« 平日いっしょにお山に登りませんか? | トップページ | 蕗の葉の佃煮 »

2010年3月 2日 (火)

里に春を告げる山野草を尋ねて、丹波篠山

最近、登山をされる方達のブログを訪問するのが、とっても楽しい。

本格的登山から、身近な低山登山。

山への交通手段、登山道を詳しく知れるし、山の花の情報満載。

ついでに、美味しい食べ物、お勧めのお店 などなど…

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

さて、去年から気になっていたセツブンソウ。

先週の日曜日に高山植物園で見ることができたけど、はやり自生しているのを見たい…

そう思っていたら、先週山歩きをご一緒した某コミュニティで篠山の大山宮あたりに群生地があると言う事を知り、行ってみる事にしました。

主人を誘うと、一緒に行ってくれるという返事。

最初の計画は、篠山口へ電車で行き、駅からゆっくり走って行くつもりで往復20㌔。

ついでに、金山という山も登ってみようかなと…

ところが、夜半過ぎから朝6時頃まで雨で、かなりの降雨量。

ピンポイントの天気予報は篠山方面は天気の回復が神戸よりかなり遅いようなので、車でゆっくり国道沿いをドライブとなりました。

舞鶴道が出来てから、国道を利用することがなくなり、昔八北方面にスキーに行く為に毎週のように通った、田畑が広がる丹波の風景がずっと懐かしいなと思ってのリクエスト。

期待どうり、三田市を抜けたあたりから、懐かしい風景が続きます。

国道をリクエストして良かった~note

Photo

王手神社の境内には、樹齢700年を越えるモミの木の大木があり、地元では「千年モミ」と呼ばれているそうで、日本一の大きさで、国の天然記念物に指定されています。

この木の他に、樹齢350年の「夫婦イチョウ」、ムクノキ、シラカシ、ケヤキの大木があり圧巻です。

山野草はこの近くに自生していますが、ここに咲く山野草は、兵庫県レッドデータ絶滅危惧種が多く咲き、心無い人々によって減少した花を、ここの地区の住民の皆さんが育て、保護に取り組んでいるそうです。

残念ながら見に来たこの日は、お天気がどんよりと山に雲が垂れ込めた曇り空。

ここに、今咲く花は温かく晴れた日に花を開く種類もあり、この日は花を開く気配はまったくありせん。

ユキワリイチゲ(雪割一華)

            Photo_2

          Yu_3

まだ固い蕾(閉じてる?)ばかりでした。

雪を割って生えてくるから「雪割」

一輪しか咲かないと言う意味で「一華」

アズマイチゲ(東一華)

Photo_6A_2 

沢山の群落でしたが、これももう一息でした。

昼間の気温の高い時に花を咲かせるそうです。

セリバオウレン(芹葉黄連

Photo_7

Seriba

葉が芹の葉に似ているから名が付いた。

常緑多年草で、根は漢方薬になるそう。

セツブンソウ(節分草)

Photo_8

昨夜の雨にうたれて花弁がヨレヨレ…

この日、ここで見た今回の花すべてはキンポウゲ科で、花弁に見えるののは実は萼。

花弁は退化して黄色い部分で、おしべと共にめしべの周りを囲んでいます。

セツブンソウは他の花の無い時期に咲くので、乱獲されて絶滅の危機にさらされているそうです。

キクザキイチゲ(菊咲一華)

Photo_9

Photo_10 

菊花に似ているのでその名がついた。

晴れの日に咲いて、曇りの日や夜には花を閉じます。

白色から紫色までの花があるようで、ここでは薄いブルー掛かった紫色のように思えました。

やはり、この花も花弁のように見えるのは萼だそうです。

この日に見ることが出来たのは、4種類。

昼頃から晴れそうだと言う予報でしたが、その気配無しで寒くて残念でした。

山野草は見るタイミングがなかなか会いません…

この後、近くの金山へ登山をしようと来たのですが、雲が低く垂れ込めていて雨具を持ってきていませんでしたので取りやめました。

その代わり、篠山へはここしばらくは主人のマラソン出場の為だけに来て、ゆっくり周りを見ていないので、篠山の町をランをしながら観光することにしました。

篠山の近郊には、美味しい蕎麦屋さんが何軒か有り、丁度今から行くとお昼前。

来た道を古市駅の方まで戻り、一眞坊へ行くことにしました。

今は携帯で検索し、ナビをセットすれば道案内してくれるので楽々。

Photo_11

山里の一軒家。

この日は天候が今ひとつなので、空いていたかと思われます。

待ち時間もさほどなしで席につく事が出来ました。

湧き水にこだわり、毎朝自家製粉し手打ちされる十割そば。

まず、席に通されて出てくるのがお茶ではなく、とろりとした蕎麦湯。

冷えた体にとろり、じわ~ん染み渡ります。 良い香り。

Photo_12

十割そばですが、細くて長くて滑らかで、こしがあり、香りがとても良い。

そばつゆも美味しく、山の芋もなめらか。

蕎麦切りは、裁ち切りという独自の技で、そば生地をたたまず、鋭利な包丁で布を裁断するようにそばを切っているそうです。

器は店主の手づくり。

注文したのは、丹波山の芋のつけとろ、お漬物、鴨ご飯一姫

鴨ご飯一姫は、蕎麦の実、ごぼう、鴨を竹の皮に包んで蒸しごはん。

どれもこれも美味しくて、お店を出てしばらくのあいだ口の中が蕎麦の香りが一杯に広がっていました。

東灘あたりの美味しいと言われる蕎麦屋さんは、お値段高くて、量も少なく、何か先にお腹に入れていかないと物足りないお店が多いのですが、一眞坊では量も満足で、鴨ご飯を全部食べた私は、お腹がパンパンで走るなんで無理な状態です。

久々に、美味しいと思えるお蕎麦屋さんにめぐり合えました。

篠山市街に戻る途中、波賀野に秀月という酒蔵がありそこも覗いてみました。

Photo_13

利き酒はなかったのですが、新酒の時期なので、生原酒を購入。

蔵元で購入すると割引がありかなりお得で、なかなか美味しいお酒です。

篠山での美味しい物をまたひとつ、ふたつと見つけました。

篠山城下では今回は今まで行ったことの無かった、城跡東側の川原町妻入商家郡を走りながら行きます。

といっても、お腹が一杯過ぎて、走れません…

城跡の北側の駐車場から、川沿いにお城の南側へ

Dscf8581

こうやって、車が通れない細い道をクネクネいけるのも、ランニングで町巡りの楽しみです。

昨晩の雨で黒岡川はかなりの水量。

Dscf8534

土手に、春を告げるネコヤナギの芽。

Photo_14

旧街道の川原町は、篠山城下町の商業の中心として栄えたところ。

間口は狭いですが、格子から覗くと奥が深い。

Photo_15

Photo_16

Photo_17

この町並みと、今回は行きませんでしたが、城跡をはさんみ反対側には御徒士町武家屋敷も残っており、歴史的町並みが篠山ではよく残っています。

商家郡を通り抜けると、篠山川へ突き当たりました。

Photo_18

野鳥の沢山いる、大きな川です。

篠山マラソンでは、このお地蔵さんが見えたらゴールまであと少し…と、主人が言ってました。

ここから、山王山を越えて車の方へ行けたらと思ったのですが、墓地にでたりお寺や稲荷神社に出たり、クルクルまわって結局また、商家郡に出て来てしまいました?

Photo_19

「丹波大黒豆」の商標で有名な小田垣商店

明治元年創業の、国の有形文化財に登録された建物だそうです。

事前勉強しなかったので、中には入らずです、残念な事をしました。

黒豆は近年枝豆が人気になり、大粒の黒豆はもともと高価なのに、益々高値…

なかなか、家で豆を買って炊く機会も減ってきました。

幸い、私は黒豆農家がご実家の方としたしくなれ、去年から市価より安く分けてもらっていますが、それでもその方は高くって申し訳ないと言っておられます。

篠山市役所には、黒豆課があるそうです。

次を目指すのは、篠山に来たときには必ず購入するお気に入りの鳳鳴の酒蔵。

Photo_20

築200年余りで国の有形文化財だそうです。

ここでは昭和20年ごろま醸造していたそうで、当時の酒蔵がそのまま残っており見学が出来、入り口の商店では試飲ができます。

二年前の篠山マラソンで、主人のゴールを待っているありだに見学に行くと、どんどんついで下さる試飲のお酒でいい気分になりましたhappy02

この日もあの時と同じように、どんどんといろいろな銘柄をついでくれました。

今は篠山駅近くの、築100年の味間蔵で醸造をしているようです。

仕込み時期も予約をすれば見学できるようで、また秋には紅葉を楽しみがてら来る楽しみができました。

まだまだ、篠山は見るところ、食べるところ沢山。

主人は大好きな史跡が周りにも沢山有って、違う方面で魅力がたっぷりなようです。

すこし早い目に帰宅。

途中、山垣畜産でお肉を買い、夜は焼肉をしながら秀月を飲みましたが、お肉の脂分をサラリと流してくれる美味しいお酒です。

来週の篠山マラソンの前に、自然の恵みが一杯の丹波の里を尋ねた一日でした。

« 平日いっしょにお山に登りませんか? | トップページ | 蕗の葉の佃煮 »

ランニング」カテゴリの記事

美味しいもの」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

篠山は、いつも通る道。 
20年以上通り過ぎてばかりで、全然よい所を知りません。
一眞坊は、2月に行きました。
お花も、随分咲いたのですね。

ご主人さまと、春の野花を愛でに…。
いいですね~note

私も去年篠山に行きましたが、いい所ですね。
里山も古い街並も、日本の原風景を見るようで趣があります。

ジャンママさんの写真も、とても素敵ですshine

来週篠山では豆だけは買って帰りたいと思っている、豆好き一家なのですが、そんな時間あるかなぁ。

いつ見てもママの写真は、目が吸い込まれそうなぐらいきれい♪

rvcar はあちゃんへ

たしか、ご実家が篠山とおしゃっていましたね?
私達からしたら、とてもよい所で見たいところ行きたい所が沢山。

2月の時のセツブンソウを見に行くのにはご一緒できなかったので、そのかわりに行ってきましたよ。
なかなか、花のタイミングは難しいですね。

rvcar SACHIさんへ

花を見ているときは私は必カメラ片手に一生懸命になって、あっと言う間に時間が過ぎますが、主人はそっとその時間が長いと思っているかも~

デジカメだから、沢山写していらないのはポイ。
最近、デジイチが欲しくって…
でも、カメラ大きくなったら、走りにくくなるしなぁ…

rvcar わたっこさんへ

お久しぶりです。

今黒豆炊いてま~す!

日曜日は篠山マラソンですね。 雨模様?かな?
私も実は出場のつもりですが、先週風邪を子供から貰って、気管支炎になりかけてちょっと息苦しい…bearing

黒豆さんは、受付済ましたら真っ先に買っておきましょう。 
わたしは、小西の黒豆パンを真っ先にゲットします!!


なるほど。まず最初に黒豆と黒豆パンを買いますね!
教えてくれてありがとう。
会場でも小西の黒豆パンって売ってるかな?

レースの方は回りのペースに巻き込まれず
マイペースで走る!を目標にしています。

写真撮るん、お上手デスねー
季節の移り変わりを感じます。

ご夫婦で、素敵な休日でしたね♪

rvcar わたっこさんへ

篠山市役所の二筋北側二階町に産物家があるから
そこで黒豆もパンもあると思うよ。
小西のパン屋さんは、との通りの西端だから
ちょっと遠いね。

私は出場しても、バスに拾われるの覚悟したわ。
先月かなり走りこんだのに、残念よ~wobbly

rvcar きょろ姉さんへ

写真はできるだけ、自分の目で感じたままに写そうと努力しますが、なかなか巧い事いきません。
あとで、それに近づける為、編集します。

マラニックは、
賑やかに楽しく友達とも楽しいですが、
気を使わず、静かに気ままに夫婦ふたりも、ええもんですわ… 
特に、このようなしっとりとした里山や街はね。
ひとりも、かえっていろんな人に話しかけてもらえて楽しいですよnote 

セリバオウレン
なんとも可憐で素敵なお花ですね。
初めて知りました。

今週の篠山マラソン、お地蔵さまが見えたらゴールはすぐ!
がんばりま~す!

rvcar みつち。。。。さんへ

セリバオウレンが気に入りましたか?
この花は、六甲の北側でまれに見れるそうですよ。
どこに咲いているんだろう??

篠山マラソン出場するんですね!
毎週沢山走って、凄いわ~

久しぶりに投稿します。
「セツブンソウ」・・・まだ見てなくて、今後見たい花の1番ですが、先の楽しみにとっておきましょう・・・。
思うところあって、山の会を退会しようと考えています。会長からの退会なので、ずいぶん考えましたが、少し身辺をシンプルにして精神的にリラックスしたいと考えました。
山は、相変わらず続けますが、今年は「未踏の山シリーズ」を楽しもうと思っています。

次女も、大学が決まり、自動車学校通いです。
福岡での一人暮らしになりますが、もうすでに私がさびしく辛くなりそうな気配・・・。
いやぁ~・・・娘が結婚するときには、もんどり打って気が狂うかも・・・です(笑)

rvcar 水流渓人さん

お久しぶりです、こんにちは!

次女さん、福岡に行かれるのですね。
子供さん達も大きくなって、ひとりひとり巣立って行かれて、
おとうさんの方がさびしそうですね。 

我が家は、神戸で便利すぎて、誰も出て行く気配なしです。
そろそろ、長女は嫁に行ってくれないかな~と、思う年だし…


山の会の会長をされていたんですか!
山を楽しむ他に、いろいろ気苦労もあったかと思います。 
ご苦労様でした。

ゆっくり、マイペースで山楽しんでくださいね。

お山は、私には本当に心からリラックスさせてくれる所となりました。
小さい時から、六甲の裏山でずっとあそんでいたからかしら?

賑やかな六甲しか知らないのですが、
今年は、もうすこし足を伸ばして色々な山にチャレンジしようかと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/33593652

この記事へのトラックバック一覧です: 里に春を告げる山野草を尋ねて、丹波篠山:

« 平日いっしょにお山に登りませんか? | トップページ | 蕗の葉の佃煮 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ