« 大峰山系 赤井谷から釈迦岳 | トップページ | 中山道 木曽高原キャンプ »

2011年8月15日 (月)

沢歩き! 六甲山 大池地獄谷

沢歩きに参加して来ました。

幼い頃の夏、芦屋川の上流の沢に父に連れらて良く遊んでいましたが、本格的な沢登は初体験。

8

準備する道具は、沢靴、ヘルメット、カタビラ、シュリンゲ。

沢靴は先日の釈迦岳で沢を歩くかも知れないと云う事で、すでに購入済みです。

ヘルメットは山道具屋であれこれかぶってみましたが、ブラックダイアモンドのが欲しいな~なんて思っていましたが、頭にチョコンと乗る被った姿を見慣れてないせいかしっくりせず…

ホームセンターに行って工事用のをかぶってみると、似合っていた様だし、安いのでこちらを購入しました~wink

カタビラ、シュリンゲは、どんな道具か、だぶんあれであのように使うのだろうとは想像がつきますが、初めて使うものですし、サイズが色々ある様なので、今回はお借りしました。

今年の早春に地獄谷を歩いて滝を実際に見ていたので、
あの滝をどのように登るのか? 私に登れるのかしら??と、
ワクワク、ドキドキしながらの参加です。

一つ目の滝は、砂防ダムの直ぐ下のせいか水に溶けた落ち葉で水が淀んでいて、入水するのを迷っていたら、登っている主人の足がズルッwobbly 岩がヌルヌルしてそうなで私は尻ごみ… 

ここでは水没したくないと思い、すぐ傍にある登山道で躊躇わず巻いて登りました。

砂防ダムの上の沢から心を入れ替えて、さあ挑戦です!!

22

2_3

ジャポジャポ。 だんだん濡れるも平気になって、そろりそろり歩きも大胆に。

1_2

大滝も登りました。

ベテランさんはスイスイ登られて、ロープで確保してくださり、安心して私もトライ。

3_2
春に、この滝はどうやって登るのだろうか思って上から覗いてた滝は…

4_2
ふだん物静かなあかげらさんが、一番に滝に突入happy02  

オオ~!! 素晴らしいscissors

その後は皆続けとシャワークライミング。 

5_2


もう濡れたらへっちゃら、開き直ってジャボジャボと水しぶきも上げて進みます。

6_2


優しい滑滝もあり、緑のシャワーをたっぷりと浴び。

別荘地を抜け、プチ藪こぎもして三角点のピークハント。

六甲山頂の美しいロケーションにあげられる三国池で昼食タイム。

15_2

そして、下山は水晶山を渡る風に吹かれながら下るという、
下界の蒸し暑い夏の日を忘れる事のできた快適な一日を過ごせました。

山の楽しみ方をまた一つ知る事ができ、
お世話になった皆さま本当にありがとうございました。

« 大峰山系 赤井谷から釈迦岳 | トップページ | 中山道 木曽高原キャンプ »

六甲山」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

楽しい一日でしたねnote

本格的な沢登りは、もちろん初めて!
恐る恐る後から付いて行ったのですが、まぁみなさんの果敢な事と言ったらsign03
「エッ!」「うそ・・・」「そこを行きますか!」
心臓をバクバクさせながらの、初挑戦でしたcoldsweats01

あれだけ見事に濡れると、もう笑うしかありませんよね。
子供に帰ったように楽しかったです。

ママさんご夫妻には色々とお世話になってしまい、本当にありがとうございました。
今度はぜひ、金剛山に来て下さいねheart04

お疲れ様でした(*^-^)

ほんと楽しかったですね♪

私も本格的なのは初めて☆彡
いい体験ができました。

note SACHIさんへ

私はヘルメットを買いながら、あの沢はヌルヌルしていたのに登るんだとか、登山道がすぐ傍にあるから巻けるとか、独り言を言っていたように思いますsweat01
緊張していました。 夜は時々目が覚めたもの…

でも、本当に楽しい一日でしたね!

パセリさんやみかんさんがスイスイと登り、あの普段は静かにお話をされるあかげらさんが滝に躊躇する事無く突入する姿が印象に残っています。

私も裏山で沢チャポ遊びが出来る友達を見つけて、涼しい夏を過ごしたいな~と、思いますwink 誰か勧誘しなければねっ!

金剛山へも涼みに行きますので宜しくお願い致しますね!!

note のん♪ちゃんへ

私と同じ初めてさんだったのですね~!

楽しかったですねheart04
虫さんに好かれたのん♪ちゃんでしたが、後で痒くなりませんでしたか??

月末はもっと綺麗な素晴らしい沢が待っていますよ~!
羨ましいなhappy01
でも、お水は六甲よりもっともっと冷たいかと…confident
また、目一杯楽しんで来て下さいnote

おぉ!素敵です。 格好いいです。
新しい世界がどんどん広がって! いいお仲間が見つかったんですね。うらやましいです。
オーソリティーが先導してくれるとどんどん技術が増えて行くのだろうなと思います。
いいなぁ。 私もこの先どうするか どうしたいか来年までに決めようかと思います。また相談にのってください。

note naruさんへ

今年の冬から突然と云っていいほど、山への接し方が沢山増えてきました。これがもっと若い頃だったら、もっともっとと登山の世界に入っているかと…coldsweats01

技術は無いですが、道具に助けられて安全に楽しんでいます。
もともと何をするのも道具を揃えるのが大好きなので、どんどん家に物が増えてきて、子供たちが白い目で見ていますsweat01 
昨日もネットで欲しいなと思っていたものが、安くなった物を見つけてポチっとしてしまいましたsweat01  どうしましょうhappy02

*** ***
もう、この先の事を考え出したのですか??
私とちょっと似てて沢山の事を楽しみたいみたい様ですね。
身がひとつだし、時間が限られるし… 
今は大きな目標に向けて、恐怖心や不安をなんとか克服して、
それらをひっくるめて楽しんでトライして下さい。
そしてランニングはすべての基礎に繋がるから、楽しく続けて下さい。

こんにちは!
静かな渓相に、癒されますね!
沢登りは、登山の集大成だと私は思っています。
「岩」「読図」ぜひ出来るようになってください!!
セルフレスキューや、ビレイシステム・・・経験すると、もっとバリエーションが増え、更に安全性と冒険性がアップします。
仲間内でも、一番事故の多いのが「沢」です。
かく言う私も、肋骨を5回ほどポキとやっていますが・・・。
そして、「楽しさ」も格段です。

ぜひぜひ、スキルアップをして、楽しいレポをお願いいたします。

メットは、ぜひ登攀用のにしてください!
沢では、メット+キャップが便利です。
滝に打たれるとき、顔前に空間が作れます。
被りの深いメットは、釡やゴルジュを泳ぐ時、リッックに押され、前が見えなくなりパニックになる人も多いです。

note 水流渓人さんへ

沢は登山の集大成なのですね!!

まだまだ、山の深い大きな沢は行けそうにはありませんが
この様に、初心者の私も行ける沢を企画し下さる方々に
今年は巡り合えて幸せな楽しい山歩きを体験出来ています。

来週はもっと美しい初級の沢を計画してくださっていたのですが、私用で参加できなくって、もう残念で仕方がありません… 
私、山ガール(?)から、山女に脱皮中でしょうかしらcoldsweats01

なぜ、山のヘルメットが浅く出来ているのか良くわかりました!! 滝に打たれた時もそうですが、遡行中も前にずれてきたりしてたので、ヘルメットに手を持って行く事が何度かあったのでそういうことだったのですね。

ヘルメットもそうですが、道具は山用の物を購入する事が安全確保なのですね!! 
また一つ勉強になりましたconfident

あっ!それから、この日記に名前の出ておられる「アカゲラさん」
ですが、九州転勤中に水流渓人さんと山をご一緒しておられるそうですよ。 
ビックリしました!!

やはり「アカゲラさん」だったんですね!
ちょいと、そんな気がしていました。
ご主人さんの転勤で関西へ行かれてすぐ、梅田で会いました。
すごくピュアな「アカゲラさん」・・・そちらで山の会に所属された・・・所まで判っていたのですが・・・
繋がって良かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/41218797

この記事へのトラックバック一覧です: 沢歩き! 六甲山 大池地獄谷:

« 大峰山系 赤井谷から釈迦岳 | トップページ | 中山道 木曽高原キャンプ »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ