« ロゲイニング企画 | トップページ | 笠形山  »

2012年5月18日 (金)

いつもの谷へ散歩

久しぶりに裏山散歩です。  2時間ぐらいで帰るつもりの散歩でしたが…note

1_3

「こんにちは」と、山の番人さんにご挨拶。

前からなぜここに、不思議な石仏があるのか判らなかったのですが、今日の帰りにその謎も解けましたwink

薄暗い谷を抜けると、ニセアカシアの花の甘い香りに包まれた森に出てきます。

4
今日は午後から雷雨があるかもしれないので、どなたともすれ違いません。


3
2

モチツツジも見頃。 

はげ山だった六甲も木が茂ってきて、ツツジ達にはちょっと住みにくい環境になってしまいました。 ツツジは陽が差す場所や岩がゴロゴロした痩せたところに咲いています。

森の中では、葉が茂りますがめったに花をつけなくなってきました。

昔の六甲山はツツジのトンネルが沢山あったのに…

6
帰りは谷を抜け下山のつもりです。 間にランを入れると一時間半ぐらいの丁度良いお散歩コース。

八幡谷から打越峠のトレイルは4,5年前から、ある個人の方がいつも整備されてとても歩きやすくなりました。

5
今日こそお見かけしたら、一度声を掛けてみようと思っていましたが、今日はいらしていないよう。

黒五谷へ出てきました。 ここの森も、草がいつも刈られて歩きやすい楽しい谷。

お見かけした事はないのですが、どなたかが綺麗にされているのでしょう。

ウマノアシガタが咲いていす。 ここで見るのは初めてかな…

7


オオシジバリが良く目立ちます。
8
今日は少し沢の支流へ踏み入れてみました。 蛇に気を付けて…sweat01  あっ、蛇退治の為にストック忘れた~bearing

9

ありました、水際の草むらにひときわ目立つ白い小さな花。

10 

                        ミズタラビコ

陽が差し過ぎて、色が飛んでなかなかうまい事写せません…

キリの花が足もとに、ポトポトおちています。

11

アレッ? こんなお花が??

12

もう少し奥にはクリンソウが咲いているではないですかsign02

20

どうも、どなたかがここに植えて育てているようです!!

ここのクリンソウをご存じの様な方がいらしたのでお話をすると、谷をいつも綺麗に草を刈っていらっしゃる方がいらして、
お花をこの沢で育てておられるとのことでした。

その方は今は体を壊して入院中。 ここの花の事をとても気になさっているので、お話をさせて頂いた方が
代わりに様子を見に来られたそうです。

お花達は誰にも盗られることなく咲いていて今日のところは安心ですが、花が終わり、人が入ってこなくなった頃、
ごっそり無くなる事があるのでこれから先が心配だそうです。

さて、お花畑でお話しした方が、「ここでお話したのも何かの縁ですから、今からお昼を食べに行く良い場所があり、
そこに先に人が集まっているはずだから、良ければ一緒に行きませんか」と誘って頂きました。

わざわざ、入院されている方の心配ごとを見にいらした方。 安心だと思い私はお供させていただく事にしました。

13

谷のフジは今が最高の時。 今日の私の目的のひとつ。

でも三年前の滝の様に山を覆って咲くフジの花の群生がありません。

なんでもその方が言うには、ある画家の方が三年前に「フジがこんなに木々に絡まったら森の木が枯れる」と言って、
フジのツルを刈ってしまったそう。 気が付いて注意をした時は随分刈られた後の事だと… 

それで、去年来た時、フジの花がまったくっていうほど無かった訳が判りました。

さて、知る人は知るという素敵な場所へ、山を分け入ります。

14_2

シュンランが咲いています。  が、おじさんササッと行くので写真が…wobbly

しばらく歩くと、とても静かな素敵な所に、手作りの小屋が…  びっくり。

14年ぐらい前からコツコツと造られてきたそうで、小屋の主のおじさんは吹田から天気の良い日はほぼ毎日通い、
日中をここで過ごしておられているそうです。 花壇には、可憐なお花を育てておられて…

17_2


15


16


コーヒー、お茶菓子をご馳走になりました。

そして、「この日は午後から雷雨の予報なので昼過ぎに下山するから、良ければ八幡谷への近道を一緒に降りましょう。 軽いお昼をご馳走しますから」と誘って頂き、ご厚意に甘えさせていただきました。

沢の音、サンコウ鳥、ツツ鳥の声を聞きながら楽しい時間をご一緒させて頂きました。

案内して下さった方は、ご自宅が御影なので、ここでお別れ。

18

御年84歳だそうです。 いえ、70歳前半の様な若々しさ! ゆっくりですがしっかりした足取り。

毎日ゆっくり歩いて山の空気を沢山吸っておられるのか、本当にお元気なお方。

この谷周辺の事をとても詳しくご存知です。

偶然のちょっと不思議な素敵な出会いがあった日でした。 また、お茶菓子を持ってお会いしに行きましょうhappy01

« ロゲイニング企画 | トップページ | 笠形山  »

六甲山」カテゴリの記事

コメント

大好きな裏山ならではの素敵な出逢いがあって、気持ちのいい散歩でしたね。

??の花は多分、カワジシャかと・・

私は何ヶ月振りかの三宮界隈徘徊でした(疲れた~)

clover 裏人さんへ

カワジシャですね! 有難うございます。
あのような、ゴマノハ科の花を見たのは表で初めてですnote
その上、シュンラン、ササユリもありました。

この谷辺りにたどり着くには、早歩きで40分ぐらいかかりますが、
私裏山の小さな沢沿いの可愛いお花を探して、楽しい出会いも
求めて、また小まめに出かけます。

同好の方と出会うと本当に嬉しいですよね。しかも頼れる先輩と縁ができるって本当にすてき。良かったですね。

私も裏山に 日々登ってるみなさんに会いに行ってこようかなぁ。このところあっちやこっちや遠い山ばかりで行けていなくて会えないで居ます。

そういえば 昨日相方がとてもかわいいピンクの花を見つけてきたので 朝から一生懸命調べていたら虫こぶだと判明。まだまだ学ぶことはたくさんです。

clover naruさんへ

偶然の嬉しい楽しい出会いでした。
いつもは走ったり、早く歩いたりしているなだらかな場所でしたが、
この日はゆっくり歩くき、何度も通っているのにまだまだ知らない場所が沢山ありました。

いつもの裏山ですが、奥が深いですconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/45306501

この記事へのトラックバック一覧です: いつもの谷へ散歩:

« ロゲイニング企画 | トップページ | 笠形山  »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ