました。

メンバーは、ラントレ関西に所属する、トレイルランナーが集まった健脚の方々…

皆さんのスピードをダウンさせてしまいましたが、なんとか踏ん張って、
登りをヒーヒー、ハーハー云いながら登ってきました。

朝6時、夜明け前の道の駅 黒滝で集合。

車をミタライ渓谷へ走らせ、熊渡へ。
駐車スペースが狭いので、ここに車を止めれるかが本日一番気がかりなところでしたが、
なんとかギリギリセーフで駐車出来る事が出来ました。

紅葉が最盛期。

1
一度は見たかったミタライ渓谷の紅葉を垣間見る事が出来ましたconfident

2_4

熊度からしばし林道歩き。 朝日が斜面にあたり、紅葉が鮮やか。

3_4

長い植林地道を抜けると、ブナやシャラの木の森へ飛び出しました。

4_2

5_3

落ち葉が積もってフカフカ

7_2
ナメリ坂辺りのブナは葉がすでに落ちていましたが、広く緩やかで美しいところです。

やがて、苔むした針葉樹の森へと変わり、木の香りが辺り一面漂っています。
登りは緩やかになり、深呼吸しながら歩きました。

9_2
高崎横手を緩やかに下ると、弥山川源流の狼平へ到着です。

8_3
まずは夜の宴会用に避難小屋の場所を確保。 

40

そして就寝用にテントを張った後、弥山・八経ヶ岳へ。

10
八経の北斜面には樹氷らしきもの!!


35_2
弥山山頂の天川弁財天奥社へ参拝。 奥社の裏手には樹氷です。

30

12

16

15_2
コケが紅葉していて、目に鮮やか。

樹氷、トウヒ・シラベの森の向こうに行者還岳や大峰奥駆道の山波

13

14

木が沢山枯れていて驚きますがこれは、山の一部分だけまとまって樹木が枯れている現象で、
その一帯が縞模様のように見えることから縞枯れと呼ばれています。
枯れる原因は、吹き上げる風が風衝面を枯らすからだともいわれていますが、はっきりとはわかっていません。
縞枯れ部分の林床にはシラベの稚樹が大量に発生するため、縞枯れはシラベ林の更新に大きく影響していると考えられているそうです。

八経ヶ岳へ登る途中に見えた素晴らし山波。 

17

31


弥山小屋があんなに小さいよ。

18

テントに戻り、夜はのりねぇさんが用意して下さった、キムチ鍋と各自担ぎあげたお酒で宴会で大盛り上がり。

テントでもどりしばらくすると、風が吹いて木がざわざわとなっていましたが、私は耳栓をして快適にお休みsleepy

下山は、強い風と雨の中でしがた、雨量があまり多くなかったので助かりました。

20
最後の辛いはずの林道歩きも、目に鮮やかな紅葉のおかげで楽しい!

34

予定指定時間よりもかなり早く下山でき、本当に素晴らしい秋の大峰のテント泊でした。

33

« 紅葉の高島トレイル  武奈ヶ嶽~三重ヶ嶽 | トップページ | 京都北山 片波川源流 巨木の森 »

奈良県の山」カテゴリの記事

コメント

 3日に高野辻から見ていると、弥山八経が、白く見えたのでとてもびっくりしました。りっぱなえびのしっぽになっていますね。

 大峰の避難小屋はええですよね。狼平の小屋でも寝ました!快適でした。ザックがみなさん、むっちゃ大きいところを見ると宴会は豪勢だったのでしょうね。

maple たらちゃんへ

たらちゃんのブログ拝見しました。高野辻からの景色も素晴らしいですね。
3日の大峰山上では樹氷と紅葉が間近で見れたとか…note
少なめの樹氷でしたが、この時期に見れると嬉しいです!

今回のメンバーは、道具や美味しい物にこだわりがある若物メンバーが勢ぞろい。
キムチ鍋も当然こだわりのお店のキムチで美味しかったし、
朝にはなんと、ホットサンドが出てきました。
重い道具や材料を担ぎあげて下さったパワーある皆様に、感謝です。

どの季節もやっぱりいいですね、大峰!
大峰の中でも、やはり弥山・八経は最高です。
テン泊でゆっくり楽しんでこられて、良かったですね。
私も、来年は新緑の時に行きたいな~(*^_^*)

maple SACHIさんへ

大峰のお山は山上近くなり、広葉樹が姿を消すと今度は
信州の森の様な苔むした針葉樹の風景が続きとても好きです。
山上から見える素晴らしい山波も…

新緑の頃、初夏の花が咲くころ、ゆっくりテント泊を楽しみたいし、
オオヤマレンゲも見に行きたいと思っています。

やっぱりここの山々は大きくて深くて美しいですね。行きたくなってしまいますねー。写真を見てきれいだなーと思うだけでなく、落ち葉を踏みしめる音まで聞えてきそうです。あー、いいなぁ!

こういう時間を過ごすことが出来ることになるって大人になったってことかなぁって思ってます。将来の為にテント泊の練習もしておきたいなあって思ってますがなかなか泊まりは時間が取れないので残念。
木の中を歩いていると包まれる感覚まで日記から伝わって来ます。恋い焦がれる気分。
今年は鈴鹿の山も雪の知らせが届いてます。来年は行きたいなぁ。

maple たいしょうさんへ

今年は大きな台風があまり来なかったので、
紅葉後の落ち葉が沢山降り積もってフカフカ、カサカサと心地良く歩ける年です。
来年は、秋の大峰へ是非今から予定を入れ登りに行きましょう!


maple naruさんへ

私も若い頃だったら、多分ピーク目指すことばかり必死で、
見ている視点が違ったと思います。
四季折々の木立の中を五感で感じながら歩けるのが今はとっても幸せな、
森好きおばさんですよ。
仕事柄、なかなか泊りでお山は難しいかと思われますが、
来年はなんとかひと泊、秋山キャンプを一緒に致しましょうねwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/47821160

この記事へのトラックバック一覧です: 大峰 弥山、八経ヶ岳 狼平でテント泊:

« 紅葉の高島トレイル  武奈ヶ嶽~三重ヶ嶽 | トップページ | 京都北山 片波川源流 巨木の森 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ