« 裏山散歩 | トップページ | 六甲アウトドアー・セッション フリーマーケット »

2011年6月 1日 (水)

花を訪ねて裏六甲ハイク

マイミクさんの裏人さんよりお誘い頂き、裏六甲をのんびり
ゆっくり歩いてきました。

実は、裏人さんんのブログを以前からファンだったのです。

そして宍粟の赤谷山で偶然出会い、その後地獄谷でお会いした後
マイミクさんになっていただいき、そしてこの日、憧れの裏六甲の
花園を案内して頂きました。

台風の過ぎ去った後で、まだ少し風が吹いていますが、
涼しい山歩き日和。

裏六甲はまだ新緑が柔らかな色で美しく、清楚で凛とした愛らしい
初夏のお花に沢山出会えましたよ!!

待ち合わせの駅を出ると、緑豊かで、同じ神戸市だと云うのに、
六甲のトンネルを抜けると水の流れも豊かで、全く空気が違い、
住宅地を抜けると棚田のある里山の風景も望めます。

30_2 

登山道までの道路にもウツギの花やスイカズラの花

31

そして、今日見れたら良いなと思っていた、お花にも早々に対面できてしまいました。

4

     アリマウマノスズクサ (有馬で最初に発見された)

花も可笑しな形をしていますが、葉も面白く、裏人さんは顔の長い
ミッキーマウスといっていましたよhappy01

18

山に入る前から沢山の花々でワクワク。

杉の薄暗い植林地では、この冬に主人がトレランで下ってきた山だったそうで、杉の植林地で展望がなく面白くなかったと言っていましたが、春になり季節が変わると足元は可愛らしい花が沢山で前に足がなかなか進みません。

8

ミヤマナルコユリがあちらこちら。

Photo

コクバネウツギは見逃してしまいそうです。

33_2 

12

白いコガクウツギの花、艶やかな葉は薄暗い森で良く目立ち、そしてササユリの蕾もあります。

7

杉の木にぶら下がっているアリマウマノスズクサ
(なんでこんな可笑しい格好?)

30_3

とっても見たかった、六甲山の美人さん
長身で台風の風雨に耐えてました。

32_2

誰にも採られることなく、また来年咲いてね!!

やっと私が見つけののが、トリガタハショウズルの花後。

10

この花、植木鉢しか見た事がないんですsweat01

11

展望があまりない山と聞いていましたが、丹生山系見えるポイント。

Photo_2

      フタリシズカの花園

Photo_3

のびやかに枝を伸ばしたウリハダカエデ。 
その辺り一面はフタリシズカノの群落が広がっていたのです。

14

山頂近くなると、なんとテイショウソウの葉が沢山。

15

魚屋道で見かけた事はあるけれど、ほんのわずか。

16

     丹波の山並み

昼食後は、仏谷へ

Photo_4

いつもよりかなり水が多いそうで、あちらこちらから水が湧き出しています。

20

Photo_5

緩やかに下る谷で、人の手がほとんど入っていなく信州の森に
入ったかのよう。 

ここでも、クモキリソウの花園を教えて頂きました。(まだ蕾)

1

可愛らしい、美味しそうなウグイスカグラの実(食べれる)

25

24

      上手くピントが合わなかった、コゴメウツギ

やがて川の流れと一旦お別れ

1_2

気温が上がってきて日が差し、虫さん達が登場sign01

15_2

      派手な毛虫さん。

16_2

     カワトンボとヤブウツギの蕾      

    17

カワトンボさんはお食事中。
近づいても、じっと睨んで逃げませんでした。

谷を出た所で、チャイのおもてなしをして頂いて
のんびり、まったりheart04

ここは、裏人さんのお子さんが小さい時にキャンプをしに来た
場所だそうです。

1_3

猪ノ鼻滝は凄い水量で大迫力。

逢山峡は三年前の秋、自宅からひとりで山を越えてきて、
シュラインロードから帰路に使った道。

あの時は夕方で寂しくって暗くってちょっと怖い思いをしながら
走り下った道でしたが、季節が変わり新緑の花の多い
お昼過ぎはあの時の印象とは全く違うものでした。

麓の町からは、午後の散歩で沢山の方が上がってきています。
こんな素敵な散歩の場所が近いなんて、なんて羨ましい!!

3

ヤマボウシがすぐ目の前で咲いています。

これから総苞片が真っ白になっていく、まだ青みがかった若い花。 
ここのヤマボウシは小振りでした。

Photo_6

裏人さんが山から下りてきて、一休みをすると云う場所。

夏は裸足になって足を水に入れながら岩に座るととっても涼しいそうです。

15_3

川の流れとも別れとなる橋のたもとのエゴノキには、
ジャコウアゲハが花の蜜を一生懸命吸っています。

まだまだ見たことのない珍しい花、そして表六甲では見れなくなった虫たちを久々に見ることができ、自然豊かな、裏六甲をたっぷりゆっくりと楽しむ事ができました。

裏人さん、お誘い下さり本当に有難うございました。

(2011.5.31)

« 裏山散歩 | トップページ | 六甲アウトドアー・セッション フリーマーケット »

六甲山」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに晴れた昨日行かれたのですか?

私は虫は苦手なのでコメントは差し控えます・・・。
あ~山に行きたくなってきた!緑が見たい!


行きたかったです~~~sweat02
さすがに、裏人さんならではのお山歩き、お花巡りですね。
ママさんの写真をみせて頂いているだけで溜息が出てしまいます。
良かったですね~heart04
次回は、ぜひご一緒させて下さい。

はい わたしも ため息です。 
良いですねぇ うらやましいです。
ウマノスズクサ これなら覚えられそうな愉快な名前と形ですね。 ふむふむ。勉強になります。

六甲山でさ来週 久しぶりにお会いできそうでうれしいです。 私が何時に起きられるかにかかってますが お昼前には登りつきたいと思ってます。あとはお天気ですね。

なんて素敵な花園なんでしょう。知らないお花が一杯。はあぁ、ため息。素敵すぎ。私も行ってみたいです。

clover たかにょろさんへ

虫さん苦手ですか~ 良く見ると可愛いんだけどなぁwink
山を歩いていると、沢山まとわり付いてきます。
走っている時は、虫もまとわりついてくる間が無かったけどねェ

あたしは、ニョロニョロしている奴が苦手sweat01dash

clover SACHIさんへ

ご一緒出来なくてとっても残念でした。
裏人さんは、色々な事を良く知っておられ、
お話を聞きながらのとっても有意義な素敵な時でした。

地元の裏山や草木、生き物をとても愛しておられます。
だから、裏人さんのお写真は花だけではなく、
その花を育てはぐぐむまわりの空気が感じられるのでしょうね。

山の楽しみ方を、またひとつ知る事ができました。


clover naruさんへ

ウマノスズクサ、姿がユニークで思わず微笑んでしまうでしょうconfident

12日にまだ咲いているかしら… 
山頂で楽しんだ後、裏六甲へ下って探してみます?

お天気になりますようにsign01

clover maririnさんへ

ひっそり静かな花園でしたよ。

花の色も白でも、葉が大きくてあまり目立たないので
私ひとりでは見つけられなかったと思います。
地元の山を熟知している方だからこそ知っている場所でした。

日があまり当たらない場所で、
コンデジでは小さい白い花達を撮るのに四苦八苦しましたsweat01

火曜は裏までお越しいただき有難う~^_^
久しぶりにお喋りしながらの裏山歩きは、とっても楽しかったです。

ぶろぐ拝見しながら、お○○の辺りがムズムズ^^;

いい感じに写真撮れてますね。この山は晴れてても薄暗いので花撮り泣かせです。
私も早くUPしないと~camera

次は○○ランですね、楽しみにしています♪

clover 裏人さんへ

火曜日はお誘い下さり有難うございました。

とても素敵な裏山でした。 思い出してはうっとりheart04
お話もとっても楽しかった一日でした。

カメラの事も、もっと勉強したくなりましたが、
まずは自分のコンデジをもっと知らなくては…

そちらには、見たいお花が沢山咲いていて、羨ましいですnote 
とっても厚かましいですが、また宜しくお願い致します!! 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/40218577

この記事へのトラックバック一覧です: 花を訪ねて裏六甲ハイク:

« 裏山散歩 | トップページ | 六甲アウトドアー・セッション フリーマーケット »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ