« 川のせせらぎ、森の木陰、山寺、北摂をゆっくり登山 | トップページ | 六甲マラニック »

2008年8月 7日 (木)

久々、トレイルラン!

8月最初の土曜日、久々に山歩きではなくトレイルランを楽しんできましたhappy01

今回は、摩耶山へ登り、そこから神戸元町方面まで山の中を走りましたよ!

Photo_2 阪急電車で王子公園駅下車、 神戸王子公園東横の青谷川沿いをしばらく歩き、青谷道を登って摩耶山山頂を目指します。

朝8時ぐらいだけど、川沿いの公園のベンチで、大学生ぐらいの男の子がフラットマンドリンの練習をしてました。

ブルーグラス好きの私達は、嬉しくなってしまいましたnote 

ところが、前を歩く二人の女の子のひとりが、聞こえてくる話の内容から同じくブルーグラスをしているようで、またまたビックリsign03

マイナーな音楽ファン達にこんな所で遭遇するなんて…heart04

嬉しい気分で、足取り軽やか! 

Photo_3 川沿いを歩いていくと、ここ上がるのってビックリの、家の軒下すれすれの階段が…

人ひとりが、通れる階段。

前を行く女の子も、「いいの~?」って感じで顔を見合わせていました。

だって、なんか、誰かのお宅の二階に上がる感じなんですからね~

この石段を登りきり、道路を横断すると摩耶山への登山道、青谷道の入り口となっていました。

この辺りの方々が健康早朝登山を毎日される道で、この日もゆっくり登って、降りてくる年配の方が沢山おられました。

山の中腹辺りには、地域の登山会の早朝登山の記帳をする小屋もあります。

表六甲には、このような毎日早朝登山の記帳をするコースが沢山ありますよ。 私の住まいの近くの保久良山にも有ります。

青谷川渓谷と言うのでしょうか… 木陰の川沿いを登って行きます。

今日は、山頂から走るつもりなので、のぼりも少し早歩き!

足が軽く、今日はピョンピョン登れますnote

摩耶山は信仰登山が盛んな所でもあるそうで、道の途中には色々な社もあり、真っ赤な社が目に飛び込んできてビックリしたり…

そして、しばらく歩くと、小さいですが茶園があります。(観光茶園)

Photo_4 この辺りの麓では、明治の頃は沢山の茶畑があり、外国へお茶を輸出していたそう。いつしか茶畑は無くなってしまったが、昭和55年100年振りに茶畑が造られ、近所の小学生が5月に茶摘をする、神戸唯一の茶畑との事。

お茶と和菓子で休息も出来る様になっていた。

この辺りから、道がだんだん急になる。

湧き水があり、水を汲みに来ているご夫婦。

美味しいから飲んでいくように勧められ、飲むとサラリとした美味しい水! 

青谷川の瀬音を聞きながら、緑を楽しみながらどんどん登ると少し明るく開けた所に、行者堂。 この奥に行場が在るとの事。主人が言うには行者さんがいらっしゃるらしいと… 

行者堂を過ぎた辺りから道は、深い森に成り、石段が延々と続き、杉の大木が目に付くようになり、谷が深くなり川も見えなくなってきた。

Photo_2 道には、夏だと言うのに凄い枯葉。

この週初めの大雨で山から流されてきた、春に落ちた葉なんだと思われる。 この日はどの道にも沢山の落ち葉がてんこ盛りになっている箇所が多かった。

凄い枯葉、どんよりした天気、長く続く階段道。それも石段は石碑で造れた様な箇所もある… なんか、私も行者になったような気分だ~!

なんて思って、ペットボトルを片手に持ったまま登ったら、その石碑で造ったような角ばった階段に蹴躓いてバッタっと倒れてしまった…

倒れた方の手がふさがっていたので、体をかばう事が出来ず、思いっきり太腿打撲sweat02 

ぶつけた太腿より、はいているCWXが破れてないかの方が気になった私だが…  

破れてなかったので、気を取り直し登山開始!

Photo_3

直ぐに山門到着。

山門からは石段が一直線に急勾配。 500段あるらしい。

摩耶山は何処から登っても階段か~!と、文句言いながら階段をやっつけた。

やっとの思いで上りきると、天上寺の史跡公園。

掬星台目指して森の道を歩く。

Photo_4

掬星台からの景色。

あいにくの曇りで、ぼんやりとした風景…

でも、山の上は涼しいup

Photo_12 まだ、紫陽花も色鮮やか。

ここで、少し早いがおにぎりを食べて、腹ごしらい。

さあ、久しぶりのトレイルラン!

下りは、穂高湖の横から、シェール道→徳川道→トエンティクロス→市が原→大龍寺→大師道→諏訪山公園とまいります!

Photo_5

シェール道は芦屋に住んでいたH・W・シェール氏が好んで歩いた道から、名付けられた道。

みやこ笹に覆われた松林、清流沿いの道、走りやすく気持ちの良い道だ。

ついつい、よそ見してその度にけつまずく… 危ない…

清流と何度かクロスしながら、徳川道を走る。

この辺りから天気がよくなり、木漏れ日が綺麗だ。 水遊びをしに登山してきている人たちも時折見かけた。 楽しく涼しそう!

秋ももうすぐかも…Photo_11!? 毬栗発見happy01

色々よそ見するから、転びそうになるんだと言われてしまいました…bearing

森林植物園東門を過ぎると、トエンティクロスへと出る。

Photo_7

Photo_6 沢を20回クロスするから、トエンティクロス。

私が始めて訪れた時は20回ぐらい川を渡った様な気がするし、石も渡りやすい様におかれていなかったので、水に落ちる人が多かった。

今は砂防ダムなどが沢山出来たため川渡りの回数も減り、渡ったのは5回ぐらいだろうか?

Dscf1078

だんだん、下界に近くなると気温が上がってくる~!!

市が原も暑いのか、今日はバーベキューの人がいなかったし、桜茶屋でも登山する人にもあまり出会わなかった…

久々のトレイルランで、少し足が疲れてきたけど、大師道へ向かう。

高校生時代以来の道だ! 随分様子が変わっている。

急ではない下り坂だけど、後半道が整備されているので、かえってつま先がきつくなってくる。

元町から上がるとトレーングに程よい登りなので、マラソン坂道トレーニングの集団に出合った。 

ノンストップで上がって行くのだろうな~ ゼーゼー言いながらやって来た! 私には出来ないよ~sweat01

私はなんとか転ぶ事も無く、走りきることが出来た。

ひとりでない時は相手を追掛けて走らなくてはならない…

もっと、足元に集中しようと反省sweat02

Photo_8

ゴールの諏訪山公園の諏訪大明神。

この境内からの下りが急で、一番苦しかった…

地震で倒壊したのか、まだ新しい狐さんがユーモラスにも思えるお稲荷さんnote

この、近くの銭湯へ行く途中、今日は日が良いのかな?

Photo_9 Photo_10

美しい花嫁さんに聖ミカエル大聖堂でお目に掛かれましたよ。

« 川のせせらぎ、森の木陰、山寺、北摂をゆっくり登山 | トップページ | 六甲マラニック »

トレイルランニング」カテゴリの記事

六甲山」カテゴリの記事

コメント

久しぶりのトレイルランの記事。
楽しさが文面から滲みでていますね。
このルートって次回のマラニックと同じ?
もしかして下見に行ってくれてたのかな。
予告編、楽しませていただきました。
10日の本編はもっと楽しみにしていますね。もちろんママも参加よね?

う~ん、楽しそうなラブランだheart02
我が家もジャン夫妻に負けないようなラブランを・・・には程遠くheart03
明日から超大型連休に入る旦那は
友人と伊吹山とか計画しているよう。
私はお盆休みもなく働くので、
とりあえず伏見→蹴上を一緒に行って!
とは頼んでいるが・・・。
どうなることやらtyphoon

fujitacocoさんへ

下見と言うわけではなかったようですが、久しぶりにシェール道走って、やっぱり最高に気分良い道だと思い、みなさんお誘いしたようですね~♪

岡本からの八幡谷コースの登りは、きついの知っているし、太腿の打撲もあり(随分良くなりましたが)で、パスしようかな~と、思ったりしてましたが、姉さん参上ならそうもいきませんね!!


fujiわったこさんへ

山道は六甲でも行ったことの無いコースは、まずは二人の方が安心~!
これで、次はひとりでもOKかな?

ラブランでなくても、この日は、ご夫婦らしきカップルの方々に結構出会いましたよ~♪
山の途中の沢の橋の上で、きゃっきゃっと笑いながら釣り糸垂らしている、少し年配のご夫婦に出会いましたhappy01

表六甲は都会に近いだけに、気軽に登れる明るい登山道だな~と、改めて思いましたよ!

神戸のトレイルランナーです。
もしよければ仲良くしてやってください。
ニフティーブログとかはしてないので
MIXIとか登録頂けるとうらしいです。
トエンティクロスに次は行ってみます。
どうぞよろしく。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/22819855

この記事へのトラックバック一覧です: 久々、トレイルラン!:

« 川のせせらぎ、森の木陰、山寺、北摂をゆっくり登山 | トップページ | 六甲マラニック »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ