« 神出の里にて、のんびり、ゆっくり、ほっこり | トップページ | 早春の大池地獄谷へ  »

2011年3月29日 (火)

樹氷の花咲く、 憧れの御池岳

2011年3月27日

残雪の間から可憐に咲く福寿草を見ましょうと、鈴鹿の御池岳へこはるさんに誘っていただき,
maririnさんと三人で登ってきました。

ところが寒波の来襲で、素敵な樹氷の花咲く冬山景色。

今年は山の春はまだしばらく先のことのようです。

冬季は滋賀から三重へ山間を抜ける国道306号線の鞍掛トンネル前のゲートが閉ざされており、
関西で人気の御池岳は登山者が少ない静かな時だそうです。

ゲートの手前で車を止め、高圧線巡視道から取り付き尾根道を伝い、まず鈴北岳を目指します。

登山口から雪が積もり、踏んだ雪がギュキュッと鳴るsnow

植林地帯の急こう配を登って行くと、やがて自然林帯へ出ました。

1

木の間を縫うように登っていきます。

だんだん高度が上がっていくと、左手に白く輝いた向こうの山が樹木の間から視界に入って来ました。

2 

樹氷だ!! 早く見晴らしの良い所に出たい~! 

3

樹林帯を抜け登山道に合流

4

藤原岳、三重県側の平野が見える。

5  

右手に見えるピークが鈴北岳 

6

御池岳が見えてきました。 

麓は晴れているようですが、山の稜線から見える風景は無彩色の世界。
気温は低く、樹氷の花が一面に咲いています。

この辺りはイタヤメイゲツの純林地帯が広がり、黒っぽい木肌と霧氷の白のコントラストがすばらしい。

気温が低く今まで積もった雪は固く閉まり、その上にフカフカの雪が積もっているので
足が沈み込むことなくサクサク歩けます。

7

鈴北岳の山頂まであと少し。

8

青空も時々覗き出します。  雲の流れが速い。

山頂近くから少し下った場所に、福寿草の群生があるというので行ってみましたが、
雪が50センチほど積もっているので掘って探すわけにもいかず諦めて、再び鈴北岳に
登り返して御池岳へ向かいます。

福寿草の開花には、あと二週間ぐらい掛りそう。 
去年は三月半ばに見れたそうで、今年は雪が多いので2週間遅らせて訪れたのですが、
まだまだ山の春はやって来ない。

9

お昼過ぎなのに、樹氷はしっかり付いています。
それだけ気温が低いのですが、日差しが良くなり風が吹くと、パラパラと落ちてきて頬に当たります。

御池岳までは穏やかな谷が続き、道を良く知った人との同行でなかったら迷ってしまうそうで、
ガスが掛ると方向を見失ってしまいます。

11

10

1_2

青い空と無彩色の景色。 日差しにが当たって樹氷が白く輝く。

素晴らしい美しい景色が続き、沢山写真を撮りました。

12

鈴鹿山脈最高峰、御池岳山頂

13

展望の良いと云うボタンブチへ。 

鈴鹿の主の様なおじさんが先におられ、山座を教えてもらいました。 

14
              御在所方面の山並み

           秋に登った綿向山も見えます。 

  ボタンブチの足元は谷へドンと落ちておそるおそる覗く私…

17      

     16

再び鈴北岳に戻ると、さっきの鈴鹿の主の様なおじさんがもう戻っていて、もう一人の方とお茶をしていました。

いつまでもこの景色にどっぷりと浸っていたいのですが下山。

15_2

霊仙山と朝は雲をかぶっていた伊吹山を見ながら下ります。

実は朝登った雪の急勾配を下るかと思ったら少し不安だったのですが、スキーの急斜面を滑り下りる要領で
ストックワークをしてみたら、不安なく下りる事が出来ました。

 

福寿草を訪ねて登ったはずの鈴北岳から御池岳でしたが、寒波の来襲で思わぬ美しい景色に出会え、
感動の一日となりました。

福寿草はまたいつかリベンジ。 
そして、春の花の種類が多く咲くこの山にまた訪れたいと思います。

こはるさん、maririnさん楽しい山歩きご案内下さり有難うございました。 

« 神出の里にて、のんびり、ゆっくり、ほっこり | トップページ | 早春の大池地獄谷へ  »

登山」カテゴリの記事

鈴鹿の山」カテゴリの記事

コメント

丁度その日藤原岳に登る予定だったんです。
私は急用が出来ていけなくなったのですが、やはり寒くて雪山だったらしいです。
麓には桜もちらほら見られるようになりましたね。
またママさんと御一緒したいです。

お疲れ様でした~!

ロングコース&急登、急降下でしたが
しっかり歩かれていましたね~。

来シーズンは、ぜひ12本爪アイゼンとピッケルを買って
もっと綺麗な景色を見に行きましょう。

わ~っ!こんな世界も良いですね。
ちょっと自分を見失っているかな。
ここへ来ると自分を見つめ治せますね。
ただのラン馬鹿にならないようにしなきゃ。
久しぶりにジャンママに会いたいな~。

snow fumikoさんへ

福寿草を求めて今の時期は、藤原岳は大賑わいだそうですよ~
ふみちゃん、日記見ましたよ。 
肋骨にひびが入ったとか?? もう良くなりましか?

また今度お山行きましょうね!! 

snow こはるさんへ

静かな美しいお山へ誘って下さり有難うございました。
あんな素晴らしい雪山景色を見たら、来年は標高を上げて、
また違う風景を見たくなるのかもしれませんね~sweat01

GPSも欲しくなるし、カメラも、沢歩きの為の靴も…
なんぼでも道具が増えてきて、何処に収納しましょう?? 

snow tacocoさんへ

今回の震災で、私も昔の事を思い出して気持が沈み、体調も崩してしまいましたが、自分自身の元気を取りもどす為に山、森、里へ行くことを再開しました。
ただどっぷりと自然の豊かさ、大きさの中に身を置くだけで、
何も考えないんだけど…coldsweats01

ランはその場にたどり着ける体力維持の為だけになってしまった私です。 
またお会いできる時を楽しみにしていますね!!

日記楽しみにしておりました。先週末ここでも雪が降ったのできっと美しいだろうと思っていたのです。
やっぱり素敵ですねぇ。着実に 山女度がステップアップしておられてうらやましいです。

御池岳は私も父に連れて行って欲しいとねだっているところです。雪が今年は遅くまで残っているのでもう少し先になるかしら。雪の鈴鹿は私にはまだ少し怖くて・・ 同行してくださる方がいてうらやましいです。

彦根から入る石榑峠が工事が終わって開通し藤原町へのアクセスがよくなるので きっと今年は大賑わいだと思います。賑わって 早く台風後の復興が進むようになるとといいなと思ってます。

snow naruさんへ

雪山を今年から始めましたが、どの日もお天気に恵まれて、
最高の景色を沢山味わえました。
これも、引率してくださった方がちゃんとコースを見極めてくださり、
天気も考慮され、道具も選んでくださったおかげです。
私はまだまだ、沢山の事を勉強して山に臨まなくてはなりません…

naruさんがお父様と新緑の御池岳に行かれる時、
一緒に登れたらな~ 
秘密の素敵な所を沢山知っておられそうですもの。

素晴らしい樹氷!
フカフカの新雪にこの景色、いい日に行かれましたね~。
雪山も、長距離もしっかり歩かれてさすがです。
3日、どうかお手柔らかに・・・sweat01

snow SACHIさんへ

まだ慣れない雪山。 
ドキドキ、ハラハラしながら登っています。
もう、雪は終わりですね。
まさか、あのように美しい雪景色をみれるとは思っていなかったのでラッキーでした!!

明日、こちらこそ宜しくお願い致しますね。
なにせ、読図をしながら藪歩きは初めてなんですものsweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/39405662

この記事へのトラックバック一覧です: 樹氷の花咲く、 憧れの御池岳:

« 神出の里にて、のんびり、ゆっくり、ほっこり | トップページ | 早春の大池地獄谷へ  »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ