« 琵琶湖八景 新雪 賤ヶ岳の大観 | トップページ | ぐるりと360°素晴らしい展望、 赤谷山 »

2011年2月16日 (水)

雪の表六甲 裏山散策

月曜の昼前から降り始めた雪が、夕方までドンドン積もりました。
めったに積もらない表六甲山。 登らなくては~!!

翌朝、雪景色の裏山のマイランコースを山のお師匠様こはるさんをご案内しながら、のんびりと歩いてきました。

岡本の街の雪は夜の気温が高かったので朝には溶けてしまってましたが、八幡谷登山道の入り口から雪がちらほらと。

登るにしたがって雪がどんどん増えてきます。

1_2

 良く登る道なのに、雪が沢山積もるとまるで違う所に来たみたい。

2_2

3_2

今日のコースは…

八幡谷~七兵衛山東巻き道~打越峠~黒五谷~住吉川上流~黒五谷~魚屋道~横池~風吹岩~金鳥山~保久良山~八幡谷

5

黒五谷で川の写真を撮っていると、なにやら向こうの方で小動物の動く気配!

6

ジュウビタキが二羽がいます。 翼の白斑が印象的。 尾の下がオレンジ色。

黒五谷から住吉道へ出る道も雪が沢山積もっていて、踏み跡が無かったら迷ってしまいそう。

7  

西お多福山へ続く、五助山の斜面は日当たりが良くて雪が落ちてしまってます。
随分ゆっくり歩いたので、ここから西お多福山の斜面を見に行くと麓に戻るのが遅くなるし、
きっと日当たりが良い斜面なので雪景色は期待できないと思いここで再び黒五谷へもどることにしました。

黒五谷の沢伝いの道をゆっくりのんびり。

9

  積雪は10センチ以上。 日蔭ではキュッキュと雪が鳴るhappy01

10

     横池もこの通り。 
あちらこちらに踏み跡を付けるのが勿体なくて、前に歩いた人の踏み跡を歩きました。

まるで、山がこの日だけ休眠中みたい。

雪で奇麗な表六甲はめったに見れない事なのです。

そんな美しい特別な景色の表六甲の沢沿いを、楽しくお話をしながらゆっくり歩いた半日でした。

8

     綿の木のように、冬枯れの枝に雪の花 

4

     あとひと月ほどで、藪椿の花のトンネルのシーズン。 

               春がすぐそこ。 

« 琵琶湖八景 新雪 賤ヶ岳の大観 | トップページ | ぐるりと360°素晴らしい展望、 赤谷山 »

六甲山」カテゴリの記事

コメント

師匠だなんて;;とんでもないですよ~
教えられることは少ないですが
何でも教えますので、ガンガン聞いてください。

雪がつくと別世界でしたね。
この沢沿いのコースはまた歩いてみようと思います。
素敵な道を教えてくださって、ありがとうございました。

snow こはるさんへ

別世界になった裏山をご一緒出来て、とても嬉しかったですnote
知らない山の話も聞けて、
帰ってから本で話に出た山を復習しました。

黒五谷から本庄橋まで行って、西お多福山を巻いて住吉道で
麓に下りたら沢山走れます。
でも、こはるさんは住吉川をそのまま下るんでしょうね!?
藤の花が山の斜面に滝の様の咲く頃も見に来て下さい。

積雪10cm、登らなくちゃ~!
フフフ、判りますheart04
ジッとしてなんかいられませんよね~scissors
キレイな六甲山、雪の山道を堪能出来て良かったですね~note

snow SACHIさんへ

今シーズンは『登らなくちゃ!!』と思ったのが何度かありましたが、
いずれも仕事や用事が絡んで行けなかったんです。
表六甲の雪は直ぐ溶けてしまうものでsweat01 嬉しくってnote 
今度は夜明けと共に登って一番目の踏み跡付けなくてはwink

地元の毎日六甲へ登る人は雪に慣れてないのか、
あんなに奇麗な雪化粧した山を登る人は少なかったみたいです。
おかげで、静かな景色を堪能できました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/38887264

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の表六甲 裏山散策:

« 琵琶湖八景 新雪 賤ヶ岳の大観 | トップページ | ぐるりと360°素晴らしい展望、 赤谷山 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ