« 千畳敷カールから木曽駒ケ岳 | トップページ | よみがえりました~♪ »

2010年8月13日 (金)

車中泊旅行

今回の駒ケ岳登山は、下山して帰路についても、きっとどこかで睡魔が襲ってきて車で寝てしまうだろう…

そう思ったので、子供達にはたぶん車で一泊して帰ると思うからと伝えて出かけてきたのでした。

山から降りきたらとってもお腹がすいたので、駒ヶ根高原でのご当地メニューのソースカツどんを食べることにしました。

キャベツがどんぶりから蓋をしてもはみ出しているぐらいの大盛り。

どっか~んて感じで、見た目に圧倒されてしまいました。

まず、カツをぱっくり。 カリカリの衣にサラリとしたソースを浸してありとても美味しかっのですが、
カツが大きいのでキャぺツとご飯になかなか行き当たりません。

やっと、キャベツとご飯を食べれたのですが、やっぱり関西人の私はカツどんは出汁の卵とじの方がしっくりくるな~。

お土産にソースを買って帰ったのですが、家族も別々で食べたいという意見で普通のとんかつ定食になってしまいました。

お腹が一杯なって眠たくなりそうですが、その前にこれからを計画。

駒ヶ根高原に地ビールのお店(味わい工房)をパンフレットで見つけていたので、夕食はそこのお店で、
次は車中泊を出来る場所を探しにいきます。

駒ヶ根キャンプ場になんとかお願いして、特別に駐車場にテント一張り(2000円)で泊まれせてもらえることになりました。

翌日の簡単な朝食の材料を買い込んで、汗を流しにこまくさの湯に向います。

こまくさの湯は眺めが良くって、綺麗でとてもよい湯でしたが、念のため地ビールの味わい工房に予約と思って連絡したところ、
この日は土曜日、すでに団体の予約が入り、もう予約を受け付けておらず、早く来店すれば食事が出来るという話だったので、
お風呂はゆっくり入るのを諦め、私が食事の順番取りをすることにしました。

主人は一旦キャンプ場に車を置いて戻ってきます。

こういう時ランニングしていると、ちょっとの距離が苦にならないから助かりますよ。

わたしがカウンターバーでビール一杯飲みきらない間に戻ってきました!!

大人ふたりだから、外食でちょっとだけ贅沢して車中泊キャンプ。

地ビールのお店はビールを美味しく飲むためお食事も凝っているので、大抵はハズレがありません。

思ったとおり、こだわりの味で美味しい~note

地元の美味しい野菜、ハム、馬刺し、燻製の盛り合わせ…beerwine

Photo

その上、開店直ぐに入れてテラスの席を希望したので、千畳敷カールが真正面に見える一番良い席に座れる事ができ、
お昼が遅かったのであまりお腹がすいてなかったこともあり、かえってゆっくり山を眺めながら過ごせました。

Imgp1241

早く帰っても、何もすることがないものねェconfident

車に戻ると、キャンプ場はまだまだ賑やか。 でも、私はアッという間に眠ってしまいました。

夜中は寒くなって車の窓閉めたぐらい、高原は涼しいsleepy

あんなに早く寝たのに、起きようと思った時間より寝坊してしまい、朝焼けの山をちょっとだけしか見ることがでずでした。

Photo_2

     鋸岳、甲斐駒ケ岳

雲が多くって、太陽が隠れ、朝焼けはあっけなく終了。

簡単に朝食をすまして、キャンプ場まわりを散歩した後、観光しながら帰路につきます。

Photo_3

     白い石がゴロゴロした太田切川

まずは天竜峡に向ったのですが、旧道を走ると時々対向車がきたらどうするのというぐらい山の斜面が迫った細い道coldsweats02 

そして、民家がまったく無いのに、犬がワンワンと吠えているのが聞こえ、「何でだ?」と思ったら、乾いた音が「パン」sign02 銃声sweat01 

もう一度同じ音…

聞きましたよ銃声。 ドキドキsweat02 熊でも追ってたのかな??

天竜峡へ到着~sweat01

I

天竜峡ではライン下りには乗らず、天竜峡歩道をぐるり歩いて一周。

Photo_4

木が生い茂って、あんまり川が見えない~ 

駐車場隣の道の駅?で、お土産に地野菜を沢山購入。

また、子供達には野菜ばっかりと言われてしまいそう。 

無料で、おばさんの作ったミョウガがたっぷり入ったトン汁を頂いて、手作りの五平餅を食べ、
本当の五平餅の美味しさを知りました。 高速のパーキングエリアとは比べ物にならないdelicious

次は妻籠へ向います。

まだお昼前。 朝早く出発したから、ゆっくり巡れるわ~!

Photo_5

妻籠は中山道と伊那道が交差する宿場町。

I_2

妻籠の人たちは町並みを守る為に家や土地を「売らない・貸さない・壊さない」という三原則をつくり、
生活しながら、江戸時代の街並みを守っているそうです。

それぞれのお宅の玄関先には、お花が工夫されて生けられています。

Photo_7 

日曜日は桧笠、木工のロクロ細工、和紙での工芸品を実演販売していました。

主人はロクロ細工のボールペンを自分の土産に購入。 

私は地元のおばあさんたちが考案した、手すき和紙のこよりの馬の置物を記念に買いました。

Photo_8

特に私が置物を買うのってとっても珍しいのです。

それだけ、ほのぼのと愛らしいと思ったこよりのおうまさんです。

Photo_9

ロクロ細工の方ご夫婦(?)、紙縒り細工のおばあさんともお話ができとっても良い妻籠での思い出ができました。

駒ヶ根、木曽路どこに行っても、アルプスから流れる豊かな水の音に囲まれ、本当に清々しい夏の一日を送れ、
また蒸し暑い神戸で元気に過ごせます。

« 千畳敷カールから木曽駒ケ岳 | トップページ | よみがえりました~♪ »

オートキャンプ」カテゴリの記事

コメント

>お土産にソースを買って帰ったのですが、家族も別々で食べたいという意見で普通のとんかつ定食になってしまいました。

これ判りますね~coldsweats01
きっと我が家でも同じだと思います。
ご当地で食べた時は、それなりに美味しいものでも、我が家に帰って来ると、我が家流が一番美味しかったりしますもの。

pig SACHIさんへ

ご当地メニューはその場で食べてから美味しい物ですね。
昔スキー場でソースカツどん食べた時は、もっと美味しいと思ったのですが、あれは若かったからでしょうかねェ??

ブログ、製作途中で間違って公開してましたので、続きよかったら読んでくださいねsweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/36131491

この記事へのトラックバック一覧です: 車中泊旅行:

« 千畳敷カールから木曽駒ケ岳 | トップページ | よみがえりました~♪ »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ