« 愛宕山で初詣と雪遊び♪ | トップページ | 美味し~い、マラソン大会 »

2011年1月26日 (水)

六甲山 住吉道から有馬へ

お正月からの冷え込みで、有馬の氷爆がかなり凍っているという情報が得ましたが、
予定していた日に急用が入ったりとなかなか見に行く事が出来ずにヤキモキ…

やっと、見に行くことが出来ました。

この日の登山コースは、
八幡谷~打越峠~黒五谷~住吉道~本庄橋跡~七曲~一軒茶屋~縦走路~紅葉谷 ~氷爆~有馬

相変わらず、お昼前の出発の私たち二人ですsweat01

Imgp3634_1

つづれ折りのトレイルを上がりきり、見晴らしの良い処におられるお地蔵さん。

毛糸の帽子と新しい赤いよだれかけを身に付けておられました。

この地点で、なんともう12時半過ぎ。 急いで登りますが、前夜は終電が無くなる時間まで飲んでいたので、
足が重く、その上アキレス腱がジンジンして、スタスタ歩けませ~んsweat01

「あ~~! しんど~い!!」の独り言の連発でしたhappy02

打越峠を越え、黒五谷、住吉道と進みます。

葉が落ちて明るくなった黒五谷の森では、小動物が驚いて逃げてく~!

日の当らない場所では、大きく成長した霜柱をわざとバリバリと踏んで歩いたり…

Imgp3642_1_2

それに住吉道は、住吉川のせせらぎの音が心地よく、冬枯れの明るい山肌がとっても美しい楽しいトレイルで、
重たい足も軽くなった気がしてきますnote

Imgp3640_1

     キラキラと輝いていた、コウヤボウキの種

西お多福山山頂へ向かう途中の分岐から、本庄橋へ進みます。

住吉道から本庄橋への山腹を巻く道は、30年近く振りに歩く道。

この辺りまで登ってくると、先週の雪がまだ残っていて気温がぐっと下がってきます。

Imgp3648_1

寒さが緩んでいたので、七曲も滑る事無く登れて一軒茶屋へ到着。

体が重く時間が掛ったように思えたのですが、二時間半ほどで登る事が出来ました。

一軒茶屋で休息後、トレランシューズに軽アイゼンを付け、縦走路を紅葉谷へ走って下り氷爆見学。

Imgp3654_1

Imgp3656_1

     すっかり日が陰って、薄暗くなった紅葉谷。 出会った人も5人ほど。

氷爆は、気温が上がってしまったので随分溶けて落ちてしまっていましたが、それでも去年よりは凍っていました。

Imgp3661_1

      百間滝

Imgp3670_1

     似位滝

足は重くバテバテでしたので滝見学はこの二つだけ。

それでも下りは走った方が楽なので、有馬までゆっくりラン。
次回(来年)氷爆を見に来る時は、「山越えで見にくるのではなく、有馬から登って家へ帰るコース」にすると反省のしながら
芦有バスで帰路につきましたcoldsweats01

あ~~ぁ、足が重たかったdash

snow sun snow sun snow

さて、実は今回お気に入りの帽子を落としてしまいました。

たぶん、岡本のコンビニで昔お世話になった方に偶然出会い、ご挨拶をしている時に落としたと思われるのですが
帰りにコンビニで訪ねても無かったので、翌日の朝に帽子が無い事に気がついた黒五谷まで登って探してきました。

帽子は見つからなかったのですが、前日重たかった足は次に日は軽く動き、
家から30分も掛らず打越峠に到着up

Imgp3637_1

折り返して帰るつもりでしたが、良いお天気で勿体なく思えたので走って住吉川沿いの住吉道を下って帰る事に。

Imgp3672_1

とても良く整備されたトレイルで楽しく走れる。

Imgp3675_1

     五助ダムのダム湖。

Imgp3676_1

ここに来るのも、住吉道と同じく30年振り。

土砂が溜まって、水分広い河原のようになっていて、昔と景色がかなり変わっています。

帽子を落として残念な思いをしましたが、久しぶりに懐かしい景色を朝の清々しい時間に見れ、
楽しく山の中を走れたので、良かったかな??

Imgp3681_1

     神戸の街を山からの土石流の水害から守る砂防ダム

           この五助ダムは六甲山系で最大級のダムです。

« 愛宕山で初詣と雪遊び♪ | トップページ | 美味し~い、マラソン大会 »

六甲山」カテゴリの記事

コメント

凍っていて、良かったです!

表六甲からの縦走とは、体力がありますね~
私は有馬からのアクセスの悪さが引っかかって
仕事の前には電車で移動できません。

トレランも復活されたようで^^

snow こはるさんへ

氷爆は『きっと崩壊しているよ』と言いながら見に行きましたが、
まだ、凍っていてくれてましたscissors

ご存じだと思いますが、有馬へはバスが一番早いです。 
岡本(予約制)からや夙川からもあるようですし。
ただ、カーブが多くって酔いそうになりそうなのが難点sweat01

トレランといっても、今の私は〝ゆくっりランランnote”です。
ピョンピョン走っていた時の
三分の一ぐらいのスピード感で走ってますから…

六甲には、ずいぶんあちこちに滝だあるんですね。
今週末にまた寒波が来るらしいので、カチーンと凍るかもしれませんshine

赤い毛糸の帽子のお地蔵さん、この寒さを見かねて、どなたかが作って差し上げたんでしょうねheart04

やっとPCの前で写真が見れました。(携帯古すぎて写真が見れないの)
うわぁ 素敵です。そっか 流れる水が凍るってことは相当冷えたんでしょうね。おもしろいですね。
未だ氷爆って見たことないです三重でもどこかで見れるか調べてみようと思います。。
私も今日は裏山でほくほくするくらい素敵な雪を見てきました。お互い日帰りでこんな素敵な冬が楽しめるなんて今年はいい年ですね。

snow SACHIさんへ

六甲山には、大小さまざまな沢山の滝がありますが、
凍る滝は北斜面に行かないと見れないので
我が家から大急ぎで歩き走りでいっても3時間半ぐらいかかちゃいます。
去年はバテなかったですが、一年経った今年はバテバテ。
年だな…wobbly 次回は乗り物で楽々で見に行きます!

snow ナルさんへ

裏に雪を抱えた山がありますが、大きな峠を二つばかり越えて、
六甲山最高峰のあたりでやっと雪に出会えるの…
往復五時間弱コースでしょうか?? 

南斜面にはめったに雪が積もりませんから、
今週の寒波で『雪がこぼれて降ってこ~~い』っと
この三日間山に向かって念じてます。
そうすると、家から30分でほくほくする雪景色が見れるのにな~heart02


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/38611705

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山 住吉道から有馬へ:

« 愛宕山で初詣と雪遊び♪ | トップページ | 美味し~い、マラソン大会 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ