« 今年はどうしても、信州の山に行きたい!! | トップページ | 食べるラー油 »

2010年7月 6日 (火)

ボッカトレーニング

好日山荘梅田の新装オープンセールで, 山小屋2泊程度の荷物を入れれるパックパックを購入。

Photo_2 

「さてさて、山に荷物を担ぎ歩く練習をしなくっちゃ!」

先週半ばは、メチャグチャ気持ちが落ち込んでドヨヨ~ンとし、寝れない日が多かったけど、身体を動かすことでリフレッシュする私です。

土日にあわせて体調を整え、山計画。

金剛山へ可愛いお花が咲いている情報を頂いていたので、金剛山から紀見峠へ行くつもりで電車、バスの時間もしらべ計画をしていたのですが、前日の土曜日のすごい雨と天気予報がちょっとした梅雨前線の動きでどうなるか判らない状態。

霧でモアモア世界も魅力的なのですが、関西圏の初めて行く山は天気がよい方が良いかなと思い、近場の六甲山へ初めてのボッカトレーニングをしてきました。

朝7時、日が差してきた~! 金剛山行けたかも~sweat01。 

でも、ベランダから上空を見ると北西の風が吹き、かなり速いスピードで流れている… 

こういうときは、大阪湾の湿気が金剛山や生駒に当たってあちらはきっと天気がもうひとつだろう…と思うことにして、今日は六甲へトレーニング。

ハイドレーションには水を満タンに入れ、ペットボトルにお茶、凍らしたアクエリアス、雨具、着替え、他にも山へ必要と思われるものを詰め込んで、 さあ、出発!! 

「よっこらしょ!!」  ヨロヨロ~sweat01 

バックパック担ぐの重~いwobbly

背中の荷物は、7.6キロ。 

それでも今日は初日、大おまけの重さです。

もっと重たいのを平気で担げるようにならなくては…

Photo_3 今回は裏山登山口ではなく、家から西の住吉川沿いをテクテクと2㌔ほど歩き、寒天道を登ってきました。

Photo_4

川は昨日の雨で、水量が多く、ゴー、ゴーと水の音がします。

登山口までテクテク、駆け上がれませんので、けっこう時間が掛かります~。

寒天道の入り口の沢は、子供が小さい頃バーべキューしに来たり、湧き水汲みにきたりした懐かしい場所です。

本住吉神社の奥社の脇から登山口。

Photo_5

ってsign02、 奥社があるのを始めて知りました。

あちらこちらの登山口から登っている主人も、この道は初めてだという。 

なのに、地図をうっかり下駄箱の上に置いてきてしまいましたsweat01

でも、六甲の古道のひとつなので、道ははっきりしています。

ただ地図がないと、どのぐらいで山頂にあがれるのかちっとも予測がつかず。

荷物が重いので足を運ぶテンポがいつもよりかなり遅い。

そのうえ笹が顔辺りまで伸びきって藪こき状態で、下ばかり見ての登山。

Photo_6

梅雨時の六甲の登山道は笹が伸びきった道が多いのですが、梅雨明け頃になると山岳会の方が笹の葉を刈り取ってくださって整備してくださるようで、「有りがたいな」っと思います。

寒天道は道がはっきりしているのですが、かなり細い尾根道。

最近の大雨で、道が川となり小石がゴロゴロ崩れ落ちてきている。

ズルッと足を滑らしたら、谷へ落ちてしまう道です。 

背中が重くってヨロヨロしそうですが、踏ん張って登ります。

初めてのトレーニングにはちょっとスリリングなコースでした。

花も咲いていないし、今日はとにかく登りは足もとに集中。

重たい荷物で、段差をのぼるのは本当に大変。 

昨日の雨で湿度も高くって、暑い暑い…

よいしょ、あ~しんどい、おもた~いと何度口から出たことか…

でも、山頂近くなると、上空に冷たい北西の風が吹いていたので、ひんやり涼しくって疲れも吹っ飛びました。

六甲ケーブルの発車の音が聞こえてきて、道もなだらかになり、山頂も近い様子。

バス道に出たところで、ちょっと休憩。

Photo_7

雲は厚くどんよりとしていますが、紀伊半島、友が島、紀伊水道も見えています。

金剛山は…  金剛山だけ、雲を被って見えませんでしたwink

今日はこの後、ガーデンテラスで昼食。

Photo_9

       ガーデンテラスから木津や京田辺方面??

下山は紅葉谷を経て、有馬に温泉、ビール目指すことにしました。

紅葉谷は六甲で唯一ブナの木の森があります。

Photo_8

道はところどころ、水が流れ、小さな沢のようになっていました。

道をそれて、滝を見に行くと今日は迫力が有るのだろうなと思いますが、この重い荷物を背負って滝までの細い道を降り、また登ってくると言う気は起こりません…

登山者もいなく、沢で霧が発生したり、幻想的な紅葉谷。

Photo_10

スットクも使ってみて、膝に負担の無い降り方も試してみるけど、判ったような、判らなかったような… 

でも、確かに踏ん張る必要がないので少し楽かもしれません。

今度は登りでも、ストックを使ってみよう!

のぼりは大変でしたが、新しいことが体験でき、新鮮な気分。

有馬の金泉で汗を流し、お目当てのビールは山から降りてきた人で超満員で入ったことのなかった、お好み焼き「一休」で…。

Photo_11

ビール2杯ぐらいのつもりが、三時間近くも座って、店の人と話をしたり、観光で沖縄から来たという若いカップルと話をしたり、アッと今の時間を過ごしました。

いくつになっても、新しい事を体験出来た時は、本当に楽しいものです。

heartheart この日出合ったお花達は、少しだけ… heartheart

      ムラサキシキブ

Photo_12

     オカトラノオの蕾

Imgp0763

     ヤマボウシ

Photo_13

    コアジサイ

Imgp0775

     シチダンカ

 Photo_14

« 今年はどうしても、信州の山に行きたい!! | トップページ | 食べるラー油 »

六甲山」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

土曜日はよく降りましたよね。
金剛山に行けたか気になっていました。

重い荷物を背負うのって背負い方にもコツがあるのかな。
7.6kgでも相当な重さですよ、実際泊まる時は何kg位
になるんですか?

体を動かしたり、お喋りをすると元気が出ますよね。
以前は疲れていると家ではあまり喋らなかったんですが、
今はひたすら喋って、子供から元気を沢山貰っています。
子供は迷惑でしょうね(笑)

この暑い中、ボッカトレは厳しいですよねsweat01
エライな~sign03
先に目標があると頑張れるのかな?

金剛山、ぜひお天気のいい時に遊びに来て下さshine
樹林帯の中は、夏でも比較的涼しいですよscissors
楽しみにしています。

snail たかにょろさんへ

まだ荷物は全部でないから増えますよ~! 
10㌔は軽く越えますhappy02

防寒用衣料、着替えもう一組、食料、ストーブ、コッフェル、食器、ツエルト…
テント泊なら、テント、シェラフ、マット…

去年ハセツネで見た、フル装備担いで走るおじさん尊敬します~dash

たかにょろさんは、良き友にやっとめぐり合え、仕事も心機一転、
今は迷いが無く、充実しているから良い笑顔がでるんですね!!
母は家庭の太陽~sun 
母が元気な笑顔でいたら家族はみな元気になれるのですheart04

snail SACHIさんへ

ボッカトレ、重たいけど、身軽で大急ぎで山登るより暑さはましでした。
とにかく、初体験がとても楽しかったんですnote

心地良い汗でしたが、湿度が高かったのでかなり汗をかいたようで、
いくらビール飲んでも、喉が潤わなかったです…sweat01

金剛山のイナモリソウ、まだ咲いているのかな~
とっても、とっても気になります…confident

ボッカトレ、頑張っていますね!

私は、テント泊なら14~15kg、小屋泊なら10kgを切る荷物です。
「本当にテントが入ってるの?」とよく聞かれますが
私は体が小さいので、荷物を小さくしないと
風が強いときや岩場で引っかかったときに大変なのです。
ご主人と共同装備なら、テントでも12kgぐらいで行けそうですね。
荷物を担いで歩くのは、慣れが必要ですが
ジャンママさんの体力なら大丈夫ですよ!

snail こはるさんへ

こはるさんの荷物が少ないと大御影山の時に聞きましたが、
自分でこうやって荷物を詰めてみると、荷物を少なくするのが難しいのが良く判ります。
こはるさんの小柄な身体で14~15㌔… スゴイですsign03

私は次の日肩と腰がちょっとだるかったですが、主人が今朝も腰が痛いと言っていました…
普段の家族5人分の買出しが役に立っているのでしょうかbleah
次は2㍑のペットボトルを追加して上がれそうですup


学生の頃 重い重い黄色いテントやボーリングの球を背負わされて 一歩ずつがしんどかったの思い出しました。
テントは さらに翌日は水分含んで重たくなって。。。 あぁつらかったです。 替えのパンツと靴下を日数分持って行って怒られました。

今はカッパもテントも軽いですから そんなに無理しないでくださいね。

近くても山いけるといい気持ちですよね。 私も裏山愛せるようになりたいです。(まだ登りがきつくて恨み節が出ます)

snail naruさんへ

黄色い重い三角テント、家にも有りましたよ。
友達に貰った、初代テントです。 
今のテントと比べると、ほんと重かったですよね。

いやいや、必要最小限を持って歩くのつもりでが、
やっぱり10㌔はいきます。
すべての持ち物が軽量化、コンパクト化されている時代ですので、
ラッキーですわscissors

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/35645895

この記事へのトラックバック一覧です: ボッカトレーニング:

« 今年はどうしても、信州の山に行きたい!! | トップページ | 食べるラー油 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ