« 花がいっぱいの大御影山 (高島トレイル) | トップページ | ゴールデンウィークキャンプ  »

2010年4月30日 (金)

ちょこっと、半日トレラン

4月30日(金)

まだ、今朝も昨日の高島トレイルで夢ごごち…

今日は主人のマイミクさん、たいしょうさん・なるさんご夫妻が、連休のお休みを利用して名古屋から六甲を走りに来られるので、私も途中から参加の予定です。

昨日のフカフカの道を思い出すと、六甲へのテンションがなかなか上がらない…

コースは芦屋川~ロックガーデンを経て最高峰~ガーデンテラス~縦走路~穂高湖~シュラインロード~トゥェンティークロス~布引ダム~布引の滝~新神戸駅

私は昨日の疲れもあるし、まず家の片付けや子供の夕食の支度を済まし、摩耶山から後半の穂高湖から参加をすることにしました。

Photo

ケーブルの年間パスポート、かなり購入してから活躍していますnote

摩耶ケーブル、ロープウェイの年間パスで摩耶山を空中散歩しながら山頂へ

Photo_2

摩耶山は麓から3分の2まで、春の芽吹きで萌黄色で染まっていました。

山頂は中学生でいっぱい、大きな子がふざけて走り回ってぶつかられそうなので早々に穂高湖へ。

ゆっくり降りれば、三人と合流までそんなに待たなくても良さそう。

穂高湖湖畔へ一旦降り、ベンチでアンパンで走る前のエネルギー注入。

Photo_3

「誰もいない静かな穂高湖!」 と、いいたいところでした直ぐ隣の神戸市教育キャンプ場には中学生が合宿中で、校歌の練習、焼き杉細工をしていてとっても賑やかでした。

早春の花を探したりしながら、もう一度杣谷峠にもどったところで三人がやってきました。

奥様のなるさんは昨日も京都で沢山走ったので、もう足が売り切れ状態。

残念ですが摩耶山からエスケープするので、私とタッチ交代となりました。

私も穂高湖からの下りは、秋以来久々。

やっぱり、走りやすい綺麗なコース。 でも、昨日に比べると硬い道~wobbly

道は硬いけど、新緑がとても綺麗なので楽しく走れました。が、思えばちゃんと走るのは久々sweat01 しばらく体が慣れるまで、下りなのにゼーハーdash

たいしょうさんは時々写真を撮りながら景色も楽しんで走られる方で、このコースを気に入ってくださったようで良かったです。

Photo_4

何度も来る道ですが、同じ時期でも山の表情が違いますから、私も今日も沢山写真を撮りました。

春の六甲トレイルで出合ったお花達

   ヤマブキ

Photo_5  

    楓の仲間?

Photo_6    

   カキドオシ

Dscf9860_2  

   シロバナウンゼンツツジ 

Dscf9876     

    ツツジは痩せた危険なところに咲いています 

 ホタルカズラ

Photo_8   

    オニグルミの花 

Photo_12 

  Photo_9

   布引ダムの湖面に新緑が映り綺麗でした。

水量の多い時に見える、隠れ五本松ダムです。 葉が生い茂るとほとんど見えなくなります。

Photo_10

Photo_11    

   布引の滝

何度も見に来る滝ですが、一緒に来る人が変わるとまた見え方が違います。

新神戸駅でなるさんルと再び合流、気さくなご夫婦で初めてとは思えないぐらいお話が弾み、お別れまで楽しいひと時でした。

Dscf9907 最後の打ち上げでなるさんが注文した、神戸名物らしい「カミカツ」

薄く延ばした大きなカツです。 なるさんにお会いしなかったら、こんな神戸名物があるなんて、神戸住民の私はまったく知らずに過ごしていましたhappy01

« 花がいっぱいの大御影山 (高島トレイル) | トップページ | ゴールデンウィークキャンプ  »

トレイルランニング」カテゴリの記事

六甲山」カテゴリの記事

コメント

先日は六甲を案内していただいてありがとうございました。shineGW中遊びまくっていたので、やっと落ち着いてみなさんの日記を読んでいるところです。coldsweats01

昨日はひるがの高原の水芭蕉と荘川桜を見てきました。cherryblossom荘川は今が満開で、とてもきれいでした。happy01

高鷲で知人に「エンレイソウ(延齢草)」を教えてもらいました。flair鳥や植物の名前が分かると、山を走る楽しみがまた一つ増えますね。ジャンママさんのように詳しくなれるよう、少しずつですが勉強していきます!clover

お花の写真素敵です♪ 本当に素敵な六甲で楽しかったです。岩でしょ沢でしょ。ドライブウェイでしょ。
本当にありがとうございました。
京都や神戸の山は街が近くてビックリします。
学生の時は石川や長野、再び山に行くようになって 三重の山。
どこも早朝に出発できるように現地に向かって 日が出るのと同時にスタート、急いで降りてこないと家に帰り着けない。それが山だったのですが こんなにみんなに愛されていて身近で たくさん人に遭える山なんて素敵です。そして下りて来たら歩いて美味しいものにたどり着ける。すごいです。あ、 長くてごめんなさい。またよろしくお願いします。

clover たいしょうさんへ

先日は半日でしたが、こちらこそありがとうございました。
ひるがの高原にいってこられたのですね!!
夏にキャンプ、冬にスキーで私たちも訪れた事が何度かあります。
夏の葉の茂った荘川桜二本、ほんとうに大きかったな~
荘川桜の移植は、我が家直ぐ近くに当時住まいがあった笹部新太郎氏が研究し、造園業の丹羽政光氏と共に当時不可能といわれた巨大桜の移植に成功したんですよconfident 
この春久々に、笹部氏の邸宅跡の桜守公園に行ってきたんですnote

山はその場に居る時もいろいろ楽しめますが、帰ってからまた見たもの聞いた物、後で調べるのも楽しいです。


clover naruさんへ

コメント入れていただいてたのに、どうなったのかブログに書き込まれていませんでした?? スミマセン。

一緒に走ることができませんでしたのがちょっと残念でしたが、楽しいひと時ありがとうございました。

六甲は東西南北と直ぐに街に下りれるし、エスケープも沢山あるので、道を外さなければ安心な山です。
ですから、一人歩きの女性も多いですし、毎日登っておられる方もいます。

でも、私は花見たさに、どんどん北の山に目が行って… 
花のシーズンは短いsweat02 
もう、あと三ヶ月半もすると秋の山になっていっちゃう~dash

名古屋は信州も近いし… 羨ましいですよ!!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/34464418

この記事へのトラックバック一覧です: ちょこっと、半日トレラン:

« 花がいっぱいの大御影山 (高島トレイル) | トップページ | ゴールデンウィークキャンプ  »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ