« 夏の夕空 | トップページ | 逢山峡 沢歩き »

2012年8月28日 (火)

大峰 神童子谷

8月最後の日曜日は大峰山系 神童子谷の沢歩きです。

23

林道から谷へ降下する時に見えた大峰ブルーの沢。

心がワクワク踊ります!!

51

が、川に降りたら流石は雨の多い大峰山系の川。 

岩は年数を掛けて濁流に削られてツルツル。 そして苔も張り付いた所もあり油断するとツルリンと滑ります。

滑って転ばない様に慎重に足を置く場所を定めて歩かなくてはなりません。

歩き始めて直ぐに水深があり、滑りやすい岩肌の場所。 ザイルで確保してもらいます。

22

45
カエルが岩で日向ぼっこ。

 
35

浅瀬にはオタマジャクシがたくさんいて、踏まない様に気をつなくては!

水の中を写してみましたよ。

47

大きな倒木を潜り抜けて進んだり…

24

21_2

やがて、この谷の名所のひとつ、「へっついさん」と言われる所へ。

25

冷たい水の中を、胸の辺りまで浸かって進みました。 キャ~~冷たいhappy02

滑り台の様なツルツル岩を登ります。  帰りはここは滑って通過note

6603672_1753384243_220large1

ここでもロープを出してもらい、足の裏全体を使って登る様に教えてもらい、後ろから支えてもらいながらもクリアーしました。 

そして赤鍋滝 

釜のブルーの水の色がとっても綺麗!

27

しかし、とても滑りやすい右側を登らなくてはなりません。

再びザイルをだしてもらい、緊張しながら私もなんとか登りましたsweat01 

46

6603672_1753363551_103large1_3

帰りは同じところを降渓するので、ここを降りなくてはならないのですwobbly

37

リーダさんは下りはポチャンと、はまって泳げばよいと笑っていうのですが…

ま、今は帰りの事は思う事は止めましょう!

難所を越えたらすぐ上にまた難所!!

P8260085a
水深があり足が届きません。

冷た~~いと叫びながらザイルを頼りに渡り、なんとかここも滑らず登れ、大きな難所はこれで終わりということでほっと一安心。

43
しばらく、穏やかな淵が続くきます。  でも滑らない様に用心用心。

30

32
そして、とても美しい釜滝が姿を現しました。

48
上流からの二つの川がここで合流しているとのことです。

34
数名が泳ぎましたが、あまりの水の冷たさで長くは入れなかったよう。

ここで沢登りは時間切れ。 

お昼は釜滝から少し戻り、明るい河原で冷そうめんの予定を変更して、かま揚げそうめん。
皆の持ち寄った具材と共に美味しく頂き、冷えた体が温まりました。

さて、ご飯を食べた後は初めての沢下り…  登りに苦労したところは大丈夫だろうか…

ザイルをだしてもらい、確保してもらい、色々アドバイスをもらいながら降渓。

滑ったりもしましたが、大きな難所ふたつはなんとか下り終える事が出来たのです。

38

39

無事「へっついさん」まで到着して、冷たい水につかりながら皆笑顔でポーズ。
50

初級の沢と聞いていましたが、私には随分ランクが上の沢でしたが、リーダーさんは今日は「のんびりまったりの沢歩き」と
ずっと言っておられましたwink

私は自信をもって広い視野で登ったり下ったり出来るように、岩のトレーニングしなければならないなぁと、密かに思ったのでした。

難所で確保して下さり、指導して下さった皆様、本当に有難うございました。 

そして、美味しいおそうめんご馳走様でしたnote

(2012/08/26)

« 夏の夕空 | トップページ | 逢山峡 沢歩き »

奈良県の山」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でしたconfident

滑り落ちるのが怖くビビりまくりでしたが綺麗な沢に癒されましたね。

Tさん企画、去年も素敵だったんで今年も期待していましたが、予想通りハードではあったけど期待を裏切りませんでしたscissors

今日もまだアチコチ痛く大変ですcoldsweats01

山好き、川好きの私にはうらやましくてたまらない光景!淵の青い色!沢の白い飛沫!緑が映りこむような渓谷美!沢登りでしか味わえませんね!いいなぁ!いいなぁ!いいなぁ!遊び程度のシャワークライミングしかやったことがないから、機会があればやってみたいです。shine

楽しまれてますね~(^^) 涼しそう~!
僕も初めて行ったときはまだまだ初心者の時期で滑る岩に四苦八苦でした。もう12年も前か~(^^;)
http://homepage1.nifty.com/komachans/work/jindohji.htm 沢泊で抜けました。
ワンコや息子達も連れて行きましたが、水の冷たさに「もうええ、かえろう」と言う始末でした(^^;)
しかし、一度行った沢は体が覚えているって言うか、2度目は「なんでこんなところで困ったのだろう」と
思うことが多々あります。技術が身についたことや経験値による変化だと実感できるのがまた楽しい。
美しい色の淵はいまだに健在のようですね(^^)

fuji のんちゃんへ

ほんと、素晴らしい企画でしたね。
去年の釈迦岳に登る赤井谷も幽玄の世界というのか、神秘的な森の中を
Tさんに案内して頂いたので、 私も期待して参加していました!

時折、怒られながら(叱咤激励かな?)登ったり、キャ~~と楽しませてくれたり
安全に確保して下さったり、景色も素敵で、感謝感激の素晴らしい一日でしたねwink

私も腕が筋肉痛。 痛くて後ろに手が回りませんsweat01

fuji たいしょうさんへ

大峰ブルーの沢、神秘的で素晴らしいでしょ~♪
経験豊かな、信頼できるリーダーさんと巡り合えたおかげで、
素晴らしい経験をさせて頂いています。

たいしょうさん、ナルさんも是非沢登りしましょう!!
沢道具がいりますが、あればまた山の遊び方が広がります。

でも、私たちもまだ未熟者なので、案内無理だな…think


fuji 矢問さんへ

大峰の美しい沢で、思いっきり楽しんできましたnote

ドキドキしながら難所を乗り越えれて、素晴らしい景色に感動し、
山頂に上がりませんでしたが、私にはとても達成感があった山行でした。

今回は山の経験の豊富な女性達も数名おられたので、色々アドバイ下さり
安心して難所を越えられました。 私はまだ怖くって視野が狭くってダメです…

矢問さんは、本当に色々な所に行かれているのですね! 羨ましい!!

そして、ご家族であの沢へ水遊びに行かれたのですかsign01 
子供さん、美しい滝を見て達喜ばれたでしょうね!

楽しかったですね〜。
癒しの沢と聞いていたけど、なかなか、手強いところも
ありました。

もっと暑い日だったら、いっぱい泳ぎたかったなぁ。

もう少し、早く歩けるようにならなくちゃな〜と思うんですが
すべるかもと、思うとゆっくりしか歩けないです。
ロープを持っていると安心感があるから、大丈夫なんだけどな。

車にのっけてもらって、ありがとうございました

fuji たらちゃんへ

本当に楽しかったですね~happy01

今年は水量が多かったようですね。 
帰ってから、どのブログを見てもへっついさんでは膝ぐらいの水量でしたから…

でも、たらちゃんはわざわざ深み選んで歩いて、楽しそうでしたね!!

オドオドせず、自信をもってかっこよく登れるようになりたいなぁ…confident

娘とくっついて 画面を覗き込んで ため息。きれいだぁ。 いいなぁって

今年は いろいろありすぎて 全く 山に行かないまま 裏山さえも秋になりそうです。
職場が 日本のバーデンバーデンを目指してるロケーションとつくりなので 専ら高原と山を昼休みに眺めてます。

秋が深くなる頃 何とか時間を作って 山行きたいと思ってます。 それまではジャンママの写真見てるのが最高の幸せです。きっと またこんなところを見に行くぞ!って気持ちをつなぐのにとっても助かってます。

fuji naruさんへ

たいしょうさん手作りの愛夫弁当がずっとアップされているので、
なるさんは今年の夏は忙しんだなと、思っていたのですよ。

去年から山の経験豊かなリーダさんと巡り合え、素晴らしい歩きを体験出来ています。
山の谷合いには、深くて美しい世界が広がっていますが、なかなか個人では行けません

安全に山を行くため、下調べをしっかりしてくださり、当日は確保も万全でしてくださり、
リーダーさんには、(陰ながら主人も活躍してます)感謝の気持ちで一杯。

鈴鹿、台高、奥美濃も出掛ける時も有るんでよ。 
三重からも近いかと思うので、その時予定が合えばゲストで参加してくださいね!!

おはようございます。
次々に有名どころに足跡を残されていますね!
しっかりしたリーダーさんのもと、大自然満喫!・・・と、楽しさ厳しさが伝わって来ますよ!
「行く」「行ける」「誘ってもらえる」「参加できる」・・・環境だけでなく、ご自身の姿勢によるもの・・・素晴らしいです。
今年の私は、沢に行けず(いや、行かず)、藪山のピーク狙いばかりしています。
まぁ、沢は単独は危険ですし、仲間たちと違う動きの最近なので・・・。
宮崎の主な山岳(国土地理院)は、341座が登録されています。
地形図ばかり眺めては、自分だけのコースで歩いています。
せこせこと稼いではいるのですが、まだ32座残っています。
ここに来て、結構ストレスですが、「目標」みたいなものでしょうから「達成感」もあるのだろう・・・と、自分を慰めつつ藪と格闘しています。
正月は、大阪を予定しています。

fuji 水流渓人さんへ

ご無沙汰しております。

今年の私の夏山は、お天気、素晴らしい経験豊かなリーダーさん、山友さんに恵まれて
美しさで有名な沢ふたつを経験でき、 
「なんて幸せ!」と、日が経つほどに思えてきています。

関西近辺の登山道をまだほんの少ししか歩いていないので、 
なかなか藪を漕いでピークハントをする事まで自分個人では行けませんが、これは読図の力がいりますね。

山を一つ行けば、経験の浅い私には必ず勉強しなくてはならない事が出てきて、山にかかわる事は奥が深いと毎回思っています。

今年の素晴らしい沢歩きふたつはあかげらさんともご一緒でした。
彼女は本当に経験豊かで、普段は物腰が穏やかな方なのに山ではとても逞しく、
赤木沢でも神童子でも
ずっと私の事を気遣って見ていてくださり、本当に心強く山行きができました。

お正月、大阪にいらっしゃる時にあかげらさんと共にお会いできたら嬉しいなぁ。 予定が合えば良いですね~!

入っている山のコミュニティーでは、キリシマツツジを見に九重山登山の企画が上がっています。 
私は下山後に宮崎へ寄れたら良いなと思っていたところでしたconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/46852308

この記事へのトラックバック一覧です: 大峰 神童子谷:

« 夏の夕空 | トップページ | 逢山峡 沢歩き »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ