« Hash House Harriers | トップページ | 熊野古道中辺路トレイルランニングレース »

2009年3月 3日 (火)

坂坂、坂道越え、その後は…!

Photo やっと、蕾が膨らんだクロッカス。

天気が今ひとつだったので、なかなか花びらが開く日がありません。

この、土日はいい天気に恵まれました。

土曜日は、家の掃除などなど… それにちょっと朝から腹が立つことがあったので、遠出するきに全くならずangry

山に行きたいな~っと、思いながら六甲を恨めしく…

日曜日は天気が悪いと思っていたら、朝から良い天気!

山に登って足の疲れが溜まっては、来週の熊野古道に響くので、ロードをゆっくり走ってくることにしました。

何処に行こうかな~っと、思いながら走り始めます。

熊野古道の坂道練習で、今日も山沿いの坂道を走って、東へ東へ!

こんな良い天気はランナーとよくすれ違うのですが、まず坂道だらけのコースなので人に会いません。 

それどころか、歩く人にビックリされてるみたい。

今日は足は軽く、坂道を速くは無いですが進んでいけます。

登ったり降りたりしながら、芦屋川へ出てきました。

芦屋川東側の山手町、朝日が丘町へと、わざと平坦な道を選ばす西へ西へ

Photo_2 この辺りの山沿いの坂には大きなお屋敷があり、人も歩いていない。

そんな静かなお屋敷ばかりの道です。

どこまで行って折り返して来ようかな?って思いながらはしっていると、ぱっと、向こうの景色が見えてきました!

Photo_3 あの山の頂上目指すぞ~!!

あそこからなら、帰りは道路を下れば家までの帰りの時間も頭の中で予測がつきます。

私が生まれ育ち、山猿のように遊んでいた、岩園町をかすめ通ります。

六麓荘町との境目辺りですが、畑や池、小さな森もあり昔のままの風景がのこっていました

Photo_4 右端のお宅は、子供の頃よく遊びに伺ったお宅。

表札も昔のまま!

ここから、ほんの少し北側に進路を変えると、高級住宅街の芦屋の六麓荘町です。

Photo_5 ここに建てる事が出来るお宅は、広さの制限があります。小さなお家は建てれません。 

昔から、この街独特の自治があり、この辺りの道でワイワイあそぶと、直ぐに警備のひとがやってきます。

昔、丁度良い坂が続くので、ボードで遊んでいたら警備の人に叱られた事がありますwobbly

歩く人なんていらっしゃいませ~ん。

汗臭いランナーがウロウロしていては、叱られるかもしれないので、バス道を走ることとしました。

バス停日の出橋をへて、苦楽園へ

苦楽園は、その昔は温泉がでて行楽地で別荘が沢山あったそうです。

そのなごりか、途中で見かけたお屋敷に○○庵と書かれていたお宅がありました。

Photo_15 生駒山が見えます。

この辺りに昔池があり、夏にはよく父と泳ぎに行ったのですが、池の上の丘が全部芝生で、池が三つほどある、円い形のお屋敷がありました。 阪神地域が山から見下ろせてました。

今は、生垣が残っているだけで、その丘には苦楽園小学校、中学校、西宮北高校があります。

苦楽園のバス停からここまでは、急な坂の登り道の連続。

登りきって、やっと下ったと思ったら、学校の間はまた坂道。

やっと、県道82号線、大沢西宮道に出てきました。

しばらく道なりに行くと、鷲林寺(じゅうりん寺)の交差点。

神戸から宝塚への近道ですので、車がバンバン通ります。

目標の甲山まであとほんの少し。

Photo_7 到着happy01

甲山に登るかどうかとここで迷い、登らず。

そして、何処から帰るか迷い…

ダムの周りをクルクル…

Photo_8 貯水池の向こうには、六甲縦走の宝塚の山が見えますよ~!

帰りはどの道通ろうnote

だだ、アスファルトの道はつまらないな~! 足が、ジワジワ山道の北山森林公園の方向へ向いて行きます~~

夕方の4時過ぎ、日がずいぶん長くなったと言え、ちょっと女一人で山道はためらう時間。

でも、あとからハイキングのカップルが来たので、なんか勇気百倍でエイッと山道に飛び込みましたup

Photo_9 

北山森林公園の山の中です。

快適な下りの道が続きますheart01

一度来た道ですので、そんなに時間が掛からないのも知っているしねっ!

この辺りの山は、岩がゴロゴロ。

大阪城築城の石垣の石も集められた所。

Photo_11 

しばらく行くと、人の声が随分してきました。

?? なんだろうっと思っていると…

Photo_12

フリークライミングの練習で、あちらこちらの岩をよじ登っていました。

このあたりから、夕方の散歩で登ってこられる方が多くなりました。

Photo_13 池があったり、手軽にハイキングが楽しめるところ。

ミニミニトレイルランのコースも岩道が多くなり、そろそろ終わり。

勇気を持って、山に突入して楽しかった。

Photo_14

このダムで山道終了!

出発が遅かったので、夕飯支度に急いで帰らねばです…

23キロ少しの、よく知っているけど、懐かしの道ロング走でした。

しかしこの季節、私は西風に吹かれると、目がカユカユ、鼻ムズムズのくしゃみだらけになります。 

この日の晩は大変でした。 

早く黄砂の飛ぶ季節終わってください!!

« Hash House Harriers | トップページ | 熊野古道中辺路トレイルランニングレース »

ランニング」カテゴリの記事

六甲山」カテゴリの記事

コメント

わぁ~山!いいですね~

それだけ走れたらばっちりじゃないですか!
私は大阪城公園の坂道でヘロへロですから(涙)

当日はどんどん先に行ってくださいね!

山の登りは走れませんよ~happy02
都会の坂道だから、なんとかゆっくり走れるんですよ!!

それより、ずっと、目のカユカユとくしゃみばかりだったら如何しようと、そのことのほうが心配です。

去年までは、この時期平気だったのに~~impact


ホンマに面白うそうな山やね。六甲はhappy01
この前の土曜日に生駒山系を山走りしたけど、この大きな岩とか見るとやっぱり六甲ですね。遠くに生駒山が見えていたとのことなので、同じ時間に生駒に行ってたら目が合ってたかもですねcoldsweats02

六甲は、交通の便が良いからでしょうか、歩くだけではなく、色んなことして遊んでいる大人が沢山いる、賑やかな山です。

生駒マラニックよろしくですよ~!

素敵な神戸らしい景色ですね。
岩園町には実父の知り合いが住んでいて
今は息子さんの代になったようですが、
昔遊びに行って周辺の大きなおうちが
幼な心にすごく新鮮に映りました。

岩はこの辺りではなかなか見かけません。
動物の形にも見えますね。

生駒、是非来てくださいよ。
今度お会いするときに日程調整しましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/28450551

この記事へのトラックバック一覧です: 坂坂、坂道越え、その後は…!:

« Hash House Harriers | トップページ | 熊野古道中辺路トレイルランニングレース »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ