« 久々、トレイルラン! | トップページ | カクレハ高原へキャンプ »

2008年8月13日 (水)

六甲マラニック

8月10日(日) sun久々の快晴sun

主人の企画の、楽ラン「六甲マラニック」に参加。

先週の太腿打撲が思った以上ひどく、打撲後三日間は腫れと太腿筋肉の伸びが悪かった。

金曜日には青あざはひどいものの、筋肉の伸びは良くなったのでTねえさんの誘いもあり参加することに!

朝目覚めて、すぐ裏の六甲の山を見ると、ひと月以上ぶりに山に朝もやが掛かっていない。 

今日は良い天気だ。

阪急岡本に9時集合。 

この素晴らしい天気にはちょっと集合遅かったかな??

山の入り口までの、アスファルトがもう焼けて暑いってなんのって… 

靴の中が熱々です。 たまらん。

Photo 途中のお宅に咲いていた立派な百日紅(サルスベリ)の木。

元気に沢山の花を咲かせていました。

この花を夏に見ると、なんか元気貰うんです!!

八幡谷の山道に入り、木陰の道なのですが、無風状態。

なかなか、暑いです。 でも、市街地よりずっと過ごしやすい。

今日も、山登りは足が軽い。 

まあ、良くひとりでも行く道ですからね…note

でも、みなさん健脚ランナー! 早い早い!!

走りやすい道は、もちろん走ります。

Photo_2 走ると、無風状態の森も、空気の流れを感じれて涼しくなりましたよ。

今日は、団体行動。よそ見は止めて、しっかり歩いて登って、走って下りました。

おかけで蹴躓きは無しでした。

また天気の良い日にひとりでゆっくり登りましょうか…

山は、毎週様子が変わります。 楽しみです。

途中で、また違った六甲の山での楽しみをされている方を見かけました。

Photo_3 沢の木陰で、オカリナは笛を吹いて居られました。 まだ、練習しだしてそんなに経ってない様に思われますが、優しい音にホッとします。

傍らには、バーナーがありました。

最近、友人が買って楽しそうに使ってます。

私も、去年六甲に登りだしてから、秋に紅茶を入れて飲まれている、ご夫婦らしきるたりがおられ、欲しいな~と思っていました。

ゆっくり登る登山の時にはぜ持って登りたいと思ってます。 

走るときは、出来るだけ背中の荷物軽くしたいですから、歩く時にね!!

Photo_4 土樋割峠への分かれ道での、青く澄んだ空とフジウツギの花。

六甲に日当たりの良いところに夏に此花が沢山咲いています。でも、先週から見ると、花の盛りももう終わりです。

ここを、登りきれば一軒茶屋。

この辺りは、唯一六甲がはげ山にならずに、昔のままの木々の姿を残している所。 

本当は、夏の草木の観察したかった私ですが、また、来年まで持ち越し。 

地面に落ちる花弁がちょっと気になります。

途中でクワガタのメスを見つけました。 

可愛そうだけど、家に持ち帰り子供達に見せました。 

でもちゃんと山に返しに行きましたよ。

途中、ひとりで静かに木陰道楽しみたくなり、皆より先に上りました。 

ひとりであまり怖くないのが、表六甲山道の良いところ!!

Photo_5 一軒茶屋では、お楽しみのカキ氷。

ほってった体に染み渡る~happy01

甘酸っぱくて、美味しい!

さあ、ここからガーデンテラスまで、走ります。

山道か道路かと聞かれ、行った事無かったので私は山道希望。

でも、途中後悔。 

お腹が空いて燃料れ、足が上がらなくなってきました… 

道路の方が早かった…sweat02

Photo_7

ガーデンテラスに着くと、一軒茶屋でみたリュック背負ったワンコがもう、休憩してました~wobbly

やっぱり、道路の方が早い…

聞くと、有馬から登ってきたそう。良く登ってるんですって。

暑そうでした。

山からの景色も今日は、特別遠くまで見えました。

1 写真では良く見えませんが、金剛山系から、その奥の大台ケ原、その又奥の御在所岳方面。

山並みの向こうの向こうのそまた向こうが見えます。

大阪方面のビルもひとつひとつが良くみえます。

ここでは、驚きの再会もありました。

私の高校時代の友人夫婦と偶然の出会い。

この夫婦は高校の同級生同士。高1からずっと一緒です。

今は川崎に転勤でいますが、法事で帰ってきて有馬で宿泊、有馬の帰りに立ち寄ったそうです。 

実は、奥さんの方がバイトをやめるに当たって、私が交代に入り、そこで主人と知り合いました。 

彼女は愛のキューピットですね…!

そして、そのバイト先のオーナーは、主人の妹と結婚してます!!

とても、嬉しい再会です。 

二人とも、 「山走り~??」 と、びっくり眼でした。 

やっぱり、ビックリするよね~!

さあ、ガーデンテラスを出発すると、本格的に走ります。

皆、私より数段走りが早いので、大変!! 

頑張れ!私!!

普通の道は遅いが、トレイルの下りは私は得意のよう。

山くだりで挽回です。

途中小休止の所で、カラス瓜の花発見shine

Photo_8 この花は、夕方に咲いて朝にはしおれてしまう花。

この花にはもしかしたら一生お目に掛かれないかもと思っていました。

森の深い影で、昼過ぎなのにしおれずにあちらこちらに咲いていましたよ。

山は、こういう発見が気分が変わり、疲れていても又楽しく走れます。

でも、良く晴れて、空気が乾燥して頭がカッカしてきて、頭痛もすこし…  

くじけそうです…

タオル濡らして首筋冷やし、帽子も脱いで走り、頭に風を当て冷やしました。

きっと、病み上がりのBさんが、麻耶山でケーブルで下山と言っていたら、私も迷わずついって行った事でしょう。

でも、ランナーBさん、乗り物に乗るなんて言いませんでした。

もう、此処からはほとんど下り、ビール合言葉に私も遅れ気味になりながら、走りとおしました。

今日は、時間短縮の為、平坦なシェール道を諦め、徳川道へ。

石が敷き詰めてある階段状の道が多かったので、此処では遅れる事無く付いて行けラッキー。

でも、市が原を抜けると、なんちゃってランナーの私はもうヨレヨレになりかけです…

それでも、皆さんとゴールまで走り終えられ、

‘ヤッター! ピースサイン!!’

« 久々、トレイルラン! | トップページ | カクレハ高原へキャンプ »

トレイルランニング」カテゴリの記事

六甲山」カテゴリの記事

コメント

本当は、一緒に走りたかったのですよ・・・。

またご一緒させて下さいね。
抹茶でした?山頂の新作カキ氷。一緒に食べましょう。

sunたかにょろさんへ

山は、良く歩いているのに、トレイルランを一緒にしてないような気がします…?

秋には、また六甲初め関西の山をトレイルランもしましょうね!
もちろん、コンロを持ってゆっくり食いしん坊登山もね!!

抹茶があったのですか??
カキ氷の新作は無かったです、有れば食べたのにhappy01

行くつもりで、電車の時間まで調べてて
「今回は始発じゃなくても間に合う!」と
喜んでたのに、帰省した旦那が
「夏休みといえば海水浴yacht」と
言い出して、家族全員何も予定がないのが
この日しかなくて、あえなく私の予定は
却下されてしまったdown

いつかまだ是非ご一緒してねhappy01

sunわったっこさんへ

一緒に六甲登って走りましょうね!

秋の六甲、紅葉も素晴らしいですよ!
でも、まだ二ヶ月以上ありますよね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441980/22952669

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲マラニック:

« 久々、トレイルラン! | トップページ | カクレハ高原へキャンプ »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ