« お気に入りな物、楽しみな事。 | トップページ | 上高地へ行こう! 徳沢から、北アルプス登山道ちょい歩き。 »

2010年6月16日 (水)

上高地に行こう! 

6月12日は私の誕生日なんです…

ここ何年間は自分から行きたいところを, 主人にリクエストするようになっていました。

美味しいご飯を食べたり、 ライブを聞きに行ったり、 トッキングに出かけたり…

ところが、去年はリクエストせずにいたら、ケーキーを子供達が買ってきてたけど、そのほかにはお楽しみが何にも無かったような…

ちょっぴりと物足りない去年の6月でしたので、今年は密かに上高地へ行く計画をたてて主人に、「今年の誕生日はちょど土曜日だから、一泊で上高地に行こうよ」と誘ってみました。

20歳前からずっと行きたかった上高地。 

スキーやキャンプで上高地の周りは数え切れないほどウロウロしてますが、今まで行く機会がなかなかつくれませんでした。

二年前にも乗鞍高原への大会の前日に行けるかなと期待してましたが、名神が事故の為大渋滞で行けず…、その夏のキャンプはワンコ連れだったので入山できない…

やっと、やっと行くことのできた上高地でした。

二日目のスケジュールを焼岳に登ろうかとも思いましたが、どっぷり、ゆっくり上高地を楽しむ事にして、宿泊地は奥上高地・徳沢の「徳沢園」。

Photo

数々の小説にも出てくる有名な山小屋で大人気、なんとか滑り込みセーフで相部屋の予約が取ることができ、旅行の日まではタイムスケジュールを立てるのが、楽しいくってワクワク。

最近は山行きスケジュールを組むのが楽しくって仕方がない私なのです。

渋滞も無く、自宅出発から四時間少しで、残雪の乗鞍岳が見えてきました。 

梅雨入り前の素晴らしい良い天気heart02  

Photo_2

上高地へは一般車両が入れませんので岐阜県側の平湯温泉に車を駐車して、バスで入山します。

アカンダナ駐車場からシャトルバスに乗で平湯バスターミナルへ、 上高地行きのシャトルバスに乗り換え上高地の入り口大正池でバスを降りました。

Photo_3

幾筋の沢を刻んだ焼岳と、青い水面の大正池が眩しいく美しい。

今回は大好きな春のお花も見たいのは当然ですが、上高地を囲む山々がぜひとも見れるようにとずっと願っていました。

その願いがすべて叶いました。

到着を予定していた時間よりかなり早く入れたので、ゆっくりと景色を楽しみながら時間を掛け、徳沢まで行くことが出来たのです。 

「山の神様~! ありがとう!!」

Photo_4

田代湿原からは、穂高連邦が見事に見えます。

Imgp0194

田代池は霞沢岳や六百山の伏流水や湧き水が溜まった出来た池。

ケショウヤナギの新緑が美しく、ケショウヤナギの花の種が風が吹くと雪のようにフワフワと飛びます。

湿原からは林間コースで梓川の川原でおにぎりタイム。

Imgp0557_2 Imgp0271   

上高地では、何か食べているとキジバト、マガモが寄ってきて落とした食べ物を食べているよう。 でも、故意に餌をあげてはいけません。

川原から歩いてきた方向を眺めると、焼岳が小さくなってきました。

Imgp0217_2

田代橋からは梓川右岸道へ…

Photo_5

この辺りは、上高地の中心地。

ホテや立ち寄り湯があり、天気も良いので沢山の人が上高地を楽しみに来ておられ賑やかです。

対岸からの、霞沢岳や六百山の展望。 

Photo_6

そして、かの有名な河童橋に到着。

沢山の人が橋の上で写真を撮ったりしていて、人の間を縫うように渡りました。

Imgp0257

河童橋から、穂高連峰、岳沢と明神岳。

地元の方も、今日は本当に綺麗に見えてると言っていました。

そして、この日は偶然なのですが、小梨平で上高地音楽祭があり、山本潤子さんのコンサートが入場無料で開催されていたのです。

Photo_41

彼女の透き通った歌声を、穂高連峰の残雪、新緑をバックに時々風に吹かれてケショウヤナギの種が雪の様に舞う中で聞く事が聞けたのです。

ちょっぴり、感激でウルル…

お天気、コンサート、徳沢園宿泊と楽しい事だらけの一日ですnote

最初の計画では、コンサートは途中まで聞いて、徳沢には4時頃到着し、ゆっくり過ごそうと思っていたのですが、素敵なコンサートでしたので最後まで聞いてしまいました。

徳沢までゆっくり歩いて2時間近くの予定。 到着が5時前… ちょっと急がなくてはなりません。 

走れば速いのですが、背中の荷物ちょっと重い、 走ると景色を見逃してしまう… そして、靴はトレランシューズではなく、登山シューズですから… 

Photo_7

明神岳が見えてきました。

40分で明神橋到着。  

計画では1時間10分徒歩でしたので、これで4時半頃に徳沢着かな~?

此処から先は、人もまばらで多分行く人は徳沢か先の横沢に宿泊予定の人ばかり。

道もゴツゴツとした登山道らしくなって来ました。

こんな道は、登山シューズが石も気にせず歩けて楽ちんでガツガツ歩けます。

沢山の小鳥の歌声。 カッコウの声。

森では、猿の親子達と遭遇。

Imgp0303

梓川が良く見えるところでは、対岸にフワフワの毛のカモシカがご挨拶現れてるというサプライズ。

Photo_64

川岸にはケショウヤナギやシラカバの木、森はダケカンバやナナカマド、森の下草はニリンソウに、沢山の早春の花々。

秋の紅葉、早春はニリンソウが群生と四季折々素晴らしそうhappy01

見晴らしが良い所で振り返ると、今日一日見てきた山々が小さくなり、梓川も荒々しい表情です。

Imgp0314

前穂高が良く見えて、

Photo_8  

そろそろ、徳沢へも近くなって来ました。

五分後、4時30分に徳沢到着。  ワ~イ!

Imgp0319

11時半に大正池に降り、5時間弱の初めての山泊一泊荷物を背負ってのトレッキング初体験初日終了で~す。

今宵のお宿、徳沢園、楽しみだ~heart04

« お気に入りな物、楽しみな事。 | トップページ | 上高地へ行こう! 徳沢から、北アルプス登山道ちょい歩き。 »

トレッキング」カテゴリの記事

信州の山」カテゴリの記事

コメント

徳沢園、氷壁の宿ですね。
私も三年前に泊まりました。
女三人での味気ない山旅でしたが^^

誕生日にリクエストできるなんて
素敵ですね~
それに素晴らしい天気!

お誕生日に上高地旅行だなんて、素晴らしいですね~heart

しかも、こんないいお天気に恵まれるなんて!
梓川の清流、穂高をはじめ回りの美しい山々、こんなに綺麗に見えたなんてラッキーshine

キジバトもマガモも、お猿さんもカモシカも、お誕生日のお祝いに駆けつけてくれたのかな~bellbellbell

ステキな誕生日ですねぇ。
子どもたちがもう少し大きくなったら真似させてもらいます(*^。^*)

去年のお盆に上高地に行きました。
それはそれはすごい人でしたが、それでも
なんていいところなんだ~と感激しました。
じーちゃん、ばーちゃんと一緒だったので、
河童橋までしか行けなかったの、もっと奥まで行ってみたいです。

誕生日おめでとう~。
楽しい誕生日だったんですね。

ねぇこの写真って、新しいカメラですよね?
全然違いますね!写真!

おめでとうございます。 素敵な誕生日で お空もお祝いしてくれてるじゃありませんか。きっと素敵な一年になりますね。

行ったとご主人に聞いてから日記楽しみにしてました。写真素敵です。つづきもワクワクしながら待ってます。

fuji こはるさんへ

女三人で山旅note 私はそちらのほうが羨ましいですよ~

誕生日は昔から、
何かリクエストと言わない何にも無しになるんです…coldsweats01
ガッカリした日を過ごすよりずっと良いですもんね~!


fuji SACHIさんへ

自分で企画して、天気に恵まれて
最高の素敵な誕生日にしてしまいました~sweat01
でも、年齢を思うと…ですね!
体力を使って楽しむことが出来なくなる年齢となりつつあるので、
今のうちターンと楽しまなくてはね!


fuji ぽんさんへ

ご無沙汰してます。 
ぽんさんこそ、家族でいろいろ出かけていらして、
子供たちの小さい時が懐かしいく思います。
今回も子供たちに声を掛けたのですが、三人とも無反応でしたwobbly

上高地はいつ行っても、裏切らないとても良いところだそうなので、
また時期を変えて尋ねたいな~


fuji たかにょろさんへ

取った年を考えると侘しいですが、
憧れの地に行けて楽しい誕生日になりましたshine
カメラは不慣れなので、シャッターの場所間違えたり、
バッテーリーがどれだけ持つか判らず、
モタモタ、ハラハラでしたがやっぱり綺麗に撮れてました、
買って良かったです。


fuji naruさんへ

素敵な誕生日にしてしまいましたわ~happy01

我が家の旅の行程は、ほどんど私が計画してるようなもんですから、
行きたい所を好きなように計画します。
赤坂山も武奈ヶ岳も…

次は、どの山に登ろうか思案中なんです。
読図はちゃんとできないから、登山道のしっかりした山かな…
naruさんは学生時代に山に登っていたんですね!
初心者でもアクセスしやすい山のアドバイスお願いします!

 
 

 

来週、関西方面から上高地にトレランに行こうかと思います。

宿泊は明神館ってところなんですけど

質問があります。

平湯からのバスっていうのは、当日でも乗れるのですか?
料金はいくらぐらいでしょうか?

ちゃんもとさんへ

始めまして。
コメントに気が付くのが遅くなりました。

もう、上高地走ってこられたのかしら??
道が固いので、足疲れなったかしら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/35281847

この記事へのトラックバック一覧です: 上高地に行こう! :

« お気に入りな物、楽しみな事。 | トップページ | 上高地へ行こう! 徳沢から、北アルプス登山道ちょい歩き。 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ