« 忘年登山♪ | トップページ | 六甲山 道畔谷北尾根ハイク »

2012年1月13日 (金)

神社めぐりの松の内

今年のお正月は例年どおり過ごさせていだたきましたconfident 
幸せなことです。 

30日、31日は掃除に、お節料理づくり。 

年末29日に同窓会、30日夜は忘年会にお呼ばれ。
さすがに年末の夜に連続でお酒頂き、ご馳走頂き、大みそかに掃除をお願いしていた主人は二日酔いで使い物にならず、ひとりで掃除とお重箱二つ分のお節づくりは疲れて足がパンパン。

嬉しい事もありました。
秋から一人暮らしを始めた長女が可愛いお節料理を作ってきてくれたのです。

16

しかし、疲れ果ててた私は、二日の実家での新年会は、お酒を頂いたら隅っこでほとんどウトウト。

今年の年末はもう少し静かにしようsweat01

さて、この何年間、なぜだか家族で元旦に初詣に行かなくなった我が家。

やっぱり初詣に行かないとお正月気分も半減ということで、今年は去年に続き京都までお参りに行ってきました。
子供たちと言うと京都は遠いという事で、長女と長男は動いてくれず。前日乗り気だった次女も家に残り組に参加、昼過ぎからふらっとまたもや二日酔い気味の主人とふたりで参ってきました。

2

昔から一度行ってみたかった、伏見稲荷に初詣。

3_3

あっ、駒犬ではなく、狐さん。

4_2


いや~~、やはり凄い人でした。

本殿はもちろん、鳥居も行列でしたが、四辻手前でやっとまばらに…

6

地元でない私どもは、初詣というより神戸とはまた違う京都の神社の祀りごとに興味深々の観光気分の初詣の半日旅行でしたwink

7

帰りは 東福寺まで歩いて混雑回避。

8
紅葉が遅かったので、根元にはまだ色の残った楓の葉が沢山落ちていました。

そして、小さい時から必ず正月明けに参るのは、西宮戎神社。

今年は何年振りかに明るいお昼間に参拝してみました。

宵宮の朝10時ごろに行くつもりが、他用がはいり11時過ぎ、昼間はお年寄りや子供が多く大変なにぎわいです。 

入場規制があり、40分ぐらいでやっと本殿前へ…

9_2

10_2

青空の元、改修された本殿がちょうど真正面から陽を受け、神々しく輝いておりました。

ありがたや~! ご利益ありますよ~~に!!

福々しい福娘さんから福笹を受け取り、この日は露天には目もくれず電車に再び乗車。

前夜の大河ドラマの清盛が始まった事もあるので、このまま神戸の清盛ゆかりの地を散策と神戸街中ロゲイニングの下調べ。

(ロゲイニング企画もあるので詳しくは書けませんsecret

同じ神戸に住んでいても、東灘に住まいのある私たちには湊川の街はほとんど縁がなく、 初めて尋ねるところばかりでした。

五つの清盛ゆかりの神社めぐりは、街中でひっそりと静かな神社ばかりです。 

この日は数人の方がドラマを見て散策をされている方がおられましたが、暖かくなると静かな住宅街もにわかに騒々しくなるのでしょうか。

平野祇園神社の高台から、今は埋め立てや高層ビルで見えなくなった湊川の港ですが、平安の頃の風景を思い描いてきました。

15

« 忘年登山♪ | トップページ | 六甲山 道畔谷北尾根ハイク »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

「伏見稲荷」「西宮戎神社」
どちらも、大変な人出ですね~sign03
どこを見ても、人・人・人・・・。
人混みの嫌いな我が家は、初詣に行かないんです。
でも、御参りをしたら、清々しい気持ちになるのでしょうね。

いつも、ママさんご夫婦は一緒にお出かけで、仲がいいですねheart04

spade SACHIさんへ

小さい頃から戎神社に慣れているせいか、お正月の混み具合だけは平気なんです。その他は、まったくだめですsweat01
人に揉まれて祭壇前まで行って、お正月だな~ってhappy02

私たち夫婦は、遊び仲間ですかねbleah
SACHIさんも一緒に遊んでやってください。
宜しくお願い致しますsign01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/43717565

この記事へのトラックバック一覧です: 神社めぐりの松の内:

« 忘年登山♪ | トップページ | 六甲山 道畔谷北尾根ハイク »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ